人間ドック受診

人間ドックを受診した。今回は胃のバリウム検査ではなく、胃カメラを選択した。逆流性食道炎がその後(最近は時々胸が痛む→水を飲むと回復/くらいでそれほど悪くはない)どうなっているかを知りたかったことと、その後 夜練習に行かなくてはならないことなどによるため。
前回胃カメラをしたのは約3年前。この時(とその前)は鼻から入れるタイプだったため、それほど痛み/苦しさは感じなかった。
http://zauberfloete.at.webry.info/201211/article_10.html
口から入れる胃カメラを受けたのは多分10年以上前で、ひじょうに苦しかったのでその後は一回も受けていなかった。が、クリニックも新しく、最近は管も細くなり(?)少しはラクになったのではという楽観的な予想のもとで臨んだが、やはりひじょうに苦しいことに変わりはなく、久しぶりに死にそうな辛さを味わうこととなった。
結果、逆流性食道炎の軽い所見があることと、胃の中に小さなポリープ(良性/バリウム検査の時から毎年言われていた)があるくらいで他には特に異常はないとのことでホッとする。
バリウムを飲む方がはるかにラクとはいえ、胃カメラは終了後お腹の中をきれいにする面倒さがないことに加え、何よりあの鮮明な画像を見てしまうと、やはり精度の高い検査方法の方が、より早期に病気を発見できることは疑いないということをあらためて感じた次第。なお、麻酔による舌の痺れや口の中/喉の違和感も一時間程度で完全に回復した。

今回の詳細結果は後日郵送されるが、とりあえず今回わかったのは、コレステロール高値(毎回のこと)、心電図、胸部レントゲン、エコー検査などは特に異常なし、とのこと。
それにしても、視力が回復、身長もここ数年縮んでいたのが以前並みに回復、などの結果は測定誤差なのか、その他の要因(最近は意識的にいつも背筋を伸ばしたり、大股で歩くようにはしているが)によるものなのか・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 花粉症悪化

    Excerpt: 花粉が急に飛び始めたせいだろうか、薬は飲んでいるのだが、ハナの調子が今朝からひじょうに悪くなった(ティッシュの使用量は半端ではない)。重ねて(花粉のせいか)昨夜からノドも痛くなり、体調は最悪となってい.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2016-03-01 21:20