日下紗矢子さんのバッハ

「ベルリン・コンツェルトハウス」制作によるストリーミング「J.S.バッハ」プロジェクトが進んでいる。
https://www.konzerthaus.de/de/stream

このプロジェクトは、同ホールに所縁のあるヴァイオリニスト6名が週替わりで登場し、「J.S.バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ」を作品番号順に演奏する。
(ベルリン・コンツェルトハウス大ホールの客席を取り払い、無観客で収録)
出演者と曲目、および初回放送日(配信後も自由に視聴可能)
○5/08(金) 4:00 ヴィヴィアン・ハグナー,Viviane Hagner/無伴奏ソナタ 第1番ト短調 BWV1001
○5/15(金) 4:00 日下紗矢子,Sayako Kusaka/無伴奏パルティータ 第1番ロ短調BWV1002
○5/22(金) 4:00 キャロリン・ヴィットマン,Carolin Widmann/無伴奏ソナタ 第2番イ短調 BWV1003
○5/23(金) 4:00 ヴェロニカ・エーベルレ,Veronika Eberle/無伴奏パルティータ第2番ニ短調 BWV1004
○6/05(金) 4:00 ミドリ・ザイラー,Midori Seiler/無伴奏ソナタ 第3番ハ長調BWV1005
○6/12(金) 4:00 スヨン・キム,Suyoen Kim/無伴奏パルティータ 第3番ホ長調BWV1006

とりあえず日下紗矢子の 「無伴奏パルティータ 第1番BWV1002」を聴いた。
バロック・ヴァイオリンを用いた見事な演奏で、日本では初披露とのこと。
フレーズや大きな流れに重きを置きつつ、音楽はしなやかで伸びやか、停滞することなく自由に飛翔し、その全体像を提示する。
このような演奏を聴くと、じっくり歌い込む演奏というのは部分的には美しいかも知れないが、もっと美しいものが見えにくくなっているような気もする。

"日下紗矢子さんのバッハ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント