アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Zauberfloete 通信
ブログ紹介
・性別:男、血液型:O、星座:おうし座、品川在住
・趣味:音楽鑑賞/ファゴット演奏/ワイン/美術鑑賞/読書/占星学
・好きな作曲家:モーツァルト/バッハ/ハイドン/ベートーヴェン/ヴィヴァルディ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展
パリ グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展 「パリ♡グラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」を観た(三菱一号館美術館)。 ロートレックは過去何回もその展示を観ているが、久しぶりのこともあり ちょっと出かけてみた。 http://zauberfloete.at.webry.info/200802/article_5.html http://zauberfloete.at.webry.info/200911/article_14.html 本展は19世紀末パリが舞台、版画/リトグラフやポスターなどの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/12 21:41
「冬の旅」/波多野睦美
シューベルト:「冬の旅」、タナを探したところ下記のディスクが見つかった。 ○ディースカウ/バレンボイム(DG/1979) ○ディースカウ/ブレンデル(PHILIPS/1985) ○シュライアー/シフ(DECCA/1991) ○ゲルハーエル/フーバー(ARTE NOVA/2001) ○ゲルネ/ブレンデル(DECCA/2003) ○カウフマン/ドイチュ(SONY/2013) 上記の中で最も回数多く聴いてきたのは、ディースカウ/バレンボイム盤。この演奏が私にとって「冬の旅」の規範になって... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/11 22:14
NHK音楽祭2017/ペトレンコ=バイエルン国立歌劇場管弦楽団
録画しておいた「プレミアムシアター」をやっと観た。NHK音楽祭2017でのキリル・ペトレンコ=バイエルン国立歌劇場管弦楽団演奏会。曲目等は下記の通り。 ●マーラー:「こどもの不思議な角笛」から 「ラインの伝説」、「トランペットが美しく鳴り響く所」、「浮き世の生活」、「原光」、「むだな骨折り」、「死んだ鼓手」、「少年鼓手」/マティアス・ゲルネ ●ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」第1幕(演奏会形式) ○ジークムント:クラウス・フロリアン・フォークト ○ジークリンデ:エレーナ・バンクラトヴ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/08 22:47
鈴木秀美=オーケストラ・リベラ・クラシカ
録画しておいた「クラシック音楽館――オーケストラ・リベラ・クラシカ演奏会」をやっと観た。曲目等は下記の通り。 ○ハイドン:歌劇「無人島」序曲 ○モーツァルト:前奏曲ハ長調K284a ○モーツァルト:ピアノ協奏曲第9番変ホ長調K271 ○C.P.E.バッハ:ソルフェッジョ ハ短調Wq.117-2 ○モーツァルト:交響曲第40番ト短調K550(第1稿、第3段階) ○ハイドン:交響曲第83番ト短調「めんどり」から第3楽章 ○管弦楽:オーケストラ・リベラ・クラシカ ○タンゲンテンフリュー... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/07 22:28
「北斎とジャポニスム」展
「北斎とジャポニスム」展 「北斎とジャポニスム」展を観た(国立西洋美術館)。 北斎が西洋美術に与えた影響を「北斎とジャポニスム」という観点から再構成した企画。モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンをふくめた西洋の名作約220点と、北斎の錦絵約40点、版本約70点の計約110点の展示。 すべてが北斎の作品との対比という観点から展示されており、皿や花器の図案としてそのまま引用されたものから、北斎漫画などの人体ポーズを参考にしたもの、錦絵等の構図からヒントを得たものなどなど、レベルは様々。中でもやはり「神奈川沖浪裏」に刺激され... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/06 22:06
プロフェッショナル 仕事の流儀「バイオリニスト・樫本大進」
「プロフェッショナル 仕事の流儀「バイオリニスト・樫本大進」」を観た(NHK総合)。たまたま番宣でこの放送を知ったため観ることができたが、危うく見逃すところだった。 内容的に、マニアにとっても十分見応えのあるものだった。まず、ベルリン・フィルのリハーサル風景(2017年6月)。リュドヴィク・モルローという知らない指揮者(ネゼ=セガンの代役)だったが、樫本始め団員の様子などが分かり興味深かった。あと、「新世界」第4楽章のボウイング。先入観なく考えるとやはり一拍目は樫本の言う通りダウンからの方が素... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/05 20:51
奈良/奈良公園(東大寺、春日大社)→談山神社→室生寺
奈良/奈良公園(東大寺、春日大社)→談山神社→室生寺 旅行最終日、以前は雨の予報だったが朝から曇り。奈良公園には9:30頃到着。 私にとって奈良は初めて訪れる地。中学校の修学旅行で行く予定だったが事情により中止となったという経緯がある。 東大寺南大門から大仏殿へ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 18:12
京都/東寺→銀閣寺→禅林寺(永観堂)→南禅寺
京都/東寺→銀閣寺→禅林寺(永観堂)→南禅寺 旅行二日目は朝から曇りで時おり雨がパラつく悪天候。彦根のホテルからバスで京都へ向かう。 まず東寺へ。教王護国寺とも言われる真言宗総本山。新幹線から見える五重塔で知られる。その高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さとのこと。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 18:02
湖東三山/百済寺→金剛輪寺→西明寺
湖東三山/百済寺→金剛輪寺→西明寺 最初の目的地である湖東三山は琵琶湖近くなのだが、ツアーは三河安城駅からスタート。静岡から先のこだまには初めて乗ったが、品川から三河安城まで約2時間25分近くかかる。 湖東三山(ことうさんざん)は、滋賀県湖東地方の西明寺、金剛輪寺、百済寺(ひゃくさいじ)の三つの天台宗寺院の総称。琵琶湖の東側、鈴鹿山脈の西山腹に位置し、百済寺の南東に位置する永源寺と共に紅葉の名所として知られている。(Wikipedia) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 17:55
京都 奈良 滋賀/紅葉めぐり
京都 奈良 滋賀/紅葉めぐり 紅葉を観に関西方面へ出かけた(11/28〜30)。 10年くらい前に京都に行った時は、すべて自分で計画してあちこち周ったのだが、今回は決めたのが遅かったこともあり、お手軽で簡単なツアー参加。 奈良だけにしようかとも思ったが、行ったことのない湖東三山という言葉に惹かれて滋賀→京都→奈良の旅となった。 ほとんどの参加者が一見して私より年長の方々ばかりではあったが、意外に歩く(それも石段が多かった)こととなり、初日:10,000歩、二日目:13,000歩、三日目:16,000歩と、普段の2〜... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/03 17:49
最近読んだ本 2017/11
●「ファンダメンタルな楽曲分析入門」沼野雄司著(音楽之友社/2017.10) ファンダメンタル(原理的)な次元で音楽形式を説明する内容。ベートーヴェンのピアノソナタを素材にその形式について分析されている章についてはある程度理解できたが、現代音楽の分析の章は読み飛ばすこととなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/12/01 21:49
秋の演奏会(その3)終了
この秋3回目の演奏会を終えた(11/26)。バッハのカンタータ全曲演奏を目指している団体で、曲目は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第98番「神の御業はすべて善し」BWV98 ○バッハ:カンタータ第190番「主に向かって新しき歌をうたえ」BWV190 ○バッハ:マニフィカト変ホ長調BWV243a 今回の指揮者は初めての若い方。いつもの指揮者の方とアプローチはやや異なるものの、本質的なところでは共通するものも感じられた。この団体での演奏会も今回で7回目。ようやく最近になってバッハや通奏低音... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/27 21:37
ザルツブルク音楽祭2017/歌劇「アイーダ」
録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はザルツブルク音楽祭2017の「アイーダ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ヴェルディ:歌劇「アイーダ」(全4幕) ○エジプト王(バス):ロベルト・タリアヴィーニ ○アムネリス(メゾソプラノ):エカテリーナ・セメンチュク ○アイーダ(ソプラノ):アンナ・ネトレプコ ○ラダメス(テノール):フランチェスコ・メーリ ○ランフィス(バス):ドミートリ・ベロセルスキー ○アモナズロ(バリトン):ルカ・サルシ ○エジプト王の使者(テノール):... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/14 20:40
秋の演奏会(その2)終了
この秋2回目の演奏会を終えた(11/11)。ハイドンのシンフォニー全曲演奏を目指すオケで、曲目は下記の通り。 ○ハイドン:交響曲第38番ハ長調 ○ハイドン:交響曲第48番ハ長調「マリア・テレジア」 ○ハイドン:ミサ曲ハ長調「祝福された聖処女マリアの賛美のミサ・チェレンシス」 おそろしくマニアックなプログラムであったにもかかわらず多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の念を表したい。ありがとうございました。 今回のシンフォニーも、ファゴット独立パートはなく、すべてバッソの一員として... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/12 23:41
「通奏低音弾きの言葉では、」
鈴木秀美著、アルテスパブリッシングから2017年5月に発刊されている。 あとがきによれば、業界では通奏低音奏者のことを「絶滅危惧種」と呼ぶのだそうだ。私もある団体で通奏低音を担当するようになってから3年が経つ。バッハのカンタータをチェロ、コントラバス、オルガンの方々と一緒に演奏するのだが、通奏低音は初心者だったこともあり、これまで指揮者の方の指導、周りの方々の助言などをいただだきながら結構苦労している。 本書の著者は通奏低音奏者の第一人者と言うべき鈴木秀美氏。学生時代から現場での長い経験を積... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/11/07 21:56
ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜
ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜 「ゴッホ展〜巡りゆく日本の夢〜」を観た(東京都美術館)。オランダ、ゴッホ美術館との国際共同プロジェクトということで、浮世絵などを通じた日本との関係に焦点を当てた企画。油彩画やデッサン40点、同時代の画家の作品や浮世絵など約50点などの展示。 「花魁」始め、「寝室」、「種まく人」、「画家としての自画像」、「男の肖像」などの有名作品から、先日箱根で観たばかりの「ヴィゲラ運河にかかるグレーズ橋」、 http://zauberfloete.at.webry.info/201706/article... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/03 21:38
NHK音楽祭2017/歌劇「ドン・ジョヴァンニ」
録画しておいた「プレミアムシアター」をやっと観た。NHK音楽祭2017での歌劇「ドン・ジョヴァンニ」、声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ドン・ジョヴァンニ:ヴィート・プリアンテ ○騎士長:アレクサンドル・ツィムバリュク ○ドンナ・アンナ:ジョージア・ジャーマン ○ドン・オッターヴィオ:ベルナール・リヒター ○ドンナ・エルヴィーラ:ローレン・フェイガン ○レポレッロ:カイル・ケテルセン ○マゼット:久保和範 ○ツェルリーナ:三宅理恵 ○合唱:東京オペラシンガーズ ○管弦楽:NHK... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/11/01 21:36
最近読んだ本 2017/10
●「ティンパニスト かく語りき」近藤高顯著(学研プラス/2017.9) 著者は新日本フィルの首席ティンパニ奏者。ベルリンに留学し、オスヴァルト・フォーグラーに師事した。音楽家になろうとした経緯から始まり、ベルリン留学時代の話、ベルリン・フィルへのエキストラ出演の話、帰国後の日本のオケでの現場の話など、ひじょうに興味深い内容。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/31 20:40
狩野元信展
狩野元信展 狩野元信展を観た(サントリー美術館)。 http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/2017_5/ 狩野派は、足利義政に仕えた狩野正信とその嫡男・狩野元信、元信の孫の狩野永徳、永徳の孫の狩野探幽と続く訳だが、元信はその二代目。 父正信は中国絵画を規範とする漢画系の絵師だったが、元信は加えて大和絵の分野にも幅を広げた結果、襖や屏風などの大画面から絵巻や扇絵といった小画面までの多様な注文に対応できるようになったという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/30 22:17
音大教授/ソリスト/コンマス・首席他
ベルリン・フィルを途中/定年前に退団する人は、大きく3つのタイプに分けられる。 @音大教授職へ転身:ブランディス、クスマウル、ブラッハー、グロートほか Aソリストとして独立:ゴールウェイ、バボラク、ブラウンシュタインなど(なお、シュテフェンス、シェレンベルガーなど指揮者に転身した人もいる) B他のオケへ移籍 以上の中で他のオケに移籍というケースは、通常であれば、より格上のオケに移って行くということになるのだが、ベルリン・フィルのようなトップクラスのオケの場合、それより上はない訳で敢えてそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2017/10/28 22:21

続きを見る

トップへ

月別リンク

Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる