夏の演奏会(その1)終了

梅雨明けした猛暑の中、この夏第1回目の演奏会を終えた。今回は区の合唱連盟主催の第九演奏会。私自身にとって(2nd、アシを含め)6回目の第九。
最初に第九を演奏したのは大学3年の時。当時は特に練習しなくても吹けていたフレーズが今回は上手く吹けない、という事態が続出し、直前に集中練習をすることとなった。が、今回と同じ団体で9年前に第九を演奏した時のブログを参照したところ、既にその頃から技術低下の兆しが明らかだったことがわかる。
http://zauberfloete.at.webry.info/200910/article_25.html
さて今回、前日の練習時に不調だったせいもあり、本番では結構緊張することとなり、両手のひらの汗の量が半端ではなかった。普段では決して間違えなかった箇所でミスをするというケースも何箇所かで起こる(幸いそれほど目立つところではなかったが)。
そして各楽章でのソロも完璧とは言えなかったが、一応何とか体裁は整えられたかとは思う。午前中のリハーサルではまあまあ上手くいっていただけに、本番での演奏は個人的にはやはり反省が残るものではあった。
この先、また第九を演奏する機会があるかどうかは分からない。が、もしその機会があれば今回を上回る演奏をしたいとは思う。

"夏の演奏会(その1)終了" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント