アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Zauberfloete 通信
ブログ紹介
・性別:男、血液型:O、星座:おうし座、品川在住
・趣味:音楽鑑賞/ファゴット演奏/ワイン/美術鑑賞/読書/占星学
・好きな作曲家:モーツァルト/バッハ/ハイドン/ベートーヴェン/ヴィヴァルディ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
抗生物質の副作用
演奏会当日、急にノドの具合が悪くなり咳が止まらなくなったのが約三週間前で、翌日耳鼻科を受診し、薬(炎症改善薬、気道粘液調整/去痰薬、うがい薬)を処方してもらったのだが、その後多少良くなったとはいえ、時々咳が続く(毎年のことながら)、という症状が続いていた。 が、先週の土曜の朝、ノドの痛みがあったため様子をみていたのだが、どんどん悪化したため夜の練習は早退、翌日は激しい咳が止まらなくなり、夜もほとんど眠れなかった。 月曜に近くのクリニックを受診し、吸入をしてもらい、抗生物質、気管支拡張薬、去痰... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/13 21:35
ローラン・ルフェーブル
バンド・ジャーナル12月号の表紙にローラン・ルフェーブル氏が登場している。ルフェーブル氏といえばバソンからドイツ式ファゴットに転向したことで有名な人で、モースマン https://b-moosmann.de/wp-content/uploads/2017/02/Moosmann-Katalog-2013.pdf ユーザーだと思っていたのだが、写真を見ると持っている楽器はヤマハ(YFG-812C)。以下、インタビューの抜粋。 ――ところで、今は(一般的な)ドイツ式のファゴットを吹いていますが... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/06 20:52
山口/松陰神社→秋芳洞→瑠璃光寺
山口/松陰神社→秋芳洞→瑠璃光寺 旅行も三日目で最終日となる。天気は晴れ。朝、ホテルを出発しすぐ近くの松陰神社へ。1907年に吉田松陰を祭神とする神社として創建されたという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/05 00:04
津和野→萩
津和野→萩 萩・津和野ブーム(?)ですっかり有名になった津和野は「小京都」とも言われている。その所在地は山口県と思っていたが実際は島根県の南西にある。 安野光雅美術館もあると聞いていたが、残念ながら行くことはできなかった。 森鴎外旧宅などを訪ねてから町の中心部へ。 町の中心部にある殿町通りは、城下町時代の古い佇まいを残している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/05 00:03
広島平和記念公園
広島平和記念公園 旅行二日目、天気は曇り、予報はお昼前から雨とのこと。ホテルからバスで広島平和記念公園へ向かう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/04 23:53
山口宇部→錦帯橋→宮島
山口宇部→錦帯橋→宮島 羽田を8時前に出発し、9:30には山口宇部空港着。バスで岩国錦帯橋に向かう。 錦帯橋は山口県岩国市の錦川に架橋されている木造のアーチ橋。1673年に創建(1950年に流失、1953年に再建)された5連のアーチからなる橋で、全長193.3m。石積の橋脚に5連の太鼓橋がアーチ状に組まれた構造となっており、世界的にも珍しい木製アーチ橋とのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/04 23:43
山口・広島旅行
山口・広島旅行 これまで宮島には行ったことがなかったことと、何より、一度広島を訪ねたいと思っていたこともあり「萩・津和野・安芸の宮島3日間」というツアーに参加した(11/27ー29)。宇部空港から、錦帯橋→宮島→広島→津和野→萩→秋芳洞などを巡るコース。 広島平和記念公園の資料館本館は改修工事中で入ることはできなかったが、東館の1階と地下の展示だけは見ることができた。それほど多くの展示ではなかったとはいえ、原爆/戦争の事実を伝えるには十分なもの。修学旅行生たちも多く来ていたが、特に若い人は奈良・京都などよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/04 23:41
NHK音楽祭2018/NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団
クラシック音楽館はアラン・ギルバート=NDRエルプフィルハーモニー管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ○ワーグナー:歌劇「ローエングリン」から第1幕への前奏曲 ○ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調 ○ブラームス:交響曲第4番ホ短調作品98 ○ブラームス:ハンガリー舞曲第6番 ○成田為三/カンドット:浜辺の歌 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/12/02 23:20
最近読んだ本 2018/11
●「もっと音楽が好きになる 上達の基本 クラリネット」サトーミチヨ著(音楽之友社/2018.11) ファゴット奏者がクラリネット奏者向けの本を読む意味があるのかという意見もあろうが、例えば、「良いパフォーマンスのためには「心・技・体」が同時に成り立たなくてはいけません」、などという話は音楽をやる人にとっては共通のものだろう。また、クラリネットにおいても新しいリードはいきなり酷使し過ぎないことが重要らしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/12/01 22:42
Sophie Dervaux
ソフィー・デルヴォーさんって誰? と思われる方が多いと思うが、かの Sophie Dartigalongue 女史のこと。以下略歴。 1991年 フランス生まれ 2011年 ベルリン・フィル・アカデミー入学 2013年 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団入団(ファゴット&コントラファゴット奏者) 2013年 ARDミュンヘン国際コンクールで第2位(最高位) 2015年 ウィーン国立歌劇場管弦楽団首席ファゴット奏者 2018年 ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団首席奏者 http:/... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/30 21:49
秋の演奏会(その3)終了
この秋3回目の、そして今年最後の演奏会を終えた(11/23)。ハイドンの交響曲全曲演奏を目指しているオケで、今回の曲目は下記の通り。 ○F.J.ハイドン:交響曲第40番ヘ長調Hob.I:40 ○F.J.ハイドン:交響曲第23番ト長調Hob.I:23 ○F.J.ハイドン:交響曲第34番ニ長調Hob.I:34 ○F.J.ハイドン:交響曲第59番イ長調Hob.I:59 ということでおそろしく地味なプログラム。それでも連休中わざわざ聴きに来ていただいた方々には心から感謝の意を表したい。 今回... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/25 20:42
