松田聖子さん~SONGS~

SONGS part1,2(NHK総合)を観た。
今年は彼女のデビュー30周年とのこと。私自身にとっても、彼女の歌は若いころの生活と密着していたし、思い出の(?)曲は数知れない・・。
アイドルからアーティストへ変貌を遂げた彼女だが、もちろん、松本隆を始めとする、松任谷由実、財津和夫、大瀧詠一らの力も忘れることはできない。とはいえ、彼女の歌手としての才能があってこそ成し遂げられたキャリアであることは疑いないだろう。
久しぶりに現在の松田聖子の歌をたっぷり聴くことができた。part1では名曲「風立ちぬ」と「SWEET MEMORIES」のしっとりとした歌唱、part2では「制服」の味わいのある表現、「夏の扉」の熱唱が素晴らしかったと思う。
それにしてもテレビというメディアはある意味残酷(?)で、現在の彼女とデビュー当時の映像を瞬時に入れ替えて映し出すことが頻繁にあった。普通の人の場合、単に歳をとったという感じを与えるだけなのだが彼女の場合、時の流れ相応の成熟を重ね今の自分をしっかり確立しているおり、むしろより魅力的に見せている点が興味深く、さすがと思わざるを得なかった。

"松田聖子さん~SONGS~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント