アレクサンドル・ヴェデルニコフ氏ご逝去

ロシアの指揮者アレクサンドル・ヴェデルニコフ氏が29日、新型コロナウイルスによる合併症のためモスクワで亡くなった。享年56歳。 謹んで哀悼の意を表したい。 ヴェデルニコフ氏の経歴は下記の通り。 1964年 モスクワ生まれ、モスクワ音楽院で学ぶ 1988年 モスクワ放送交響楽団の指揮者(~1995年) 1995年 モスクワ市交響…
コメント:0

続きを読むread more

ブルームーン

10/31の満月は、2020年で最も小さく見える満月(地球の中心から月の中心までの距離が約40万6000km)。 マイクロムーン、ミニマムーンなどと呼ばれることもあるようだ。 そして、10月2日に次ぐ今月2回目の満月。1ヶ月の間に2回 満月を迎える場合、その2回目の満月は「ブルームーン」と呼ばれる。 欧米では「ブルームーンを見ると…
コメント:0

続きを読むread more

「桃山ー天下人の100年」展

狩野永徳の「洛中洛外図屏風(上杉家本)」をどうしても観たくて上野まで出かけた。 「桃山ー天下人の100年」展(東京国立博物館 平成館)は11月末まで開催しているのだが、この作品が前期(~11/1)のみの展示ということを最近知ったため急遽出かけることとなった。 (なお、ポスターに使われている「唐獅子図屏風」は後期の展示) …
コメント:0

続きを読むread more

遠藤真理のサウンド・オブ・チェロ~加藤昌則と紡ぐ音の旅~

録画しておいた「クラシック倶楽部」を観た。 今回は遠藤真理さん登場ということで、曲目も調べずとりあえず録画しておいたのだが、曲目を見てびっくり。 ほとんどが映画音楽などの編曲もの。 ○加藤昌則編曲:Around The World 映画で巡る世界一周メドレー ○シェック:チェロ・ソナタ から第3楽章 ○サン=サーンス:チェロ・…
コメント:0

続きを読むread more

十三夜

十三夜とは、太陽太陰暦(旧暦)の9月13日の夜を指し、この日に見える月は、旧暦の8月15日(十五夜)に出る月(中秋の名月)と並ぶ名月とされているという。 今日の東京の月の出は15時59分、日の入りは16時49分。 月齢は12.3なので未だ満月ではない(満月は10月31日23時49分)。
コメント:0

続きを読むread more

シャープのマスク

遅ればせながらやっと当選した。 https://cocorolife.jp.sharp/mask/ ちょうどシャープマスク関連の記事があった https://news.yahoo.co.jp/articles/cd5fe0ed452ea537d69d0a437ecd4ce0f7a5a290 ので以下に要約する。 ○20…
コメント:0

続きを読むread more

スコアの製本

来年3月に演奏する予定のベートーヴェン:「ミサ・ソレムニス」の残り(グローリア、サンクトゥス)のCarus版スコアがやっと配信された。 音楽之友社版スコアは持っているのだが、やはり指揮者が使うスコアに揃えておかなければいけないし、さらに今回使用するパート譜はHenle版ということで、スコアの表記に合わせておく必要もある。 USB…
コメント:0

続きを読むread more

「時の移ろい」・「マーキュリー」

ハイドンの愛称/通称付き交響曲は31~33曲くらいあると言われているが、「驚愕」や「時計」などに比べると、この2曲は一般的にはほとんど知られていないであろう曲であり、ニックネームの由来も不明な点が多い。 まず、 交響曲第64番イ長調「時の移ろい」(1773年頃作曲) ○エステルハージ家で使われたと思われるこの曲のパート譜カバーに書…
コメント:0

続きを読むread more

大井ふ頭中央海浜公園なぎさの森

天気も良かったので散歩に出かける。 今回も往路は電車を利用して京急立会川駅がスタート。 旧東海道→競馬場通り→勝島橋→大井ふ頭中央公園なぎさの森→京浜運河緑道公園(かもめ橋→八潮橋)というコース。 なお、片道電車利用とはいえ、結局前回同様今回もいつもの1.5倍くらいの歩数(約9500歩)を歩くことになってしまった。 旧東海道…
コメント:0

続きを読むread more

小曽根真/モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番

録画しておいた「読響シンフォニックライブ」を観た。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:ピアノ協奏曲第23番イ長調K488 ○ビリー・ストレイホーン:「A列車で行こう」(アンコール) ○グレース・ウィリアムズ:「海のスケッチ」から ○ピアノ:小曽根真 ○コントラバス:大槻健 ○指揮:尾高忠明 ○管弦楽:読売日本交響楽団 …
コメント:0

続きを読むread more

ルツェルン音楽祭2020

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は、ルツェルン音楽祭2020/ブロムシュテット指揮ルツェルン祝祭管弦楽団演奏会。 曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15 ○シューマン:「子供の情景」から「知らない国々」 ○ベートーヴェン:交響曲第2番二長調作品36 ○ベートーヴェン:交響曲第3…
コメント:0

続きを読むread more

2020秋/海外オーケストラ来日公演予定

N響を始めとする国内のオーケストラは、当初の公演予定を変更して各公演を行っているが、海外オケの年内の公演予定はどうなっているのか調べてみた。 ○ラトル=ロンドン交響楽団/「復活」など(9月末)→中止 ○ソヒエフ=パリ管弦楽団/「春の祭典」ほか(10月)→中止 ○ティーレマン=ドレスデン国立歌劇場管弦楽団/シューマン交響曲全曲(10…
コメント:0

続きを読むread more

港区散歩

散歩の行先もマンネリ化してきたため、片道(往路)は電車という禁じ手を使い、京急泉岳寺駅からスタートした。 まず、高輪ゲートウェイ駅を見学。 まだ周囲は工事中で人通りも少ない。 第一京浜に戻り、高輪大木戸手前の高輪橋架道橋 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E8%BC%…
コメント:0

続きを読むread more

宅配ボックス

オンライン・ショップでワインを購入したところ、商品発送手配完了メールが届いた。 が、到着予定日は午前中誰もいないため、前日夕方センターに電話して、予定当日の午後(14~16時)の配送をお願いしておいた。 ところが、不在中の午前中に配送され、マンションの宅配ボックスに入れたという伝票が入っている。 重さ10kg以上あるダンボール箱を…
コメント:0

続きを読むread more

ベルギー王立モネ劇場公演/「ホフマン物語」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はベルギー王立モネ劇場公演 /オッフェンバック:歌劇「ホフマン物語」。 声楽ソリスト等は下記の通り。 ○歌劇「ホフマン物語」(全5幕) ○作詞:ジュール・バルビエ ○作曲:ジャック・オッフェンバック ○ホフマン:エリック・カトラー ○オランピア/アントニア/ジュリエッタ/…
コメント:0

続きを読むread more

クリストフ・コンツ/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集

モーツァルトのヴァイオリン協奏曲の録音は何枚あるかわからないくらい持っているのだが、クリストフ・コンツが弾く全集(SONY)とあっては買わない訳にいかない。 クリストフ・コンツについては下記のページを参照。 https://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_15.html この…
コメント:0

続きを読むread more

N700S

別に運行時刻を調べていった訳ではなかったのだが、散歩途中でN700Sに遭遇した。 その時は気付かず、あとで写真を見てN700Sであることがわかった。 N700Aとの違いは、まずライトの形だがこれはなかなか判別が難しい。あと、側面にかけての車体ブルーの太いライン。N700Sはライン先端が2つに切れている(側面のロゴマークの違いが一番わ…
コメント:0

続きを読むread more

「ブルー・ライト・ヨコハマ」

筒美京平氏が亡くなられた。謹んで哀悼の意を表したい。 筒美氏は3000曲余りの曲を作曲したとのことだが、音大ではなく普通の大学卒。すぎやまこういち氏のもとで作曲を学びつつ、大量のレコードを買い込み、ロック、ボサノバ、ジャズ、ソウルなど様々なな洋楽のコード進行やリズムを研究し、どうやって日本でヒットさせるかを考え続けたという。 私にと…
コメント:0

続きを読むread more

ゲルギエフ=ミュンヘン・フィル演奏会

BR-KLASSIKで、ゲルギエフ指揮のミュンヘン・フィル演奏会を観た。 2020年9月19日/フィルハーモニー・ガスダイク。プログラムは下記の通り。 ○ロッシーニ:「チェネレントラ」序曲 ○モーツァルト:ホルン協奏曲第4番変ホ長調K495 ○ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 https://www.br-klassik.d…
コメント:0

続きを読むread more

京急写真集(2020/9)

最近撮った京急写真集。 品川第一踏切、イエローハッピートレイン、快特高砂行き/新1000形アルミ車両。 品川第一踏切、普通品川行き/新1000形ステンレス車(全面塗装)。 品川第二踏切、快特京急久里浜行き/2100形。 品川第二踏切、快特泉岳寺行き/2100形。 品川第二踏切、普通浦賀行き/新1000形ステ…
コメント:0

続きを読むread more

「交響録 N響で出会った名指揮者たち」

久々の茂木大輔氏による著書(音楽之友社/2020.10)。茂木氏の著作ということで、図書館から借りるのではなく自分で購入した。 茂木氏がN響に入団した1990年11月から2019年3月までにN響を指揮した34人の指揮者、最終章でそれ以外の指揮者の方々についても触れられている。さすがに、マタチッチ、スウィトナー、ヴァントなどは登場しない…
コメント:0

続きを読むread more

1950年代後半~1960年代初めのBPh木管首席奏者

クリュイタンスのベートーヴェン交響曲全集の録音が行われた1957年末~1960年初において、ベルリン・フィルの木管首席奏者は誰だったのかという点について考えてみたい。 まず資料として、1957来日公演プログラムに記載されているメンバー表が掲載されているサイトがあり、以下そこから引用したもの(首席奏者のみ抜粋)。 http://www…
コメント:0

続きを読むread more

1950年代後半~1960年代初めのベルリン・フィルの録音

クリュイタンスのベートーヴェン交響曲全集の録音が行われた1957年から1960年までのベルリン・フィルの録音を調べてみた(太字がクリュイタンスのベートーヴェン録音)。なお、漏れのある可能性もあるため以下がすべてとは言えない。 カラヤンがベルリン・フィルの芸術監督/常任指揮者に就任したのは1955年4月。 ベルリン・フィルとのEM…
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:交響曲全集~その2~

いろいろと迷った末、結局クリュイタンスの全集を購入した。 SACDハイブリッド盤5枚組で、声楽ソリスト、録音時期などは下記の通り。 ○ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲全集 <DISC1> 1. 交響曲第1番 ハ長調 作品21 2. 交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 <DISC2> 3. 交響曲第2…
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:ロンドントリオ第3番ト長調

1794年、ザロモンの招きによる2度目のロンドン滞在中にハイドンが書いた作品で、オリジナルは「2本のフルートとチェロのための三重奏曲」で、4曲で構成されている(Hob. IV:1~4)。 たまたまこの↓サイトで紹介されていたのだが、WPhのサポーターズ向けのビデオ/thank-you videoとのこと。 https://sli…
コメント:0

続きを読むread more

十五夜

昇ったばかりの十五夜。 赤っぽい。 月は地平線/水平線に近いとき、赤っぽく見えやすくなるという。 *「地球をとりまく大気の厚さは水平方向に近くなればなるほど厚くなる。地平線/水平線近くに月があるときは、月からの光が厚い大気の中を通過することになり、青い光は届きにくく赤い光だけが私達の目に届く。そのため、月が赤っぽく見える」との…
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本2020/09

●「生き物が大人になるまで~「成長」をめぐる生物学~」稲垣栄洋著(大和書房/2020.8) さまざまな動植物の成長の仕方(本能に頼る虫、知能を選んだ動物、したたかな植物)から、人間にとって「成長とは何か」「学ぶとは何か」「大人になるとは何か」などを考えるきっかけになる内容。 ●「変われ! 東京~自由で、ゆるくて、閉じない都市~」…
コメント:0

続きを読むread more