ベートーヴェン:交響曲全集~その2~

クリュイタンス.jpg
いろいろと迷った末、結局クリュイタンスの全集を購入した。
SACDハイブリッド盤5枚組で、声楽ソリスト、録音時期などは下記の通り。
○ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲全集
<DISC1>
1. 交響曲第1番 ハ長調 作品21
2. 交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
<DISC2>
3. 交響曲第2番 ニ長調 作品36
4. 交響曲第4番 変ロ長調 作品60
<DISC3>
5. 交響曲第5番 ハ短調 作品67 「運命」
6. 交響曲第7番 イ長調 作品92
<DISC4>
7. 交響曲第6番 ヘ長調 作品68 「田園」
8. 交響曲第8番 ヘ長調 作品93
<DISC5>
9. 交響曲第9番 ニ短調 作品125 「合唱」

○ソプラノ:グレ・ブラウエンステイン
○コントラルト: ケルスティン・マイヤー
○テノール:ニコライ・ゲッダ
○バス:フレデリック・ガスリー
○合唱:聖ヘドヴィヒ教会合唱団
○管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
○指揮:アンドレ・クリュイタンス
○録音:1957年12月(8,9)、1958年3月(5)、1958年12月(1,2)、1959年4月(3)、1959年5月(4)、1960年3月(6,7)/グリューネヴァルト教会(ベルリン)
○原盤レーベル:Warner Classics(旧EMI音源)

やはり最初にレコードで買った全集であるということ、
CDで買い直したのは第1・2番、第5・6番、序曲集のみということ、
あとは1950年代後半のベルリン・フィルの音をSACDで聴きたかったということ
などが理由として挙げられる。

さて、マスター・テープから最新96kHz/24bitでデジタル化したマスターを用い、SACD層/CD層別々にマスタリングを新規で行ったという今回の復刻盤。持っていた国内盤CDと比べると、奥行き/空間が広くなり、響きも柔らかくアナログ盤に近い音がする。

特に優れていると思われる演奏は第1・2・3・4・6・8番。
第5・7番もスケールが大きく優れた演奏だが、やや物足りなさが残ることも事実。
また、第5の冒頭はかなり長めなフェルマータで、短めに切り上げる演奏に慣れてしまった耳にはやや重厚長大に聴こえる。
第9番は全般に遅めのテンポでやや重い演奏になっている。
なお、今回初めて気が付いた(SACD化のせいではない)のだが、「田園」の嵐の最中(53・54小節)にもティンパニを付加している。

いずれにしても、1950年代後半のベルリン・フィルの音は、その後のカラヤン時代ともまた違った深々とした厚い響き。
ピラミッド・バランスの弦楽器も素晴らしいが、艶やかな木管群の美しさは特筆に値する。

商品紹介には、
この時期のベルリン・フィルには、フルートのニコレ(1959年退団)をはじめ、オーボエのシュタインス、クラリネットのシュテールといったいわゆる伝説の奏者たちが主体となった木管セクションが弦楽器と並んでかつての重厚な響きを堅持しており(ほぼこの時期にコッホやライスターも入団)、後のカラヤン時代とは異なる、前時代の響きを聴くことができます。
https://tower.jp/item/3865365
とあるが、
コッホが入団したのは1957年9月であり、クリュイタンスの録音が始まる直前。
また、ライスターが入団したのは1959年9月であり、クリュイタンスの録音が終わる半年前ということになる。

ということで、
1957年末~1960年初におけるベルリン・フィルの木管首席奏者について、および、その頃の他の指揮者によるベルリン・フィルの録音について調べてみたいと思っている(続く)。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント