「自分の音で奏でよう!」

著者はファーガス・マクウィリアム/Fergus McWilliam、サブタイトルは「ベルリン・フィルのホルン奏者が語る異端のアンチ・メソッド演奏論」。中島大之監修、岩井木綿子訳、ヤマハミュージックメディアから2016年2月に出版されている。
原題は blow your OWN horn:horn heresies
2011年に Mosaic Press,Oakville,Ontario から出版されている。
マクウィリアムはスコットランド生まれ、カナダ、アムステルダム、ストックホルムなどで学び、15歳で小澤征爾指揮トロント交響楽団と共演、デトロイト交響楽団(1979年)、バイエルン放送交響楽団(1982年)などを経て1985年よりベルリン・フィル団員。1988年からベルリン・フィル木管五重奏団メンバー。
http://www.berliner-philharmoniker.de/en/orchestra/musician/fergus-mcwilliam/
http://www.fergusmcwilliam.com/

原題は「自分なりのホルンを吹こう」、あるいは「自分らしいホルンを吹こう」という意味だが、著者自身によれば、「私が言いたいのは、あまりに教師や従来の教授法に忠実すぎることなく、教える側も、自ら演奏する側も責任を容認することが重要であるということ。教師のものではなく、自分のホルンを吹くのだ。」という意味あいとのことである。
また、 heresies とは「異端」のこと。著者は35年、個人レッスンやマスタークラスでホルンを教えてきたが、「一般に受け入れられている」考え方や認識との食い違いを少なからず感じており、そのことを敢えて「異端」と呼んだという。
5つの「禁句」として、練習、ウォーミングアップ、鏡、アンブシュア、横隔膜 をあげており、伝統的なホルン演奏教育法に対する疑問を投げかける。
また、5つの疑問点/5つの真偽の定かでない命題として、
・マウスピースを押しつけてはいけない
・息を吸うときに肩を上げてはいけない
・のどは常に広げておかなければいけない
・息を止めてはいけない
・アンブシュアを途中で変えない
といった問題をあげている。

ホルン固有の内容ももちろんあるが、呼吸法などいくつかの章はホルン以外の管楽器奏者にも大いに応用/活用できる有益な内容となっている。

以下、終章オーディションの中から抜粋。
○コンチェルトの伴奏はピアノだと言われたら、ピアニストと一緒に前もって十分なリハーサルをしておくことが必須となる。ピアノの平均律の音程にきっちり慣れておく必要があるからだ。(中略)実質的に調子っぱすれのピアノとは音程が合わせられない、という言い訳は通用しない。
○最も重要で、決して忘れてはならないことは、君は音楽を演奏しなければならない!ということである。(中略)技術的に完璧だが音楽のない演奏をすれば、審査員の愛はほとんど得られない。(中略)だが、人の心を動かす音楽的な演奏だが、少々完璧さに欠けるという場合には、彼らは音楽を楽しみ、君にそれなりの愛を注いでくれる。小さな事故は大目に見てもらえることが多い。それは、君が「勇気を持ってチャレンジした」からにほかならない。
そういうわけで、どんなことがあっても、安全第一の演奏はやめよう!安全第一の演奏をすると、勇気を持ってチャレンジした場合よりも事故が起こる確率が高くなるからである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最近読んだ本 2016/4

    Excerpt: ●「クラシックの真実は大作曲家の「自筆譜」にあり!」中村洋子著(DU BOOKS/2016.3) http://zauberfloete.at.webry.info/201604/article_3.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2016-04-30 10:21
  • オーボエの断面写真

    Excerpt: 自分の身体の中を見たことがある人は少ないと思うが、楽器の内部を見たことがある人もそう多くはないだろう。YAMAHA WIND STREAM で、オーボエの断面写真が公開されている。 https://.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2016-06-10 21:20
  • 著名ホルン奏者の生年

    Excerpt: 著名なホルン奏者(1970年代生まれ以前)の生年を調べてみた。 驚いたのは、若いと思っていたヴォルフガング・トムベックがもう60代になっていること。ドールも54歳、ヤネシッツも51歳。ウィーン・フィ.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2019-06-27 22:19