アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Zauberfloete 通信
ブログ紹介
・性別:男、血液型:O、星座:おうし座、品川在住
・趣味:音楽鑑賞/ファゴット演奏/ワイン/美術鑑賞/読書/占星学
・好きな作曲家:モーツァルト/バッハ/ハイドン/ベートーヴェン/ヴィヴァルディ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」展
「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」展 「カンディンスキー、ルオーと色の冒険者たち」展を観た(パナソニック汐留ミュージアム)。 20世紀初め、ルオーとカンディンスキーは、フォーヴィスムとドイツ表現主義の拠点となった展覧会で、互いの運動への関心を深めていたという。色とかたちを軸として、カンディンスキーを中心とするドイツ表現主義とルオーが共鳴するさまを探る初の試みという展覧会。 ルオーが描く、キリスト、道化師などをモチーフとした厚塗りの絵画とドイツ表現主義はあまり関連がないようにも思えたが、今回、ルオー:「戦に出発する小さな女曲馬... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/20 22:28
デスカントホルン
デスカントホルン descant/デスカントとは、辞書的には下記のような説明がされている。 @中世・ルネサンスの多声音楽でテノールの定旋律の上に歌う対位旋律 A対位声部書法 B多声楽曲の最高声部、ソプラノ また、ソプラノ譜表(ハ音記号で第1線がハとなる)はデスカント・クレフと呼ばれる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/17 21:17
ホリデー快速富士山号
ホリデー快速富士山号 日曜の午前中に立川で練習があったので、新宿から「ホリデー快速富士山」号に乗車した。 富士急行がJR中央線との直通運転を行い、新宿〜河口湖を乗り換え無し、約2時間で結んでいる。 http://www.fujikyu-railway.jp/train/holiday_kaisoku_2017.php 運用車両は189系M50編成。189系といえば私にとっては特急「あさま」として何回も乗った車両。しかし本列車は自由席であれば普通乗車券のみで利用できる(指定席:1号車/自由席:2〜6号車)。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/16 21:54
ハイドン:交響曲第48番ハ長調
11月の演奏会でこの曲を演奏する。今回使用するのはトランペット、ティンパニが除かれている版。私もよく知らなかったのでちょっと編成について調べてみた。 以下、cherubinoさんのブログ http://gospels.cocolog-nifty.com/classic/2014/08/22-98e6.html を参考にさせていただいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/12 21:01
ライプチヒ・バッハ音楽祭2017/ミサ曲ロ短調
録画しておいた「プレミアムシアター」前半をやっと観た。「ライプチヒ・バッハ音楽祭2017」、ブロムシュテットのロ短調ミサ。ソリストなどは下記の通り。 ○バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232 ○ソプラノ:クリスティーナ・ランツハーマー ○アルト:エリーザベト・クールマン ○テノール:ヴォルフラム・ラトケ ○バス:ルカ・ピザローニ ○合唱:ドレスデン室内合唱団 ○管弦楽:ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 ○指揮:ヘルベルト・ブロムシュテット ○収録:2017年6月18日/聖トーマス... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/10 21:24
バルセロナ→フランクフルト→羽田
バルセロナ→フランクフルト→羽田 旅行の最終日。朝、出発前にホテルの部屋から見た夜明け(午前8時頃)。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/08 23:55
バルセロナ/サグラダ・ファミリア
バルセロナ/サグラダ・ファミリア 観光の最後に訪れたのはサグラダ・ファミリア聖堂。 これまで、繰り返し何度も写真や映像でその姿を見てはきたが、やはり実際にその場に行って見てみるとその大きさと言うか存在感に圧倒される。 「素晴らしい」の一言では言い表せない、敬虔な気持ちとともに荘厳さ、厳粛さ、歴史の重みなどを感じざるを得ない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2017/10/06 20:13
バルセロナ/グエル公園、カサ・ミラ
バルセロナ/グエル公園、カサ・ミラ 旅行六日目、8:30にはホテルを出発し、最終目的地バルセロナへ向かう。バレンシアからバルセロナへは約360km、バスで約5時間の道のり。 バルセロナへ到着したのは14時頃、昨日までは雨だったようだが今日は晴れ。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/06 20:10
グラナダ/アルハンブラ宮殿→バレンシア
グラナダ/アルハンブラ宮殿→バレンシア 旅行五日目。朝一でアルハンブラ宮殿へ。 「赤い丘」と呼ばれる高台に建つ、中世のイスラム建築を代表する宮殿。 14世紀に建設された宮殿の中心である「ナスル宮殿」、グラナダ陥落後にカルロス1世によって建てられたルネサンス様式の「カルロス5世宮殿」、9世紀以降に要塞として築かれた「アルカサバ」、そして王家の夏の別荘の「ヘネラリフェ」の4つに分かれている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/06 20:03
マラガ
マラガ マラガに到着したのは午後2時頃。 マラガはグアダルメディナ川の河口に位置する、アンダルシア州マラガ県の県都、国際的なリゾート地 コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の中心地であり、ピカソが生まれ育った街として有名。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/06 20:01
ミハス
ミハス 旅行四日目、グラナダのホテルからバスで南西へ160km、ミハスという村へ向かう。 アンダルシアには、強い陽射しを避けるため家を白く塗る伝統があるという。丘の上や崖に囲まれた場所に「白い村」が築かれているが、中でも最も有名な村がミハス。真っ白な壁、窓辺を飾る花、モザイク模様の石畳の小路などが美しい。 広場へ続く通りは、土産物店、カフェ、レストランなどが並び、観光客でひじょうに賑わっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/06 19:48
ラ・マンチャ地方→コルドバ→グラナダ
ラ・マンチャ地方→コルドバ→グラナダ 旅行三日目、マドリッドのホテルを8時に出発し、バスで約2時間南下して行くと「ドン・キホーテ」の舞台となった カスティーリャ・ラ・マンチャの赤茶けた平原が広がる。 風車のあるコンスエグラという町。11基の風車と城が、丘の尾根に沿って並んでいる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/05 21:23
トレド
トレド 旅行二日目の午後はトレド観光。 マドリッドから南へ約70km、三方をタホ川に囲まれ、1561年に首都がマドリッドに移るまで、政治・経済の重要な拠点として繁栄した。エル・グレコが後半生を送ったことでも有名な街。 南側から見るトレドの街の全貌。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/05 21:20
マドリッド/プラド美術館
マドリッド/プラド美術館 マドリッドは夜明けが遅く、8時を過ぎないと明るくならない。 旅行二日目、朝は気温も低く、体感10℃くらい。8:30にはホテルを出発し、まず王宮周辺から観光スタート。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/05 21:15
羽田→ミュンヘン→マドリッド
羽田→ミュンヘン→マドリッド 今回のツアーは羽田発着。片道30分程度で行けるので成田に比べればはるかにラクで、海外に行くという気がしない。 ルフトハンザの使用機材はエアバスA340-600。12:30過ぎほぼ定刻通りに出発し、ミュンヘンまでは約12時間。機内はほぼ満席。身動きがとれないのはやはり辛いが、この飛行機、私は初めてだったが、トイレが中央階下(地下)にまとめて5室あり、そこまで歩いて行き階段を上下するのが多少の気分転換にはなった。私は確認できなかったがその奥にはCAさんの休憩室もあるらしい。 ヴィジュアル/オ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/10/05 21:12
スペイン旅行
スペイン旅行 9/22〜29までスペインを旅行した。マドリッド →トレド →コルドバ →グラナダ →ミハス →マラガ →グラナダ →バレンシア →バルセロナ というルート。私にとって初めてのスペイン。実は5月に行く予定で申込金まで払い込んでいたのだが、やむを得ない事情でキャンセル。その後バルセロナでテロが起きたものの今回を逃すともう行けない気がしたので予定通り参加することにした。 ドイツ、クリスマスマーケット以来の約2年ぶりのヨーロッパ。歳をとるにつれて飛行機での往復が辛くなるため、今回も行くまでが億劫... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/10/05 21:10
最近読んだ本 2017/09
9月はいろいろと予定があったため、読んだ本も少なかった。図書館で借りたが読み終えられなかった本、予約したが取りに行けないままキャンセルされてしまったものも少なからずあった。10月は読書の時間を多くしたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/10/01 23:32
清宮質文展
清宮質文展 清宮質文展を観た(京橋 南天子画廊)。今年生誕100年を迎えた清宮、約30点の小規模な展示ではあったが、久しぶりのまとまった展示に十分満足した。「さまよう蝶」、「行手の花火」など私の特に好きな作品、さらに「夕日と猫」は摺りの異なる二つのバージョンも観ることができた。なお、元々当画廊の個展で発表されたという木版画集「暗い夕日」を用いた1973年のカレンダーも販売されていたので購入する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/21 21:07
ヘンゲルブロック/=NDRエルプ・フィル/ブラームス4番
ハンブルクに新しくできたエルプ・フィルハーモニーで昨年11月に録音されたヘンゲルブロック=北ドイツ放送エルプ・フィルハーモニー管弦楽団によるブラームス3・4番のCD(SONY)を図書館で借りてきた。 第4を聴き始めてびっくり。作曲者自身によって削除された4小節の序奏が演奏されている。 この「幻」の序奏の存在は知っていたが、実際に聴くのは初めて。本CDには木幡一誠氏他による詳細なライナーノーツが付いているので以下に抜粋する。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/20 21:15
オランダ国立歌劇場公演/楽劇「サロメ」
録画しておいた「プレミアムシアター」をやっと観た。今回はオランダ国立歌劇場公演/「サロメ」、声楽ソリスト等は下記の通り。オランダ国立歌劇場というのはあまり聞いたことがないが、オケはコンセルトヘボウ。 ○ヘロデ(ユダヤの領主):ランス・ライアン ○ヘロディアス(領主の妻):ドリス・ゾッフェル ○サロメ(ヘロディアスの娘):マリン・ビストレム ○ヨカナーン(予言者):エフゲーニ・ニキーチン ○ナラボート(若いシリア人 護衛隊長):ペーター・ゾン ○ヘロディアスの小姓:ハンナ・ヒップ ○... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/09/18 21:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる