-17時間の時差

帰国してから一週間経ち、やっと生活リズムが普通に戻りつつある。 日本から17時間遅れだったアラスカの時差を普通に戻すのはなかなか難しかった。 一般的に、時差ボケは日本からヨーロッパ方面に向かう「西回り」よりも、アメリカへ向かう「東回り」の方がきついと言われるが、生活リズム/習慣面から考えても納得がいく。 ヨーロッパの場合、日本…
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバー →羽田

ANA/NH115便はほぼ満席で、定刻通り16:25にバンクーバーを出発する。羽田までの所要予定時間は約10時間05分。 オーディオ/ヴィジュアルは行きの便と同じなのだが、河村尚子のベートーヴェン・ソナタ集を見落としていたので聴いてみる。やや個性的な演奏と感じたが、やはり飛行機の中は騒音が大きすぎて弱音部分がほとんど聴き取れない。…
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバー観光 その2

朝7時にはバンクーバーへ入港。 順番を待って8:30頃下船。一週間ぶりのバンクーバー。 カナダ・プレイス近くにある オリンピック聖火台。 バスでスタンレー・パークへ。 ダウンタウンの北西の端、イングリッシュ湾に突き出た先端部分で、広さは約400ヘクタールの広大な敷地を持つ。1888年に設立…
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバーへの帰路

クルーズ7日目/最終日。インサイド・パッセージをバンクーバーへ戻る終日クルーズ。 朝、外は深い霧で視界は10mもないほど。 お昼前ころにまでは徐々に霧が晴れて見通しも良くなってくる。 3階のデッキは一周約500mで、ウォーキングにはぴったり。それほど寒くもなく景色も美しい。 午後、…
コメント:0

続きを読むread more

ケチカン

クルーズ6日目。朝10時頃ケチカンに入港。 ケチカンはインサイド・パッセージを北に向かうクルーズ船最初の寄港地(我々にとっては最後の寄港地になった)で、町もクルーズ客を相手にした店が多い。一方で、ビジターセンター近くの鷲の彫像はじめ町中のいたるところで見られる多くのトーテムポールは、ネイティブの人々の文化と伝統を感じさせる。 ツアー…
コメント:0

続きを読むread more

グレーシャーベイ クルーズ

ユネスコ世界遺産グレイシャーベイ国立公園の面積は約13,000 km²。16の潮間氷河があり、12の潮間氷河が活発に割れ湾内に氷山を流している。公園に続く道路がないにもかかわらず、年間の来園者は40万人を超えるという。 グレイシャー湾全域は1749年に発見された時、全体が氷河に覆われていた。が、その85年後には氷河は80km近くも後退…
コメント:0

続きを読むread more

スキャグウェイ / ホワイト パス&ユーコン鉄道

クルーズ4日目。朝7時にはスキャグウェイに入港する。 スキャグウェイはゴールドラッシュによって作られた町。 1896年、アラスカとカナダ・ユーコン準州(カナダ)の国境近く、クロンダイク地方での金鉱発見のニュースは、アメリカとカナダの歴史上、最大級のゴールドラッシュをもたらした。一獲千金を狙う人々が大挙し殺到し、ゴールドラッシュで出来…
コメント:0

続きを読むread more

ジュノー / メンデンホール氷河観光

クルーズ3日目、午後1時にジュノーに入港。 ジュノーはアラスカ州の州都。濃い緑に覆われた山々が背後に迫り、坂道が多い人口3万人ほどの町。州都としてよりも、アラスカ・クルーズの寄港地として知られている。 先に入港していたルビー プリンセス。ニュー アムステルダムよりかなり大きい。 下船してすぐバスでメンデ…
コメント:0

続きを読むread more

インサイド・パッセージ / Inside Passage

クルーズ2日目。前日夕方にバンクーバーを出港したニュー アムステルダムはインサイド・パッセージを次の寄港地ジュノーまで向かう。所要時間は約45時間の予定ということで、2日目は終日クルージングとなる。 インサイド・パッセージ (Inside Passage)と は、アメリカ合衆国のアラスカ州に位置する土地の名称または多島海の島々…
コメント:0

続きを読むread more

避難訓練、出港、夕食

乗船後しばらくすると避難訓練の合図の警報が鳴ったため、船室ドアに表示された避難場所(3階デッキ)へ。参加確認後(全員参加が義務づけられている)、救命胴衣の着用の仕方の説明などがあっただけですぐに終了する。 ニュー アムステルダムには50隻くらいの救命ボート/避難船が備えられているのだが、単純に計算してみても約2000人の乗客÷50隻=…
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバー観光 → 乗船

カナダの西の玄関口として知られるバンクーバーは、トロント、モントリオールに次ぐカナダ第三の都市。 緯度は北海道よりかなり北(樺太中部あたり)ながら、北側に控える山々や海流の影響で一年を通じて温暖で過ごしやすく、冬でも雪があまり降らないという。 旅行二日目の朝は曇り。気温は15℃を少し下回る程度であまり寒さは感じない。 8時にはホテ…
コメント:0

続きを読むread more

羽田 → バンクーバー

今回のツアーは羽田空港発。前日夜、オンラインチェックインというものを初めてやってみる。空席はわずかで良い席は取れなかったのだが、実際に空港カウンターに行ってみると塞がっていた席が空いており希望した席を取ることができた(どのような仕組みになっているのかわからない・・・)。 満席のANA/ボーイング787は定刻通り22時前に離陸し…
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・クルーズ

アラスカを旅行した。 Holland America Line という会社 https://www.hollandamerica.com/en_US.html のパッケージ商品(オプショナル・ツアーは別途加算)で、 ●バンクーバー(カナダ ブリティッシュコロンビア州 )から乗船、 ●ジュノー(アメリカ合衆国 アラスカ州/州…
コメント:0

続きを読むread more

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調

LP時代、この曲は私にとって未知の曲で、レコードも一枚も持っていなかった。CD時代になって、ロストロポーヴィチ/カラヤン=ベルリン・フィル(DG/1968)を購入。あまりの名演に他の演奏は不要、とも思ったが実際にオケで演奏するようになってから、下記のようなCDを購入した。 〇デュ プレ/バレンボイム=シカゴSO(EMI/1971) …
コメント:0

続きを読むread more

帯状疱疹、知覚過敏、口内炎

8月の後半は帯状疱疹を始めとするさまざまな症状に悩まされた。 帯状疱疹は、水ぼうそうのウイルス(水痘・帯状疱疹ウイルス)がその治癒後も脊髄近くの神経節と呼ばれる部分に潜み、疲れやストレスなどで身体の免疫力が低下したときに再び活性化することで発症するという。 免疫力の低下は加齢、疲労、ストレスなどに因って起こると言われるが、私自身加齢…
コメント:0

続きを読むread more

ヴィーナー・ヴェンティル

「こうして管楽器はつくられる~設計者が語る「楽器学のすすめ」~」竹内明彦著(ヤマハミュージックメディア/2019.8)という本を読んでいたら、「管楽器の設計/ロータリーバルブ」の章に「ヴィーナーヴェンティル」の記述があった。 ヴィーナー・ヴェンティルとは、ウィンナホルンに使われているバルブのことでウィンナバルブとも呼ばれる。 …
コメント:0

続きを読むread more

京急事故

京急神奈川新町駅の踏切で起きた事故。遭遇された方始め関係者の方々には謹んでお見舞い申し上げたい。 私自身これまで何回もこの路線に乗っているが、民家の密集する中を時速120km/hで疾走する京急の体感速度はかなりのもので、もしここで事故が起きたら と考えることが少なからずあった。 実際120km/hで走っていた快速特急が、停車していた…
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本2019/8

●「本物の思考力を磨くための音楽学」泉谷閑示著(ヤマハミュージックメディア/2019.7) 「本質を見抜く力」は「感動」から作られる、というサブタイトルが付いている。 https://www.ymm.co.jp/p/detail.php?code=GTB01093093 精神科医でもあり作曲家・思想家でもある著者が、音楽を通じて知…
コメント:0

続きを読むread more