リード、ドイツから到着

昨年夏に注文したリードがやっと届いた。
その時点でかなり忙しいとのことで年内は無理と思っていたが、年が明け、請求書が届いたのが2月末。早速代金は振り込んだ(日本の銀行口座だったため高い送金手数料は取られなかった)のだが、その後まったく音沙汰がない。
しばらくしてからメールで問い合わせてみたところ、3月中に一旦発送したのだが、ドイツから日本への郵便が制限されているらしく戻ってきてしまったとのこと。
結局5月末にはヨーロッパからの郵便も送れるようになったらしいが、それから約2ヶ月経ち、ようやく手元に届いた。

しかし、配達された郵便物には「あて所に尋ね当たりません/足立」の貼り紙が。
何と自宅の郵便番号が間違っており、足立区の方に行ってしまっていたらしい。「Shinagawa」と書いてあったからか品川区の方に戻ってきたらしいのだが、単に「Shinagawa」と番地だけで(北南東西が何もついていない:品川区には北品川、南品川などがある)よく届いたものだと感心する。

Deutsche Post のトラッキングを見てみたところ、下記のようになっていた。
差出人に返送されないで本当に良かったと思う。
2020-07-17/16:16:00引受 , GERMANY
2020-07-18/06:40:00国際交換局から発送 , FRANKFURT A,GERMANY
2020-07-23/02:18:00国際交換局に到着 , 川崎東郵便局,神奈川県,219-8799
2020-07-23/09:00:00通関手続中 , 川崎東郵便局,神奈川県,219-8799
2020-07-24/01:00:00国際交換局から発送 , 川崎東郵便局,神奈川県,219-8799
2020-07-24/04:30:00到着 , 足立郵便局,東京都,120-8799
2020-07-24/00:00:00保管 , 足立郵便局,東京都,120-8799
2020-07-25/00:00:00差出人に返送 あて所が不明のため, 足立郵便局,東京都,120-8799
2020-07-26/03:27:00到着 , 品川郵便局,東京都,140-8799
2020-07-26/10:06:00お届け済み , 品川郵便局,東京都,140-8799

さて、このリード、ケルン在住の日本人ファゴット奏者/リード製作者の方によるもの。
ズッキアッティ(スカラ座O)、ザイデル(ウィーン放送響)、アリューエ(ドイツカンマーフィル)などの方々にリードを提供していたり、ウィーン国立音大でリード製作の講師もしている方。
3種類のリードが届くが、吹いてみたところそれぞれ性格が異なり、またどれも私が普段使用しているリードとはタイプが異なるもの。
リードは使い込んでいくと変化するものなので、もうしばらく様子を見たいが、2本はすぐにでも使えそうな感じではあった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

驚いた
面白い 面白い 面白い

この記事へのコメント