「時の移ろい」・「マーキュリー」

ハイドンの愛称/通称付き交響曲は31~33曲くらいあると言われているが、「驚愕」や「時計」などに比べると、この2曲は一般的にはほとんど知られていないであろう曲であり、ニックネームの由来も不明な点が多い。 まず、 交響曲第64番イ長調「時の移ろい」(1773年頃作曲) ○エステルハージ家で使われたと思われるこの曲のパート譜カバーに書…
コメント:0

続きを読むread more