ロッシーニ:弦楽のためのソナタ
ロッシーニ:弦楽のためのソナタ ロッシーニの弦楽のためのソナタは私にとって以前から愛着のある曲集。 1804年(ロッシーニ12歳!)に3日間で書き上げられたとされている。 https://zauberfloete.at.webry.info/201208/article_7.html この曲集のディスクはかなりの枚数持っているのだが、 https://zauberfloete.at.webry.info/200708/article_10.html 久しぶりに新しい録音(BIS)が登場したので思わず購入してしまった。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/19 21:47
ホルンを吹いている時の口の中のMRI 映像
楽器を吹いている時、口の中がどうなっているのか?というのはひじょうに興味深い問題ではあるが、実際に見ることはできないと思っていた。ところが、下記のサイトでMRIによる楽器演奏時の口内の様子を見ることができる。実験台になっているのはベルリン・フィルのホルン奏者サラ・ウィリス女史。 https://clarinet-labo.com/sarahmri/ 低音から高音、弱音から強奏、ロングトーンやタンギングなど、ホルンを吹いている時に口の内部がどのように動いているかがはっきり映し出されている。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/15 22:32
フィリップス・コレクション展
「フィリップス・コレクション展」を観た(三菱一号館美術館)。 ワシントンD.C.にあるフィリップス・コレクションは、1921年にアメリカ初の近代美術館として開館したとのこと。今回は、アングル、マネ、ドガ、モネ、セザンヌ、ゴッホ、ピカソ、ブラックなどの優れた作品75点の展示。特に、展示の仕方もヨーロッパ美術の収集に関するフィリップスの姿勢に焦点を当てたものになっていた。 主な作品は下記のサイトから見ることができる。 https://mimt.jp/pc/gallery.html ブラック、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/14 21:44
パート譜製本
パート譜製本 パート譜製本は毎度のことながら億劫だし面倒で時間がかかる。先月も、来年の演奏会のための20ページ超のパート譜を2セット、演奏会一回分(序曲、中プロ、メイン)計約20ページ弱分×2セットなどの製本をしたばかり。 やれやれと思っていたところ、来年夏のオペラのパート譜が早くも配布された。オペラの場合特にページ数が多く(前回は62ページ、今回は34ページ)、従来のやり方 https://zauberfloete.at.webry.info/201011/article_15.html では厚すぎて... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 22:12
バッハ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲
この二重協奏曲のオリジナルスコアは散逸してしまっているのだが、バッハはこの曲を後年「2台のチェンバロのための協奏曲」BWV1060に編曲しており、それに基づいて第三者の手によって元の形に復元されたという経緯があるらしい。 私は絶対音感がないので、これまで気がつかなかったのだが、このオーボエとヴァイオリンのための協奏曲には2つの版があるということを最近知った。シュナイダーによるニ短調のブライトコプフ版、ザイフェルトによるハ短調のペータース版ということである。 YouTubeで聴く限り、リヒター... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/11 23:33
百恵さんの歌/好感度ランキング
10月27日の朝日新聞 be on Saturday版に、「私の好きな百恵さんの歌ランキング」が載っていた。朝日デジタルの会員登録者を対象に9月中旬調査実施。オリジナルシングル31曲*から好きな曲をいくつでも選んでもらったという(回答者数:1396)。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/11/10 21:51
東山魁夷展
東山魁夷展 東山魁夷展を観た(国立新美術館)。 http://kaii2018.exhn.jp/ 生誕100年の展覧会(国立近代美術館)からもう10年が経ってしまったことにあらためて驚く。 https://zauberfloete.at.webry.info/200805/article_8.html 今回は生誕110周年ということで、唐招提寺御影堂の障壁画の再現展示はじめ、北欧、京都、ドイツ・オーストリアなどから晩年の作品まで約70点の展示。 「残照」、「道」、「光昏」、「青響」、「冬華」、... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/09 21:49
ヒラリー・ハーン/バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ
ヒラリー・ハーン/バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ ヒラリー・ハーンが弾くバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータの続編がDECCAからリリースされた。曲目等は下記の通り。 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV1001 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調 BWV1002 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ 第2番イ短調 BWV1003 ○エグゼクティヴ・プロデューサ:アレクサンダー・ブール ○コー・プロデューサ:ヒラリー・ハーン、アンドレアス K.メイヤー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/07 22:30
駒井哲郎展
駒井哲郎展 「駒井哲郎〜煌めく紙上の宇宙〜」展を観た(横浜美術館)。 https://yokohama.art.museum/special/2018/TetsuroKomai/index.html 駒井展に行くのは2012年の世田谷美術館以来。 https://zauberfloete.at.webry.info/201206/article_13.html ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/06 21:31

続きを見る

トップへ

月別リンク

Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる