オクサーナ・リーニフさん

pfaelzerwein さんのブログに最近のオクサーナ・リーニフさんのことが書かれていた。
http://pfalz.exblog.jp/
2013年からバイエルン国立歌劇場でキリル・ペトレンコのアシスタントを務めると共に指揮者として活躍し、
https://www.staatsoper.de/biographien/detail-seite/lyniv-oksana.html
2017/2018のシーズンからグラーツのオペラとフィルハーモニー・オーケストラの首席指揮者に就任するとのこと。
http://steiermark.orf.at/news/stories/2823390/
http://www.oper-graz.com/

9年前の夏、リーニフさんに私が所属するオケを指揮していただいたことは記憶に新しい。
http://zauberfloete.at.webry.info/200807/article_10.html
http://zauberfloete.at.webry.info/200807/article_14.html

2004年のマーラー指揮者コンクールで優勝したドゥダメル(この時リーニフさんは第3位)
http://www.bamberger-symphoniker.de/the-mahler-competition/preistraeger-und-jurymitglieder-seit-2004.html
に比べると地味なキャリアを辿っているリーニフさんではあるが、今後のさらなる活躍を期待したい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

pfaelzerwein
2017年09月05日 03:13
彼女の指揮で演奏されましたか、気が付きませんでした。アシスタントとして初日の放送前にロビーでのラディオ中継で話しをしていたりしていました。小柄で普段は地味な感じなのであまり冴えた感じはしなかったのですが、いつの間にか助手をしていた公演をペトレンコの代わりに徐々に指揮して、グラーツのポストを得て仕舞いました。

7月のオペラフェストでの指揮も日本からの訪問者にも注目を浴びたりしていたのですが、既に訪日済みでしたか。女性指揮者も多く競争も激しく実績を積み重ねていくしかないのでしょうが、何時かベルリンのフィルハーモニーにもお目見えするのでしょう。
2017年09月05日 22:18
pfaelzerweinさま
今後とも、現地ならではの最新の情報を楽しみにしています。

この記事へのトラックバック