「ウィーンの弦楽四重奏団200年史」

幸松肇著、クワルテット・ハウス・ジャパン/レグルスから2014年12月に出版されている。幸松氏は元東芝EMIプロデューサで、「世界の弦楽四重奏団とそのレコード」(全6巻)などの著書、作曲家としても弦楽四重奏のための作品がある。
本書は18世紀後半ベートーヴェンの時代の弦楽四重奏団に始まり、主としてウィーン・フィルのコンサート・マスターたちによって受け継がれてきた弦楽四重奏団の活動の歴史を概観、その団体の性格を浮き彫りにしている。そして著者は1960年代末にワルター・ヴェラーが指揮者に転向して以来、管弦楽がそれまでよりさらにクラシック音楽の主流を占めるようになり、弦楽四重奏というジャンルは徐々に衰退、2008年のアルバン・ベルク四重奏団の解散後、ウィーンの弦楽四重奏団は消滅寸前となっていると指摘する。

私にとっては、特に「第二次世界大戦後のウィーンの弦楽四重奏団」以降の内容はひじょうに興味深いもので参考になった。例えば、ヴィーナー・ゾリステン
http://zauberfloete.at.webry.info/200704/article_9.html
からアルバン・ベルク四重奏団、ヨーロッパ四重奏団など4つの弦楽四重奏団が生まれたという話や、ウィーン・フィルのコンサート・マスターに就任したダニエル・ゲーデが、その立場で弦楽四重奏を中心とした室内楽活動を望んでいたのだが、それを果たすことができなかったので退団したという話など、他にも初めて聞く話題が満載だった。

なお、本書巻末に演奏家紹介のページがあり、生年や詳細な解説がついている。以下、主要な人を抜粋。
○フリッツ・セドラック(1895~1977)/1922年WPh入団、1945年コンマス
○オットー・シュトラッサー(1901~1996)/1923年WPh入団、シュナイダーハン、バリリ、ウィーン・フィルハーモニー各弦楽四重奏団第二ヴァイオリン奏者
○アントン・カンパー(1903~1982)/1933年ウィーン交響楽団コンマス、1934年カンパー=クヴァルダ四重奏団結成(1937年ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団と改名)、1937年WPh入団
○ヴィリー・ボスコフスキー(1909~1991)/1933年WPh入団、1939年コンマス、1961~1965年WPh四重奏団、1971年WPh退団、1954~1979年WPhニューイヤー・コンサートを指揮
○エマヌエル・ブラベッツ(1909~1998)/Vc/1936年WPh入団、1955年からバリリ四重奏団チェロ奏者
○ギュンター・ブライテンバッハ(1911~1992)/Vla/1952年WPhソロ・ヴィオラ奏者、1947年ウィーン八重奏団創立メンバー
○フランツ・サモヒル(1912~1999)/1930年ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団結成、1936年WPhメンバー、1946年コンマス
○ヴォルフガング・シュナイダーハン(1915~2002)/1933年ウィーン交響楽団コンマス、1937年WPhコンマス、1938年シュナイダーハン弦楽四重奏団結成
○ルドルフ・シュトレンク(1915~1988)/Vla/1936年WPh入団、1948年チューリヒ・トーンハレ管弦楽団首席ヴィオラ奏者、1958年WPh首席ヴィオラ奏者、シュナイダーハン、バリリ、ウィーン・フィルハーモニー各弦楽四重奏団ヴィオラ奏者
○ワルター・バリリ(1921.6.16~)/Vn/1938年WPh入団、1940年コンマス就任、1945~1959年バリリ四重奏団リーダー
○ルートヴィヒ・バインル(1928~2011)/Vc/ウィーン・コンツェルトハウス四重奏団/1958年WPh入団
○ヨゼフ・シヴォー(1931~2007)/1960年WPh入団、1964年コンマス、1965年ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団リーダー(ボスコフスキー後任)
○ロベルト・シャイヴァイン(1935~2011)/Vc/1962年WPh首席(ブラベッツ後任)、ウィーン・フィルハーモニー弦楽四重奏団、ヴェラー弦楽四重奏団のチェロ奏者
○ヘルムート・ヴァイス(1937~)/Vla/1958年WPh入団、1959年ヴェラー弦楽四重奏団ヴィオラ奏者、1968年WPh首席ヴィオラ奏者
○アルフレート・シュタール(1938~2000)/1955年WPh入団、1959年ヴェラー弦楽四重奏団第二ヴァイオリン奏者
○ヴァルター・ヴェラー(1939~)/1958年WPh入団、1959年ヴェラー弦楽四重奏団結成、ミュンヘン国際コンクール優勝、1962年WPhコンマス、1969年指揮者デビュー
○アダルベルト・スコチッチ(1939~)/Vc/1963年WPh入団、ウィーン室内合奏団チェロ奏者
○ヴォルフガング・ヘルツァー(1940~)/Vc/1964~1973年ウィーン交響楽団、1973年WPh首席
○ゲアハルト・ヘッツェル(1940~1992)/1963~1968年ベルリン放送響コンマス、1969年WPhコンマス、1971年ウィーン室内合奏団リーダー
○ギュンター・ピヒラー(1940~)/1958年ウィーン交響楽団コンマス、1961年WPhコンマス、1970年アルバン・ベルク四重奏団結成
○トマス・カクシュカ(1940~2005)/Vn,Vla/1960~1963年ヴィーナー・ゾリステン、1963年ヨーロッパ弦楽四重奏団結成、1967年ウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団首席、1981年アルバン・ベルク四重奏団に加わる
○ヴェルナー・ヒンク(1943~)/1964年WPh入団、1974年コンマス

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 最近読んだ本 2015/1

    Excerpt: ●「すべてのドアは、入り口である」原田マハ、高橋瑞木著(祥伝社/2014.12) 「現代アートに親しむための6つのアクセス」というサブタイトル通り、現代アートとは何か、楽しみ方、アーティスト、美術館.. Weblog: Zauberfloete 通信 racked: 2015-02-05 22:47