⑥ヴェンゲン →アルメントフーベル展望台

旅行5日目、7:45にはホテルを出発し目の前の駅へ。それほど寒くはなく、体感は10℃以上。

画像

ヴェンゲンからヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)でラウターブルンネンへ。

画像

ラウターブルンネンからはBLM(ラウターブルネン・ミューレン鉄道:ロープウェイと山岳鉄道の組合せ)を利用する。駅前からロープウェイでグリュッチアルプまで行き、鉄道に乗り換える。

画像

一両編成の短い電車、ミューレンまでをのんびり走る。

画像

ミューレン(標高1650m)駅前からの山々の眺め。今日も素晴らしい天気、気温は15℃前後くらい。

画像

画像

ミューレン駅から7~8分歩いたところにアルメントフーベルバーン乗り場がある。

画像

約5分で展望台(1907m)へ。天気も良くそれほど寒くはない。
画像

画像

画像

画像

画像

本来、ベルナーオーバーランドの3山(アイガー、メンヒ、ユングフラウ)が揃って見渡せる場所なのだが、逆光のため良い写真は撮れなかった。


再びケーブルカーで下りてきて、少し歩き今度はシルトホルンバーン(LSMS)のミューレン駅からロープウェイでシュテッヘルベルクまで降りる。
そこでバスと合流し白リュッチーネ川沿いをしばらく走り、シュタウプバッハの滝へ到着。

画像

シュタウプバッハの滝は落差287m、ヨーロッパ有数の規模を誇る滝。崖が高いため、落下する途中で岩壁に当たったり風に舞い上げられたりするので滝壺まで届く水はそれほど多くはない。冬は凍結するとのこと。

画像

滝の途中まではかなりキツイ坂と階段で登ることができる。眺めも素晴らしい。

画像

滝の裏側の展望所(?)からの眺め。
下山し、再びバスで直ぐ近くのラウターブルンネンへ。

画像

ラウターブルンネンからヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)に乗り、ヴェンゲンを経て、クライネ・シャイデックに向かう。

⑦ユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台 へ続く
https://zauberfloete.at.webry.info/201809/article_13.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ⑤ベルン →ラウターブルンネン →ヴェンゲン

    Excerpt: 首都ベルン、アーレ川に囲まれた旧市街はユネスコの世界遺産にも登録されている美しい街。永く中立を保ってきたスイスの首都ゆえ、ほとんど無傷で中世の姿を伝えている。 ベルンに着いたのは夕方だったが、まだ陽.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2018-09-20 22:09
  • スイス旅行目次

    Excerpt: 第1日 成田→ミラノ https://zauberfloete.at.webry.info/201809/article_6.html Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2018-09-20 22:15