出羽桜大吟醸2005

久しぶりにちょっと良い日本酒を飲んだ。
外で飲めば普通のお酒でも倍以上するのだが、酒屋で買う時にやや躊躇してしまうのは根が貧乏性だからだろうか・・。
それはともかく、私はお酒というものは料理あってのお酒だと思っている。もちろん、グラッパにしても、ウィスキー、デザートワインなどは食事をしながら飲むお酒ではない。そうしたお酒も嫌いではないが、やはり食事をしながらお酒を飲むことによって両方の旨さがより引き立つことになる。だから、イタリアンの前菜盛合わせなどには辛口白ワインだし、こってり系の肉料理には何と言っても赤ワイン。そして、刺身などを始めとする和食には日本酒に優るお酒はない。まぐろの赤身に赤ワインも悪くはないが私は絶対に日本酒派である。日本酒の場合、ワインや焼酎などと比べるとやはり腰が弱いお酒なので、特に良いお酒の時はできるだけ料理は薄味に、醤油なども付け過ぎてはいけない・・。
さて、出羽桜は私の好きなブランドの一つで山形県天童市産のお酒。淡麗でいながらトロリとした味わい、フルーティな香りが素晴らしい。今日は少し冷やし方が足りなかったかも知れないが、ワインにしても特に夏は冷やし加減は難しい。小さいビンだったためあっと言う間に飲み終わってしまったが、何事ももう少し欲しいというところで止めておくのが良いのだろう。それにしても、結局お酒を飲まない日はないという毎日・・。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 伏見の清酒をオープンテラスで

    Excerpt: 京都の日本酒がおいしいお店の情報です♪そのほかの京都情報もぜひご覧下さい。 Weblog: 京都へようこそ、おこしやす racked: 2006-08-09 17:38