天王洲あたり

天王洲(アイル)は、江戸時代末期に築造された第四台場をベースとして埋め立てられた約22ヘクタールの島。品川区北東部の京浜運河、天王洲運河に面した沿岸に位置する。
https://www.e-tennoz.com/
なお地名の由来は、1751年(宝暦元年)江戸前の海であった頃に漁師の網に牛頭天王の面が入り、この海域から引き上げたという。この面は南品川の天王祭において神輿の屋根につける「神面」となっているが、この謂れが「天王洲」の地名の由来となっている。
https://gramho.com/media/2055161661624248511

天気も良く散歩には絶好の日より。
目黒川河口にかかる昭和橋から見たアイル橋。
DSCN7092.JPG

天王洲運河を右に見ながら遊歩道を歩くが、ほとんど人はいない。
DSCN7094.JPG
DSCN7095.JPG
DSCN7096.JPG

天王洲橋から見た天王洲ふれあい橋とT.Y.HARBOR。
DSCN7102.JPG

楽水橋上から見た天王洲運河、次の橋(御楯橋)の左側は品川駅港南口。
DSCN7106.JPG

楽水橋を渡った港南公園D面(こちら側は港区)にあるオブジェ。
DSCN7109.JPG

天王洲ふれあい橋を渡ってまた品川区に戻る(T.Y.HARBOR側から)。
DSCN7112.JPG

新東海橋近くにある STEINWAY & SONS のショールーム
https://www.steinway.co.jp/SST
DSCN7115.JPG

"天王洲あたり" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント