ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調

LP時代、この曲は私にとって未知の曲で、レコードも一枚も持っていなかった。CD時代になって、ロストロポーヴィチ/カラヤン=ベルリン・フィル(DG/1968)を購入。あまりの名演に他の演奏は不要、とも思ったが実際にオケで演奏するようになってから、下記のようなCDを購入した。 〇デュ プレ/バレンボイム=シカゴSO(EMI/1971) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帯状疱疹、知覚過敏、口内炎

8月の後半は帯状疱疹を始めとするさまざまな症状に悩まされた。 帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)がその治癒後も脊髄近くの神経節と呼ばれる部分に潜み、疲れやストレスなどで身体の免疫力が低下したときに再び活性化することで発症するという。 免疫力の低下は加齢、疲労、ストレスなどに因って起こると言われるが、私自身加齢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィーナー・ヴェンティル

「こうして管楽器はつくられる~設計者が語る「楽器学のすすめ」~」竹内明彦著(ヤマハミュージックメディア/2019.8)という本を読んでいたら、「管楽器の設計/ロータリーバルブ」の章に「ヴィーナーヴェンティル」の記述があった。 ヴィーナー・ヴェンティルとは、ウィンナホルンに使われているバルブのことでウィンナバルブとも呼ばれる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京急事故

京急神奈川新町駅の踏切で起きた事故。遭遇された方始め関係者の方々には謹んでお見舞い申し上げたい。 私自身これまで何回もこの路線に乗っているが、民家の密集する中を時速120km/hで疾走する京急の体感速度はかなりのもので、もしここで事故が起きたら と考えることが少なからずあった。 実際120km/hで走っていた快速特急が、停車していた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本2019/8

●「本物の思考力を磨くための音楽学」泉谷閑示著(ヤマハミュージックメディア/2019.7) 「本質を見抜く力」は「感動」から作られる、というサブタイトルが付いている。 https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01093093 精神科医でもあり作曲家・思想家でもある著者が、音楽を通じて知…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タンホイザー」/バイロイト音楽祭2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は「バイロイト音楽祭2019」、ゲルギエフ指揮の「タンホイザー」。声楽ソリスト等は下記の通り。 〇ヘルマン:ステファン・ミリング 〇タンホイザー:ステファン・グールド 〇ウォルフラム:マルクス・アイヒェ 〇ワルター:ダニエル・ベーレ 〇ビテロルフ:カイ・シュティーファーマン 〇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ららら♪クラシック/「宮川彬良が語るモーツァルトの“トルコ行進曲”」

録画しておいた「ららら♪クラシック」をやっと観た。8/23放送分の「宮川彬良が語るモーツァルトの“トルコ行進曲”」。 https://www4.nhk.or.jp/lalala/x/2019-08-23/31/8423/2133318/ 番組中、モーツァルト:「後宮からの誘拐」序曲冒頭の楽譜を示し、大太鼓のパートが上下二つに分けて書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイグレ=読響

録画しておいた「クラシック音楽館」をやっと観た。ヴァイグレ=読響によるコンサート。曲目等は下記の通り。 〇ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 〇シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129 〇バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007「サラバンド」(アンコール) 〇ベートーヴェン:交響曲第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトリーヌ・カンタン

カトリーヌ・カンタンといえば、プレートル=パリ・オペラ座管弦楽団のモーツァルト協奏曲集のCD(FORLANE/1988)で、ト長調のコンチェルトとフルートとハープのための協奏曲の2曲でソロを吹いていた人。あらためて聴き直してみたが、艶やかな音色で若々しくアグレッシブな演奏をしている。 名前しか知らない奏者だったが、バンド・ジャーナル9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

J.S.バッハ:シャコンヌ/中川良平

先日、アッサンブラージュというファゴット四重奏の演奏会を聴いた(8/12 JTアートホール)。 https://kouen.snacle.jp/kouen/detail/8302 ローザンヌ室内管弦楽団、ベルン交響楽団の団員などにより構成されたアンサンブルで、前半はファゴット四重奏、後半はファゴット3本+コントラファゴットの四重奏と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パート譜/スコアのコピー&製本

来年3月のコンサートで演奏する曲のパート譜とスコアが配信された。 この団体の場合、指揮者用スコアのエディションが先に決まるため、それに対応したパート譜が入手できないことがあり、その場合パート譜をスコアの表記に合わせる作業が必要となる。 今回もスコアはカールス版、パート譜はヘンレ版のためスコアに準拠した修正作業が必要となった。 この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80歳記念コンサート

モーリス・ブルグ80歳記念コンサートが11月に行われるとのこと。 https://www.yamahaginza.com/hall/event/003832/ 吉井瑞穂、ギヨーム・サンタナなど、協演者も豪華な顔ぶれとなっている。 さらに、ハインツ・ホリガーの生誕80年記念コンサートも予定されている。 https://www.as…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーセル:「ディドとエネアス」

ヘンリー・パーセル:「ディドとエネアス」の公演を観た(8/13:セシオン杉並)。声楽ソリスト等は下記の通り。 〇ディド:見角悠代 〇ベリンダ:関口紫野 〇魔法使い/精霊:原田泰彦 〇エネアス:齊藤州重 〇侍女2 & 魔女1:小林美央 〇魔女2 & 水夫:田代光花 〇指揮/合唱指導:右近大次郎 〇管弦楽指導:ジョアン・プラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザイフェルトの音色

前回、ザイフェルトの音色について採り上げたがその続き。 https://zauberfloete.at.webry.info/201907/article_6.html まず、「ドイツ製ホルンの伝統でもある明るく輝かしい音色」(タワーレコード解説)という表現について。「ドイツ製ホルン」ではなく、「ドイツのホルン」ではないかと思う…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ホルン協奏曲集/ザイフェルト、カラヤン=ベルリン・フィル

ザイフェルトが吹くモーツァルト:ホルン協奏曲集のCD(SACD HYBRID)を購入した。1968年録音盤で、LPはもちろん、CD(ガレリア・シリーズ)も持ってはいたが、2019年最新リマスタリング/SACDハイブリッドとあっては買わない訳にはいかない。 従来版に比べ、より滑らかな音質と静けさの増した空気感はさすがと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 佐伯茂樹氏

タワーレコードのHPに佐伯茂樹氏の追悼記事が掲出されている。 https://tower.jp/article/campaign/2019/08/05/06 上記記事にある通り、佐伯氏の執筆活動は単行本に加え、CD解説領域での著作も見逃せない。それは単なる曲目解説にとどまらず、演奏者(特に管楽器奏者)の使用楽器や奏法まで踏み込んだ佐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐伯茂樹氏ご逝去

佐伯茂樹氏が8/1に心不全のため亡くなられたとのこと。 https://www.facebook.com/photo.php?fbid=358088788422603&set=a.358088861755929&type=1&theater あまりにも突然の訃報に驚いている。 佐伯氏といえば、名著「名曲の『常識』『非常識』~オーケ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

最近読んだ本2019/7

●「100歳まで自分の歯を残す4つの方法/改訂新版」齋藤博著、木野孔司監修(講談社/2019.5) 数あるこのような書とは異なり、有益な示唆を多く含む内容だった。自分自身の歯の磨き方も少し変えなくてはと思った。 自分の歯を残すための生活習慣として下記の4点が挙げられている。 ①歯の接触時間を減らす/TCH(Tooth Contac…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPh/ヴァルトビューネ・コンサート2019

録画しておいた「プレミアムシアター」の後半を観た。ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2019の模様で、指揮はソヒエフ。曲目等は下記の通り。 〇プロコフィエフ:組曲「キージェ中尉」 〇クリングゾル/ラヴェル:シェエラザード 〇プロコフィエフ/ソヒエフ編:「ロメオとジュリエット」組曲 第2番 〇プロコフィエフ/ソヒ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more