ヴァイグレ=読響

録画しておいた「クラシック音楽館」をやっと観た。ヴァイグレ=読響によるコンサート。曲目等は下記の通り。 〇ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 〇シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129 〇バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007「サラバンド」(アンコール) 〇ベートーヴェン:交響曲第…
コメント:0

続きを読むread more

カトリーヌ・カンタン

カトリーヌ・カンタンといえば、プレートル=パリ・オペラ座管弦楽団のモーツァルト協奏曲集のCD(FORLANE/1988)で、ト長調のコンチェルトとフルートとハープのための協奏曲の2曲でソロを吹いていた人。あらためて聴き直してみたが、艶やかな音色で若々しくアグレッシブな演奏をしている。 名前しか知らない奏者だったが、バンド・ジャーナル9…
コメント:0

続きを読むread more

J.S.バッハ:シャコンヌ/中川良平

先日、アッサンブラージュというファゴット四重奏の演奏会を聴いた(8/12 JTアートホール)。 https://kouen.snacle.jp/kouen/detail/8302 ローザンヌ室内管弦楽団、ベルン交響楽団の団員などにより構成されたアンサンブルで、前半はファゴット四重奏、後半はファゴット3本+コントラファゴットの四重奏と…
コメント:0

続きを読むread more

パート譜/スコアのコピー&製本

来年3月のコンサートで演奏する曲のパート譜とスコアが配信された。 この団体の場合、指揮者用スコアのエディションが先に決まるため、それに対応したパート譜が入手できないことがあり、その場合パート譜をスコアの表記に合わせる作業が必要となる。 今回もスコアはカールス版、パート譜はヘンレ版のためスコアに準拠した修正作業が必要となった。 この…
コメント:0

続きを読むread more

80歳記念コンサート

モーリス・ブルグ80歳記念コンサートが11月に行われるとのこと。 https://www.yamahaginza.com/hall/event/003832/ 吉井瑞穂、ギヨーム・サンタナなど、協演者も豪華な顔ぶれとなっている。 さらに、ハインツ・ホリガーの生誕80年記念コンサートも予定されている。 https://www.as…
コメント:0

続きを読むread more

パーセル:「ディドとエネアス」

ヘンリー・パーセル:「ディドとエネアス」の公演を観た(8/13:セシオン杉並)。声楽ソリスト等は下記の通り。 〇ディド:見角悠代 〇ベリンダ:関口紫野 〇魔法使い/精霊:原田泰彦 〇エネアス:齊藤州重 〇侍女2 & 魔女1:小林美央 〇魔女2 & 水夫:田代光花 〇指揮/合唱指導:右近大次郎 〇管弦楽指導:ジョアン・プラ…
コメント:0

続きを読むread more

ザイフェルトの音色

前回、ザイフェルトの音色について採り上げたがその続き。 https://zauberfloete.at.webry.info/201907/article_6.html まず、「ドイツ製ホルンの伝統でもある明るく輝かしい音色」(タワーレコード解説)という表現について。「ドイツ製ホルン」ではなく、「ドイツのホルン」ではないかと思う…
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ホルン協奏曲集/ザイフェルト、カラヤン=ベルリン・フィル

ザイフェルトが吹くモーツァルト:ホルン協奏曲集のCD(SACD HYBRID)を購入した。1968年録音盤で、LPはもちろん、CD(ガレリア・シリーズ)も持ってはいたが、2019年最新リマスタリング/SACDハイブリッドとあっては買わない訳にはいかない。 従来版に比べ、より滑らかな音質と静けさの増した空気感はさすがと思った…
コメント:0

続きを読むread more

追悼 佐伯茂樹氏

タワーレコードのHPに佐伯茂樹氏の追悼記事が掲出されている。 https://tower.jp/article/campaign/2019/08/05/06 上記記事にある通り、佐伯氏の執筆活動は単行本に加え、CD解説領域での著作も見逃せない。それは単なる曲目解説にとどまらず、演奏者(特に管楽器奏者)の使用楽器や奏法まで踏み込んだ佐…
コメント:0

続きを読むread more

佐伯茂樹氏ご逝去

佐伯茂樹氏が8/1に心不全のため亡くなられたとのこと。 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=358088788422603&set=a.358088861755929&type=1&theater あまりにも突然の訃報に驚いている。 佐伯氏といえば、名著「名曲の『常識』『非常識』~オーケ…
コメント:1

続きを読むread more

最近読んだ本2019/7

●「100歳まで自分の歯を残す4つの方法/改訂新版」齋藤博著、木野孔司監修(講談社/2019.5) 数あるこのような書とは異なり、有益な示唆を多く含む内容だった。自分自身の歯の磨き方も少し変えなくてはと思った。 自分の歯を残すための生活習慣として下記の4点が挙げられている。 ①歯の接触時間を減らす/TCH(Tooth Contac…
コメント:0

続きを読むread more

BPh/ヴァルトビューネ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」の後半を観た。ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2019の模様で、指揮はソヒエフ。曲目等は下記の通り。 〇プロコフィエフ:組曲「キージェ中尉」 〇クリングゾル/ラヴェル:シェエラザード 〇プロコフィエフ/ソヒエフ編:「ロメオとジュリエット」組曲 第2番 〇プロコフィエフ/ソヒ…
コメント:0

続きを読むread more

真夏の演奏会終了

この7月、5回目の演奏会(公開GPを含む)を終えた(7/31)。今回は某大学OBオケ/シニア版の演奏会。 前半の「真夏の夜の夢」序曲とモーツァルト:交響曲第39番変ホ長調の上を吹かせていただいた。このところの疲れがたまっていた上に、急に暑くなったこともあり、リハーサル時から緊張感に欠け、本番でも大崩れはしなかったもののやや不本意な出来…
コメント:0

続きを読むread more

WPh/シェーンブルン 夏の夜のコンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はWPhとBPhの野外コンサートの模様。まずWPhの方から。指揮はドゥダメル、曲目は下記の通り。 〇バーンスタイン:「キャンディード」序曲 〇ヨハン・シュトラウス:ジュビリー・ワルツ 〇ガーシュイン:ラプソディー・イン・ブルー(1942年版) 〇ショパン:ワルツ 第7番 嬰ハ…
コメント:0

続きを読むread more

夏の演奏会終了

台風接近が懸念される中、コンサートを終えた(7/28)。幸いお昼前から天気は回復し少なくない方々においでいただいた。あらためて感謝の意を表したい。 今回はハイドンの交響曲全曲演奏を目指しているオケで、曲目は下記の通り。 〇モーツァルト:交響曲第25番ト短調 〇ハイドン:ヴァイオリン協奏曲第4番ト長調 〇ハイドン:交響曲第35番変…
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」公演終了

二日間(7/20・21)の「こうもり」公演を終えた。7/19夜と7/20昼に各ゲネプロを行ったので三日間で全曲を4回演奏したことになる。各公演には多くの方々に聴きに来ていただいた。声楽ソリストの方々の見事な歌唱/演技は聴衆の方々に十分楽しんでいただけたと思う。 私自身も、馴染み深い「こうもり」ということで、時々舞台も見ながら存…
コメント:0

続きを読むread more

レ・ヴァン・フランセ/協奏交響曲の夕べ

録画しておいた「クラシック倶楽部」を観た。曲目等は下記の通り。 〇プレイエル:フルート、オーボエ、ホルン、バソンのための協奏交響曲 第5番ヘ長調から第2、3楽章 〇ドヴィエンヌ:フルート、オーボエ、ホルン、バソンのための協奏交響曲 第2番ヘ長調から第2、3楽章 〇モーツァルト:オーボエ、クラリネット、ホルン、バソンのための協奏交響…
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン没後30年

以前、私のリピート・ディスクということで採り上げた中から、カラヤンの録音をピックアップしてみた。 https://zauberfloete.at.webry.info/201609/article_21.html https://zauberfloete.at.webry.info/201609/article_23.html …
コメント:0

続きを読むread more

Hier stehe ich als Raecher,ich selbst bin Eisenstein!/復讐す…

J.シュトラウス:喜歌劇「こうもり」第三幕終盤の第15曲テルツェット、オイレンブルク版スコアで569小節目。 弁護士に変装したアイゼンシュタインがロザリンデとアルフレートの相談を受けているうちに我慢できなくなり、かつらと眼鏡を投げ捨てて「俺こそがアイゼンシュタインだ」と正体を明かす場面。 オケは、高弦のキザミの上に ffで金管+…
コメント:0

続きを読むread more