変容するリード

リードというものは使っているうちにだんだん変わっていくものであり、最初ダメでも使えるものになる場合がある(ずっとダメなものももちろんあるが)。
以前買ったもので、最初から(とはいえ一応試奏して買ったのだが)バリバリ/ビービーで本番にはとても使えそうもなかったリードがあったのだが、練習用に使っているうちに少しずつ改善されてきていた。そして先日吹いてみたところひじょうに吹きやすくなっていたため、試しに明日の本番のトゥッティ用*に使ってみようと思っている。
*トゥッティ用:通奏低音の一員としてチェロ・バスと同じ楽譜を吹くためのもの。ソロ用ほど音色重視でないことと、休みがほとんどないため軽いリードが望ましい。
もう一本は、最初かなり抵抗のある重いリードだったのが、これも何回か使っているうちにだんだん吹きやすくなってきた。これも次々回くらいの本番で使ってみようかと思っている。

一方、リードの状態のピーク(?)というのはいつなのだか分からない。もちろん使っているうちに徐々に劣化が進んでいくのではあるが、前述のように劣化の一途を辿る訳ではなく、最も良い状態になるまで一旦上り詰めてから劣化が進んでいくというのが一般的だと思う。もちろん、優れたリードは最初からすぐ使えるものもあるが、それでも少し鳴らして/慣らしてからの方が状態は良くなるように思う。
いずれにしても、本番で使える良い状態のものを常に何本か揃えて置くことが重要で、そのためのローテーションや配役(?)も工夫する必要がある。一本ずつ吹き潰していくよりは、その方が全体で長持ちするのだろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック