チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲~その1 オイストラフ盤~

これまで、ベートーヴェン、メンデルスゾーン、ブラームス、サン=サーンス(3番)、シベリウスなどのヴァイオリン協奏曲(のオケ伴奏)は演奏したことがあるが、チャイコフスキーだけは未体験だった。が、この秋にこの曲を演奏することが決まり、少しずつディスクを聴き直している。
しかし、恥ずかしながら、ハイフェッツ、スターン、オイストラフ、コーガンといった往年の名演奏のCDは持っていなかったため、とりあえずオイストラフ盤を購入した。録音時期などは下記の通り。
●ダヴィッド・オイストラフ/オーマンディ=フィラデルフィアO(SONY) 録音は1959年12月24日/ブロードウッドホテル,フィラデルフィア、プロデューサはハワード H.スコット。
オリジナルLP(CBS/MS-6298)のジャケットが表紙に、ウラ(表2)にはオリジナルLP(CBS/MS-6157)のジャケット、裏表紙(表4)にはMS-6298の英語解説書(ただし小さすぎてまったく読むことができない)が復刻されており、盤面もレコード盤仕様(COLUMBIA/STEREO⇔FIDELITY ロゴ入り)でレコード溝なども再現されている。
オイストラフが弾いたチャイコフスキーのコンチェルトは5~6種類あるようだが、この演奏が最も定評があるらしい。
そして聴いてみてびっくり、超名演だった。ヴァイオリン・ソロはひじょうに素晴らしく、オケも予想以上にまずまず、録音もこの時期にしては水準以上で、ある意味この曲の決定盤とも言える演奏ではないかと思う。
とにかくオイストラフのヴァイオリンは見事なもので、そのクリアでよく通る、密度の高く美しい音色、安定したテクニック、スケールが大きく流麗な音楽づくりにはすっかり魅了された。
フィラデルフィアOの音は木管などに一部もの足りなさがあるとはいえ、オーマンディの指揮ともども想像していたより普遍的な演奏をしており、曲を聴く上では特に不満もない。
しかし、この録音、終楽章に大幅なカットがある(アウアー版というらしい)。念のため第3楽章の省略箇所を以下に記す。
69~80小節、259~270小節、295~298小節、303~306小節、423~430小節、476~487小節
また、450小節からのポコ・ア・ポコ ストリンジェンド(最初のテーマに戻る直前)の後半からオリジナルはG線の低い方を弾くのだが、ここでは高音域から降りてくる装飾的なパッセージになっている。
さらに、第2楽章78小節アウフタクトからのメロディを一オクターヴ上げて演奏している(85小節前半まで)。

さて、終楽章のカットといえば、フェラスがソロを弾いたカラヤン盤を思い出したので、久しぶりに聴いてみた。
●クリスチャン・フェラス/カラヤン=ベルリン・フィル(DG) 録音は1965年11月、ベルリン イエス・キリスト教会。
まず、オイストラフとのあまりの音色の違いに驚く。フェラスの音色はクリアとは言い難く、音楽づくりもやや軟弱で、第2楽章などはかなり美しいが、終楽章のテーマの初めの八分音符を長めに弾いたりするのが耳につく・・。
しかし、この演奏の最大の聴きどころは往年のベルリン・フィルの木管群の音色の美しさとその巧さ。フルートは誰だかわからないが、Ob シュタインス、Cl シュテール、Fg ピースク(以上確度約80%の推定)らは随所で見事なソロを聴かせる。中でも、終楽章149小節、ヴァイオリンのソロに答えるファゴットのHの音色。とてもファゴットとは思えない丸くクリアな響きは他の演奏では絶対に聴けないもの。この音を聴くだけでもこのカラヤン盤を聴く価値はあると思う。
実は今回初めてスコアを見ながらこの録音を聴いたのだが、第2楽章のオクターヴ上げ、終楽章のカットはまったくオイストラフ盤と同様だったが、驚いたのは終楽章450小節ポコ・ア・ポコ ストリンジェンド、ここもオリジナルではない高音域から降りてくる華麗なパッセージを弾いているのだが、それにつながるのが460小節テンポ・プリモではなく、507小節までがカットされて508小節(580小節とあったのは誤り、6/19修正)へとつながっていること。さらに最後の最後、580~583小節の4小節分も抜けている。
断言はできないが、460~507小節は意図的なカットではなく、DGの編集ミスではないかも考えられる。私が持っているのはDG 423-224-2/KARAJAN EDITIONシリーズ(エリエッテ夫人の絵がジャケット)。その後リリースされた盤ではどうなっているのだろうか?

蛇足ではあるが、もう一つ驚いたことが今回あった。
私はディテールをチェックする時や、反復して何度も聴き直す時には、ラジカセにイアフォンを付けて聴くのだが、メインシステム(C-260,M06α,X-30,Turnberry)で聴いた時と、オイストラフの音色があまりに違っていたこと。
音が違うのは当たり前で、あえて比較しなくても分かっているのではあるが、今回驚いたのはヴァイオリンの音色の相対的な違いのあまりの大きさ。ラジカセ+イアフォンで聴いても、もちろんオイストラフの音色であることは分かることは分かるものの、他の奏者たちとの差はそれほど大きいとは感じられなかったのだが、メインシステムで聴くと、聴いた瞬間に「明らかに」有意な差を感じるくらいその違いが歴然と表れていた。
旋律線やハーモニー、リズムなどと違い、音色というのはやはり空気を伝わることにより聴こえ方が変わっていくのではないかと思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

cherubino
2013年06月19日 22:38
Zauberfloeteさま、こんばんは。少しお久しぶりです。
IMSLPにライプツィヒのRahter社によるアウアー編曲版(ピアノ伴奏版)がアップされており、これの第3楽章にいわゆる「コンポーザーの同意によるフィナーレのスキップ」部分が明示されていました。フェラス/カラヤン盤について、ご指摘のあったT460-508までの48小節のカットは、私の持つ別規格盤でもやはりカットされています。が、これは上記アウアー版(Rahter社版)のカット指示にも確かに見当たりません(ただし、T580-583の4小節はこの版にはカットの指示あり)。少し他の盤を聴いてみたところ、古いハイフェッツ/バルビローリ盤、エルマン/パレーのライブ盤も同じ48小説および4小節をカットしていましたので、もしかしてそういう伝統もあるのかもしれません。
ムター/カラヤン(すごいライヴ!)も聴いてみたところ、こちらも基本アウアー版に添ったカットで、T460-508の48小節はあり、T580-583はカットなしということで、Zauberfloeteさんが(その2)で聴かれたMidori/アバド盤と基本同じ譜面のように思いました(ただしムターはT450からのソロパッセージは、高いところにあがらないバージョン)。セッション録音はともかく、ライヴ盤ではまだアウアー・カットの伝統は命脈を保っているということでしょうか。
cherubino
2013年06月19日 22:50
たびたびすみません。上記コメントを読み返してみたら、「ムター/カラヤン(すごいライヴ!)も聴いてみたところ、こちらも基本アウアー版に添ったカットで、T460-508の48小節はあり、T580-583はカットなしということで、」の部分が少し言葉足らずのようでした。「T460-508の48小節」はカットなしで「演奏あり」という意味です。「T580-583」もカットなしで演奏ありです。コメントツリーを汚してごめんなさい。
2013年06月19日 23:01
cherubinoさま
お久しぶりです。いつもながら実証的な分析ありがとうございます。460~508小節をカットした演奏があるということはDGの編集ミスではないということなのでしょう。これに伴い、本文も一部(表記ミスもあったので)修正させていただきました。
あらためて、五嶋みどり盤のカット部分を明示しようと思います。なお、その3はムターの新旧聴き比べを予定しているのですが、まだ時間が取れません。
cherubino
2013年06月20日 19:33
Zauberfloeteさま、お返事ありがとうございます。
今後の考察の参考のために、Rahter社によるアウアー編曲版(ピアノ伴奏版)に記された作曲者公認?カットなるものを記しておきます(第3楽章)。
1)T69-80 12小節
2)T259-270 12小節
3)T295-298 4小節
4)T305-308 4小節
5)T421-430 10小節
6)T476-487 12小節
7)T580-583 4小節
の7カ所、計58小節になる計算です。
ただし、SonyのMidori/アバド盤につけられた作品解説(デイヴィッド・グレイソン、訳:渡辺正)によれば、
「また最終楽章は、アウアーによれば「作曲者の許可を得て」、7箇所、計56小節にわたってカットされていた。」
とあり、2小節合わない。ムター、Midoriが採用していない7)の4小節を抜かしても、やっぱり合わない。。。
ムター盤は私は大好きな盤です。というか、彼女以外のソロは私には曲芸に聞こえる(笑)。お忙しいとのことで恐縮ですが、Zauberfloeteさんのレビュー、気長にお待ちしておきます。
2013年06月21日 19:11
cherubinoさま
コメントありがとうございます。
ご指摘の
4)T305-308 4小節
については、どちらでも良いのですが、私は303~306小節と数えています。
問題は
5)T421-430 10小節
で、オイストラフや五嶋みどりを聴き直してみましたが、ここは423~430小節の8小節分をカットしています。
ここが2小節減れば全体の計算は合うのではないでしょうか。
cherubino
2013年09月14日 10:19
Zauberfloeteさま、こんにちは。良い連休をお過ごしでしょうか?
上記アウアー版について追加情報です。アカデミア・ミュージックのS社長さんに調べていただいたら、CARL FISCHERという出版社から同版のピアノ伴奏版が出ているということでしたので、引いてもらいました。それが一昨日届いたので調べてみましたら、やはりカット箇所の5)は、Zauberfloeteさんの聴き取りどおり!T423-430の8小節でした。これでアウアー・カットの箇所は、7箇所56小節で間違いないことがわかり、すっきりしました。ありがとうございました。
ちなみにこのアウアー版のオケ伴奏版は、available on rental と書いてあり、この出版社でもどうやらパート譜しか扱ってないのでしょう。
2013年09月15日 20:29
cherubinoさま
コメントありがとうございました。ご無沙汰いたしております。アウアー版のカットに関する詳細について、たびたびありがとうございました。
さて、私の所属しているオケでのノーカット版での演奏会、3週間後に迫っており、練習も仕上げの段階に入ってきました。ソロを弾くコンミス(プロの方)の演奏は素晴らしく、私も真剣勝負で取り組んでいます。

この記事へのトラックバック