これまで/現在の使用楽器

私のファゴット演奏歴は のべ約28年くらいになる(途中長い中断あり)が、その間さまざまな楽器を使用してきた。
まず、高校オケに入って最初に吹いた楽器は学校が所有していた 怪しげな中国製。一応、何とか動く(?)楽器ではあったが、当時は他のメーカーの楽器を知らなかったので良いか悪いのか判断がつかなかった。それ以上に苦労したのがリード。現在のように「使える」完成リードはまったく売っていなかったので、「バスーンのテクニック」という本を参考に自分で作るしかなかった。
学校が2台目に購入した楽器も、1台目とはやや異なる中国製。見た目は濃い色で、前の楽器より作りはしっかりしていたが、吹いた感じは特に良いとも思えなかった。
その後、先輩から期間限定でお借りしたのが ヒューラー(旧東ドイツ製)。初めてちゃんとした楽器に触れ、中国製とは違うことを実感する。
大学に入り、団が所有していた楽器はアドラー(旧東ドイツ製)とシュライバー(旧西ドイツ製)。これらは先輩方が使用していたため、あまり吹かせてもらう時間はなかったが、両者ともヒューラーと似たような(もちろん違いもあるが)楽器ではあった。
そして、初めて持った自分の楽器が ソノーラ1357 (旧東ドイツ製、実質的にアドラーと同じ楽器)。当時としては入門用の標準的な楽器で、現在も製造されている。
http://shop.jdrshop-jdri.jp/eshopdo/refer/refer.php?sid=ns92891&cid=30&scid=114&mcid=&me=&vmode=1&view_id=28-026
この楽器、活動を再開してからオーバーホールを2回行ったがさすがに古くなった(のべ18年くらい使用)ため、次に買換えたのが アドラー1361SP
http://shop.jdrshop-jdri.jp/eshopdo/refer/refer.php?sid=ns92891&cid=30&me=&vmode=1&view_id=28-024
統一ドイツ後、メーニッヒ社と合併後の製品で、5本あった在庫の中から特に良いものを選んだこともあり、1357に比べると格段に性能が向上していたのはもちろん、モーレンハウエル等と比べても見劣りしない楽器だった。
ということでアドラー1361SPには特に不満もなく、もう買換えることもないと思っていたのだが、昨年突然 ヤマハYFG-812 を買うことになった。
画像

表向きの理由としては、
○歳を重ねて、楽器を演奏する気力がやや低下してきたことに対する新たな動機づけ
○より良い楽器で、歳を取ったことによる技術低下/音量不足をカバーする
というもの。
ヤマハの優れている点は、音程の良さに加え、音色が均質で何より大きな音が出ること。
特にヤマハのボーカルを使うと、ラクに吹ける(口への負担が少ない)ということもメリットと思っていた。が、先日、久しぶりにお会いした方が、「ヤマハの太管(YFG-812)を使っていたが負担が大きいためフォックスに乗り換えた」、という話をされており、ヤマハの太管はそれほど「軽い」楽器ではないのかと認識をあらたにする。
さらに、たまたま一緒に吹くことになった女性がヤマハYFG-811C(太管ではなく普通管5ピース)を持っていたので、ちょっと吹かせてもらったところ、まず楽器の重さが私の楽器より明らかに軽く、吹いた感じもかなり異なり、私の楽器ほど重くはない(音が出やすい)という感じがした。
ということで、YFG-812という楽器は、「ヘビータイプ」といわれるだけあって、それほど「軽い」楽器でもないのでは、と思うようになってきた。
それでも、ヤマハのボーカルで吹いている限りは以前の楽器より重い感じはしないのだが、最近、ヘッケルCC-1で吹くと相対的に重く感じるようになってきた(もちろんリードにもよる)。が、それだけ音は飛んで行っているハズなので、力の続く限り(?)本番ではCC-1を使いたいと思っている。
http://shop.jdrshop-jdri.jp/eshopdo/refer/vid23-B03.html
http://zauberfloete.at.webry.info/201002/article_1.html
蛇足ながら、楽器を替えて最も苦労したのは、真ん中(ヘ音記号第3間)のEsの指遣い。それまでは単に左手人差し指と薬指(+親指)だけで吹いていたのだが、ヤマハではそれに右手の親指+中指を加える必要があったこと(ヤマハに限らずメーニッヒなど最近の楽器は右手を加えないと音程が安定しない)。
最近の標準的な指遣いは右手を加えるらしいのだが、前世紀に学んだ時には右手を加えることはまだ一般化していなかったことも事実。約一年経ってようやく慣れてきた。
ということで、あと何年吹けるかわからないが、この楽器でしばらく頑張ろうと思っている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック