ヨハン・シュトラウスⅡ:ワルツ「酒・女・歌」作品333~その2~

この曲にはアルバン・ベルクが編曲した室内楽版(編成は弦楽四重奏に加え、ピアノ、ハルモニウムによる六重奏)があり、私にとっては管弦楽版よりも親しみ深い存在となっている。
1921年5月27日に開催された「ウィーン私的演奏協会」の特別演奏会で初演されたという。その時は一緒に下記の曲が演奏されたとのこと(編成はすべて上記六重奏)。
○ヨハン・シュトラウスⅡ/アルノルト・シェーンベルク編曲:「南国のばら」
○ヨハン・シュトラウスⅡ/アルバン・ベルク編曲:「酒・女・歌」
○ヨハン・シュトラウスⅡ/アントン・ヴェーベルン編曲:宝石のワルツ
○ヨハン・シュトラウスⅡ/アルノルト・シェーンベルク編曲:入江のワルツ

「私的演奏協会」は、「芸術家や芸術愛好家に現代音楽の実際の正確な知識を授ける」という趣旨のもとに1918年11月に設立され、シェーンベルクが会長を務め、1921年末に活動中止に至るまで117回の演奏会を開き154曲の現代作品が紹介された。
ここで演奏された楽曲の録音も発売されている。
http://www.hmv.co.jp/news/article/1412300005/
上記の特別演奏会は、危うくなった協会の財政立て直しを図るために企画され(予定されていた「冬の旅」が歌手のキャンセルにより急遽変更されたという説もある)、会員以外にも公開し、演奏終了後には編曲楽譜の競売も行われたという。

さて、ヴァイオリン2、ヴィオラ、チェロ、ピアノ、ハルモニウムという奇妙な(?)編成だが、聴き慣れると意外にしっくりくるものであり、特に「酒・女・歌」の序奏におけるハルモニウムの響きは一度聴いたら忘れることができないほど印象的なものになっている。
この編成による編曲版の録音は、下記の2枚が最初期のものではないかと思う。
●ボストン交響楽団室内アンサンブル(DG/1977.4)
プロデューサはライナー・ブロック、シルヴァースタインのヴァイオリン他による演奏。比較的すっきりとしたモダンな演奏。
●マンフレート・ライヒェルト指揮バーデンバーデン合奏団(deutsche harmonia mund/1977.6)
たっぷりとした豊かな響き。

以下、他に私がこれまで聴いてきた演奏を下記に記す。
なお、シェーンベルクはその後(1925年)、「皇帝円舞曲」を弦楽四重奏、フルート、クラリネット、ピアノ用に編曲しており、ほとんどのディスクでは、上記「入江のワルツ」以外の3曲と「皇帝円舞曲」が組合されている。
●ベルリン弦楽四重奏団ほか(BERLIN Classics/1988・89)
ヴォルフ=ディーター・バッツドルフのヴァイオリン他による演奏。
●ベルリン・ゾリステン(TELDEC/1989)
私が最初に買ったディスクでこれまで最も回数多く聴いている。ヴァイオリンはゲラーマンとハルトーク、ヴィオラ:クリスト、チェロ:バウマン、ピアノ:レオンスカヤ、ハルモニウム:モルというメンバー。特に序奏部分が素晴らしい。
●アンサンブル・スタニスラス(GALLO/1991)
カナダの団体で演奏自体は地味。
●アルバン・ベルク四重奏団ほか(EMI/1992)
ワルツの優美さはさすがと思うが序奏がやや淡泊。
●ウィーン・ビーダーマイヤー・ゾリステン(camerata/1993)
ハンス・グレッツァー以下、フォルクスオパーのメンバーによる演奏。ここではチェロの代わりにコントラバスで弾いている。
●ウィーン弦楽四重奏団ほか(CPO/1997)
ヴァイオリン:トーマス・クリスチャン、チェロ:ミヒャエル・ヘル他の演奏。ひじょうに優雅、スマートなスタイルで演奏としてはこれがベストと思う。
なお、私は持っていないが、トーマス・クリスチャンが率いる「トーマス・クリスティアン・アンサンブル」は、2009年にこれらの曲を再録音している(MDG)。
http://www.mdg.de/pdf/1590e.pdf
また、このアンサンブルは、上記「私的演奏協会」でのマーラーの交響曲第4番やブルックナーの交響曲第7番なども録音している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • この半年間(2015/1~6)に購入したCD

    Excerpt: 25年くらい前は年間CD購入枚数が200枚を超えていた時期もあったが、今年になってから購入したのは下記の12点のみ。新譜の発売枚数自体が減少している上に、欲しい録音もあまりなく、魅力ある演奏家もほとん.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2015-07-01 22:35