「英雄」/カラヤン=ベルリン・フィル

カラヤン=ベルリン・フィルの「英雄」のDVD(1982年ライブ)を観た。いつ観ても感動的な名演で、カラヤンという人はやはり卓越した指揮者だったということと、当時のベルリン・フィルの巧さを再認識した。具体的な内容は下記の記事に詳しい。
http://zauberfloete.at.webry.info/200701/article_13.html
この時に書いていなかったことを一点補足するならば、ファゴット1番を吹いているギュンター・ピースクの音色。その強靭ながら柔らかく丸い、ビロードのような美しい音色はピースクならではのもの。1973年のカラヤン=ベルリン・フィルの来日公演でベートーヴェン:第5のソロを聴いてその美しさに驚嘆したものだった。
http://zauberfloete.at.webry.info/200610/article_29.html

さてそれはともかく、今回私が驚いたのは上記「英雄」の記事――「4月の演奏会でこの曲を演奏する」が、2007年に書かれていたこと。実は今年の5月にこの曲を演奏する予定になっているのだが、以前演奏してから9年もの年月が経とうとしていることにあらためて驚いた次第。まったく早いものだと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 著名ファゴット奏者の生年

    Excerpt: 世界的に有名なファゴット奏者および日本人著名ファゴット奏者たちの生年をリストアップしてみた。なお、マルコ・ポスティンゲル(バイエルン放送響首席)、ロラン・ルフェーブルなど、生年が分からない人は何人か省.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2016-10-04 22:51