Zauberfloete 通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展

<<   作成日時 : 2019/05/16 22:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

画像

「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展を観た(東京ステーション・ギャラリー)。
https://rutbryk.jp/about/
ルート・ブリュック*という人や作品のことはまったく知らなかったのだが、チラシを見て興味が湧いたので出かけてみた。
今回はセラミックやテキスタイルなど約200点の展示で、ブリュックの多彩な仕事を網羅しているという。
初期の作品は、鳥、建物(教会、宮殿、礼拝堂、鐘楼、家、橋など)、母子、蝶、動物、静物などをモチーフにした、優れたデザイン、色彩豊かでファンタスティックな作品、さらにイコン、結婚式、お葬式、最後の晩餐などストーリー性を持った絵画のような作品など、ひじょうに素晴らしいものばかりですっかり魅了される。特に数十点にも及ぶ蝶を描いた作品は、ディテールまでその違いを描き分けた美しい色彩で、独特の艶が印象的だった。

そして、後期の作品はガラリと作風が変わり、小さなタイルピースを幾つも重ねて作り上げた建築にも通じる作品となっていく。作品の空間効果にこだわったダイナミックな展示構成もなかなか工夫されていた。

*ルート・ブリュック(1916〜1999)はフィンランドを代表するセラミック・アーティスト。
アラビア製陶所・美術部門の専属アーティストとして約50年にわたって活躍し、初期の愛らしい陶板から膨大なピースを組み合わせた晩年の迫力あるモザイク壁画まで、幅広い作品を手がけた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ルート・ブリュック 蝶の軌跡」展 Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる