ノルベルト・ハウプトマン氏 ~ベルリン・フィル関連人事異動その2~

ハウプトマン氏が定年退職された(ベルリン・フィルのHPで確認)。
2007年5月に65歳を迎えており、下吹きホルン募集は以前から出されていたのでそろそろ退団されるとは思っていた。
ノルベルト・ハウプトマン氏は1942年にミュンヘンで生まれ、ハンス・ノース教授に師事。1962年にニュルンベルク交響楽団、翌年にはバイエルン州立オペラ管弦楽団首席ホルン奏者となる。1967年にはベルリン・フィルハーモニーの首席ホルン奏者に就任、同年ミュンヘン国際A.R.D.コンクールで最優秀賞を得る。その後、約30年以上に渡りベルリン・フィル首席ホルン奏者を務める。
私が最初に氏の演奏に出会ったのは、カラヤン=べルリン・フィルによるモーツァルト:協奏交響曲K297b(EMI/1971)。シュタインス、シュテール、ブラウン、ハウプトマンというソリストで、このレコードは本当に何度聴いたかわからないほど、私にとってこの曲の決定盤となっている。そして、私が初めて氏のナマの演奏を聴いたのは1973年のカラヤン=ベルリン・フィル来日時。 ザイフェルト氏の音色とは明らかに異なる、柔らかで包み込むような音色に魅力を感じたものだった。
その後もモーツァルト:管楽器のためのセレナーデ・ディヴェルティメント集(orfeo)の半分以上はハウプトマン氏が吹いていたし、フィルハーモニア・クァルテット・ベルリンとのモーツァルト:ホルン五重奏も名演だった。そしてヴィルブラント=ベルリン室内アカデミーとのモーツァルト:ホルン協奏曲集(Victor)、レコード時代はずいぶん聴いたのだが、CD化された時に買いそびれその後入手できないままでいる。また、映像作品としては、カラヤンとの「アルプス交響曲」(SONY/1983)での名演が特に忘れがたい。
http://zauberfloete.at.webry.info/200605/article_5.html
首席を降りて4番奏者に移られてからも、氏が座っているだけで何となく安心できる私だったが、また一人、カラヤン時代の名奏者が去っていく。ザイフェルト氏と二人でベルリン・フィルの黄金時代を支えたハウプトマン氏。長い間お疲れさまでしたとあらためて申し上げたい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

たけやん
2008年01月17日 21:39
再びコメント致します。ハウプトマン氏の
名前が消えていたのは私も気付いておりま
して、トイチュ氏やトローク氏に続いて
カラヤン=BPO黄金期を支えた奏者の
相次ぐ退団を落胆とも言える思いで受け止
めております。
私の氏の演奏に初めて接したのは小澤指揮の
93年のヴァルトビューネでの「火の鳥」の
ソロでした。首席を降りる前の頃と思うので
すが、「老兵」を思わせる面持ちと巧さを感
じるものでした。
全盛期思い出のディスクはテンシュテット指
揮シューマンの「コンツェルトシュトゥック」
です。名前がザイフェルト氏よりも先にクレ
ジットされていたので、トップは誰??と思
うのですが、これはクリア氏とコーレル氏合
わせてまさしく「怪物ホルンカルテット」と
言わざるを得ない驚愕の出来でした。
ヴィジュアルだけで「BPOじゃんか!」と
思わせる数少ない一人、これからの氏の活動
も気になりますが、まずは長年お疲れ様と
言いたいですね。では。
2008年01月18日 22:14
たけやんさま
コメントありがとうございます。テンシュテットのシューマン、私は未聴なのですが、確かに、ハウプトマン、クリエール、コーレル、ザイフェルトとクレジットされてはいますが、1stザイフェルト、2ndハウプトマン、という説もあるようです。実際にはどうだったのでしょうか?
たけやん
2008年01月19日 11:04
そうですね、本当のところどうなのでしょう?
恐らく1stザイフェルトが順当なところでしょ
うが…。バレンボイム&BPOの映像作品で
同じく「コンツェルトシュトゥック」を収録
したものがありますが、1stドール、2ndは
ゲストのクレヴェンジャーでしたね。ドール
も好きな奏者の一人です。早く辞めたりしな
いで欲しいのですが(笑)
さとし
2010年07月21日 13:58
昔、録音風景の写真か何かを見た記憶があるのですが、1番ザイフェルト、2番ハウプトマンだったと記憶しています。1、3楽章はハイFシングルで吹いているそうです。

この記事へのトラックバック