Zauberfloete 通信

アクセスカウンタ

zoom RSS Academy of St Martin in the Fields

<<   作成日時 : 2016/07/21 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

日本ではアカデミー室内管弦楽団などと訳されているこのオケ、
http://www.asmf.org/
すでに50年以上の歴史を持っている。現在でもグラハム・シーン(Fg)やティモシー・ブラウン(Hr)がメンバーのようだが、かつてこのオケにもゴールウェイが参加していたことがあったらしい。
ゴールウェイがオーケストラの中で吹いている音源のリスト
http://www.ne.jp/asahi/jurassic/page/mate/galway_orch/top.htm
というサイトがあり、1967年に録音されたハイドンの楽曲に、Academy of St Martin in the Fieldsのメンバーとしてゴールウェイが参加しているという情報が出ている。1967年といえば、ゴールウェイがロンドン交響楽団からロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団に移った頃。曲目は下記の通り。
○ヨーゼフ・ハイドン:6つのアルマンド
○ヨーゼフ・ハイドン:トランぺット協奏曲変ホ長調
○ミヒャエル・ハイドン:6つのメヌエット
今回、ヨーゼフ・ハイドンの2曲が入っているCDを購入した(オケの中の特定のプレーヤーの音を聴きたくてそのCDを購入するというのも普通ではないが・・)。「6つのアルマンド」の方は特にフルートは目立ってはいないが、トランペット協奏曲の方は明らかにゴールウェイが吹いていることがわかる。演奏も素晴らしい。
なお、トランペットのソロを吹いているアラン・ストリンガー(1928〜2012)という人は、ロンドン響、ロイヤル・リヴァプールPOなどの首席を務めた人。
また、ミヒャエル・ハイドンの方は以前からCDを持っていたので、あらためて聴き直してみたが「6つのメヌエット」も特にフルートが聴こえる曲ではない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
購入CD(2016/7〜2017/6)
この一年間で購入したCDは下記の13点のみで、年間200〜300枚くらい購入していた頃と比べると隔世の感がある。新譜を含め発売されるCD点数が大幅に減少していることもあろうが、個人的に欲しいと思える録音がほとんど出てこなくなったという事情もある。また、YouTubeなどパソコンで聴いたり、図書館でCDを借りたりなど過去にはしていなかった方法で音楽を聴いているという環境もある。 が、私自身、音楽を聴く時間が減少しているかと考えてみると、確かに、メインシステムで自分の好きな曲を聴く時間は減少... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2017/07/18 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Academy of St Martin in the Fields Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる