カラヤン/リハーサル映像(1973年10月27日)

カラヤン=ベルリン・フィルの1973年10月の来日公演時に、NHKによって収録されたドレス・リハーサルの映像がYouTubeにアップされている。
http://www.youtube.com/watch?v=Xc4DA89zkcY&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=JnWl09zyKwE&feature=relmfu
この映像は、2008年に発売された「カラヤン生誕100周年記念BOX」に収められていたもので、このリハーサル映像を観たいがために、21000円もするセットを購入した人も少なくないだろう(私もその一人)。
この10月27日の公演の様子はその全曲がテレビで放送されたが、NHKにもその映像は残っていない(カラヤン側に返還)とのことで、このVTRが唯一のものだという。途中、映像と音声に乱れがあるが可能な範囲で修復されたらしい。
スコアも置かずリハーサルをするカラヤンはこの時65歳。ベルリン・フィルと最も良い関係の時期だったとも言われているが、さまざまな毀誉褒貶は別にして、この映像を観ているとカラヤンという人はやはり卓越した指揮者だったということがわかる。
なお、ここでのベルリン・フィル、全曲ゴールウェイがトップを吹いているが、ベルリン・フィルでのゴールウェイの映像というのも貴重なもので他にはほとんど存在しないのではないかと思う。それにしてもゴールウェイの存在感は凄いもので、フルート一本がここまでオケ(それもベルリン・フィル)全体の音色を左右してしまうものかとあらためて思う。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たけやん
2012年08月12日 05:32
カラヤンの映像作品には何故かゴールウェイの姿はあまり見られないのでこのドレスリハーサル映像は貴重ですね。
トランペット首席就任直後のクレッツァーや、一時期ベルリンを離れていたグロートもエキストラ?として参加しているようですね。
2012年08月12日 23:46
たけやんさま
コメントありがとうございます。カラヤンはヴィジュアル面でのゴールウェイが気に入らなかったらしく、映像作品にはほとんど登場しませんが、音はゴールウェイ、映像は別人というケースもあるようです。

この記事へのトラックバック