頭部MRI & 頸動脈エコー検査受診

頸動脈の狭窄が悪化していないかを確認するため頸動脈エコー検査と、先日のめまいもあったので頭部MRI/MRA検査を受診した。頸動脈の方は悪化することなく、むしろ多少改善されているとのことだったが、血管の画像から小さな脳動脈瘤が発見されることとなった。
2mmくらいの小さいもので、前回(2017年5月)、前々回(2015年9月)では写真の撮影角度の関係で、動脈瘤自体はっきりとはわからなかったが、2014年7月の画像と比べるとごくわずかに大きくなっているように見えるとのこと。さしあたってすぐ破裂するようなことはないと思われるが定期的に経過を観察した方が良いとのことなので、とりあえず半年後にもう一度検査を受けることにした。

脳動脈にできたコブが破裂しないままの状態であることを未破裂脳動脈瘤と言うらしく、これが破裂すると脳を包んでいる「くも膜」という膜の内側に出血を起こす(いわゆる「くも膜下出血」)ことになるという。とはいえ、未破裂脳動脈瘤を持った人のうち、くも膜下出血を起こす人は動脈瘤の大きさが5mm以上の人に限定しても1.1%/年という程度の確率らしい。
まあ楽観的に考えれば、歳も歳だし、今後この動脈瘤が破裂するよりも他の病気にかかる確率の方が高いようにも思われる。
一点だけ気になることは演奏することによる脳への悪影響。楽器を吹くことは脳の内圧を高めることもあり、血管にはあまり良くないような気もするが、今の私にとって楽器をやめることは生きることをやめるようなこと。可能な限り演奏活動は続けたいと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック