ウィーン国立歌劇場管弦楽団/団員募集

久しぶりに見に行ったウィーン国立歌劇場のサイトに団員募集の告知が出ていた。
http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/Startseite-Content.de.php
第1ファゴットとコンサートマスターで、今年11月末までにプローベが行われるらしい。
コンマスの方はキュッヒル(1950~)が今シーズン末で退団することになっているとのことなので、その後任と思うが、ファゴットの方は誰の後任なのだろうか。
三人の首席である、ヴェルバ(1955~)、トゥルノフスキー(1959~)、ミュラー(1965~)はまだ定年ではないし、若手のディンクハウザー(1978~)、コブリッツ(生年不明)も違うのではと考えていて、思い当たったのはラインハルト・エールベルガー。
カミロ(1921~2013)の息子であるラインハルトは1950年生まれとのことなので、彼が定年退職するのだろう(なお、オーボエ奏者の弟アレクサンダーは1956年生まれ)。となると、三人の首席のうち一人が下吹きに移ることでそれに対応することが予想される。年齢的にはヴェルバということになるが・・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック