アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Zauberfloete 通信
ブログ紹介
・性別:男、血液型:O、星座:おうし座、品川在住
・趣味:音楽鑑賞/ファゴット演奏/ワイン/美術鑑賞/読書/占星学
・好きな作曲家:モーツァルト/バッハ/ハイドン/ベートーヴェン/ヴィヴァルディ

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
ハイドンの交響曲におけるフルート使用法について
ハイドンの交響曲において、初期のものには「朝」「昼」「晩」の3部作および数曲を除きフルートはほとんど使われておらず、1770年代後半になると1本のフルート、第93番以降は概して2本のフルートが使われている(第95,98番は1本)。 初期〜中期の作品においてフルートが活躍する楽曲は、第24番、第30番、第41番の第二楽章など、また第7、9番はじめいくつかの楽曲には2本のフルートによるソリが書かれている。さらに、パリセット、ザロモンセットなどにも印象的なフルート・ソロが散りばめられているが、個人的... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/15 21:59
ターナー展
ターナー展 ターナー展を観た(損保ジャパン日本興亜美術館)。 https://turner2018.com/ 2013年の展覧会以来の久しぶりのターナー。 http://zauberfloete.at.webry.info/201312/article_10.html?pc=on 今回は、「地誌的風景画」「海景‐海洋国家に生きて」「イタリア‐古代への憧れ」「山岳‐あらたな景観美をさがして」という4つの章構成、水彩、油彩、版画作品約120点の展示。 ターナーの作品を観ていると、あらためてクールベ、モ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/14 21:03
ザルツブルク復活祭音楽祭2018/「トスカ」
録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は「ザルツブルク復活祭音楽祭2018」でのプッチーニ:「トスカ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○トスカ:アニヤ・ハルテロス ○カヴァラドッシ:アレクサンドルス・アントネンコ ○スカルピア男爵:リュドヴィク・テジエ ○アンジェロッティ:アンドレア・マストローニ ○教会の番人:マッテオ・ペイローネ ○スポレッタ:ミケルディ・アチャランダバソ ○シャローネ:ルーペルト・グレージンガー ○看守:レヴェンテ・パール ○羊飼いの少年:ベンヤ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/11 20:58
ハイドン:交響曲第100番ト長調「軍隊」
来月の演奏会でこの曲を演奏する。第85番以降では、第92,93,98,99番とこの曲がまだ演奏したことがない曲として残されている。厳密に言えば第2楽章のみ、学生時代に演奏したことがあるのだが全曲は今回が初めて。以下、曲の概要についてレビューしてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/06/08 21:43
ジョルジュ・ブラック展
ジョルジュ・ブラック展 ジョルジュ・ブラック展〜絵画から立体への変容/メタモルフォーシス〜」を観た(パナソニック汐留ミュージアム)。 https://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/18/180428/pdf/leaf.pdf ジョルジュ・ブラック(1882〜1963)といえばキュビズムくらいしか頭になかったが、その最晩年に、絵画から変容した立体作品――ジュエリーや陶磁器、彫刻などに取り組んだという。今回は、これらの「メタモルフォーシス」と呼ばれる作品群約90点の展示。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/06/01 21:32
最近読んだ本 2018/5
●「トイ楽器の本」良原リエ著(ディスクユニオン/2018.04) トイピアノ、アコーディオン、オルガン、ハーモニカなど子供用のおもちゃ楽器の本。写真と解説で興味深い内容となっている。著者はアコーディオン奏者。本書で紹介されている楽器の音は下記のサイトで聞くことができる。 http://tricolife.com/toymusic/ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/31 21:47
ポール・メイエ/モーツァルト:クラリネット協奏曲
録画しておいた「読響シンフォニックライブ」を観た。今回はポール・メイエのソロによるモーツァルト:クラリネット協奏曲、「春の祭典」他。 http://www.ntv.co.jp/yomikyo/backnumber/20180517.html レ・ヴァン・フランセでは何となく影の薄いメイエだが、 http://zauberfloete.at.webry.info/201805/article_8.html ソリストとして演奏するのは初めて観た。 確実で安定した技術、装飾は一切付けず、ルバ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/30 21:15
ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2018 in バイロイト
録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2018 in バイロイト。歴史を感じさせる美しい歌劇場だった。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番作品72 ○ワーグナー:ウェーゼンドンクの五つの詩 ○ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調作品60 ○ベートーヴェン:「プロメテウスの創造物」序曲 (アンコール) ○ソプラノ:エヴァ・マリア・ウェストブレーク ○管弦楽:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ○指揮... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/28 23:12
「ヌード/NUDE」展
「ヌード/NUDE」展 「ヌード」展を観た(横浜美術館)。 https://artexhibition.jp/nude2018/ 英国テートの所蔵作品による、19世紀後半のヴィクトリア朝の神話画や歴史画から現代の身体表現まで、西洋美術の200年にわたる裸体表現とその変化を絵画、彫刻、版画、写真など約130点で辿る展示。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/25 20:36
レ・ヴァン・フランセ/モーツァルト:協奏交響曲K297b
レ・ヴァン・フランセ/モーツァルト:協奏交響曲K297b レ・ヴァン・フランセによるモーツァルト:協奏交響曲K297bのCD(WARNER/2017)を聴いた。軽やかで愉悦感に富んだユニークな名演と思う。 最も驚いたのがオダンのバソンの音色。誰が聴いてもファゴットとしか思えないもので、ここまでしなくても(?)と個人的には思った。もちろん、技術的/音楽的に申し分ないのであるが・・・。 ルルーはいつもながら思い切り歌うルルー調(?)。装飾つけまくりの演奏にはやや閉口する。音色は一時よりはやや厚めの感じにはなっている。 ヴラトコヴィチ、楽器はパックスマ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/05/23 23:03
これまで/現在の使用楽器
これまで/現在の使用楽器 私のファゴット演奏歴は のべ約28年くらいになる(途中長い中断あり)が、その間さまざまな楽器を使用してきた。 まず、高校オケに入って最初に吹いた楽器は学校が所有していた 怪しげな中国製。一応、何とか動く(?)楽器ではあったが、当時は他のメーカーの楽器を知らなかったので良いか悪いのか判断がつかなかった。それ以上に苦労したのがリード。現在のように「使える」完成リードはまったく売っていなかったので、「バスーンのテクニック」という本を参考に自分で作るしかなかった。 学校が2台目に購入した楽器も、1台... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/22 21:10
エクサン・プロヴァンス音楽祭2017/「カルメン」
録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は「エクサン・プロヴァンス音楽祭2017」、ビゼー:「カルメン」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○カルメン:ステファニー・ドゥストラック ○ドン・ホセ:マイケル・ファビアーノ ○ミカエラ:エルザ・ドライシヒ ○エスカミーリョ:マイケル・トッド・シンプソン ○フラスキータ:ガブリエル・フィリポネ ○メルセデス:ヴィルジニー・ヴェレーズ ○スニーガ:クリスティアン・ヘルマー ○モラーレス:ピエール・ドアイヤン ○ダンカイロ:ギヨーム・... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/20 21:42
春の演奏会(その4)終了
この春4回目の演奏会を終えた(5/13)。ひじょうな悪天候の中、多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 バッハのカンタータ全曲演奏の一環としての今回の演奏会、曲目は下記の通り。 ○J.S.バッハ:カンタータ第6番「留まり給えわれらのもとに、はや夕暮れとなろうとし」”Bleib bei uns, denn es will Abend werden”, BWV6 ○J.S.バッハ:カンタータ第56番「喜んで十字架を担わん」”Ich will ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/14 23:21
ハイドン:「朝」「昼」「晩」
「クラシック音楽館」は井上道義指揮 オーケストラ・アンサンブル金沢演奏会(2018年3月19日/サントリーホール)。プーランクは別として、ハイドンの「朝」「昼」「晩」は、聴き応えのある好演だったと思う。井上の指揮は視覚的にはあまり好きになれないが、アンコールに武満徹の「ワルツ」を持ってきたところは心憎いものがあった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/06 23:35
フンメル:トランペット協奏曲
フンメル:トランペット協奏曲 録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はヤンソンス=バイエルン放送響演奏会。2曲目にこの曲が演奏された。ソロは当オケ首席奏者のマルティン・アンゲラー。 アンゲラーは1977年グラーツ生まれ、2007年シュターツカペレ・ベルリン首席、2011年からバイエルン放送響首席。 https://www.br-so.com/instrumentation/martin-angerer/ アンゲラーは軽々と余裕綽々のリラックスした吹き姿で、まったく疲れを見せず、完璧に吹きこなしていた。見事... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/03 23:02
秋の演奏会 曲目決定
年内に予定されている本番(演奏会)は現時点であと10回くらいあるのだが、そのうち未だ決まっていなかった11月の演奏会の曲目がやっと決定した。その中に含まれているのが バッハのカンタータ第177番「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」。三位一体節後第4日曜日のためのカンタータで、1732年7月6日に初演されたというこの曲、第4曲テノールのアリアにはヴァイオリンとファゴットのオブリガートが付いている。 以前演奏した第155番のようなファゴットと通奏低音だけの曲ではないものの、ファゴットがかなり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/02 21:45
タイユ
タイユ 再来週のコンサートで演奏するバッハのカンタータ第6番、第56番、第186番はいずれもオーボエ属の楽器が3本使われるのだが、オーボエ2本に加え、3番目の楽器として第6番ではオーボエ・ダ・カッチャ、第56、186番では、Taille(タイユ)とスコアには書かれている(いずれもハ音記号で記譜)。 オーボエ・ダ・カッチャはテノール・オーボエの一種(F管)で、動物の角のようにカーヴした管に大きく広がったベルがついており、その外観からイタリア語で「狩りのオーボエ」を意味する名前がついたという。 ht... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/01 22:06
最近読んだ本 2018/4
4月は比較的時間があったにもかかわらず、あまり本を読めなかった。結局、図書館に予約していた本がどの程度用意された(順番がまわってきた)かにも因る。概して、忙しい時に読みたい本がいっぺんに用意されることが少なくない。 ●「肺年齢を若くしてセキぜんそく・誤嚥性肺炎から守る 長引くセキを治す正しい知識と最新治療」大谷義夫著(日東書院本社/2018.3) 長引く咳の原因、カゼと肺炎の違いなど、高齢者にとっては深刻な呼吸器系疾患についてわかりやすく説明されている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/30 22:08
ギュンター・ヘグナー氏ご逝去
ウィーン・フィルのサイトに訃報が掲出されている。 https://www.wienerphilharmoniker.at/orchestra/philharmonic-journal/year/2018/blogitemid/1302/cid/5/page/1/pagesize/20 ヘグナー氏が4/16に亡くなられたとのこと。享年74歳。氏は1943年ウィーン生まれ、1965年ウィーン・フォルクスオパーO、1967年ウィーン国立歌劇場O、1971年から首席奏者。アンサンブル・ウィーン・ベル... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/24 20:57
アレーナ・ディ・ヴェローナ野外オペラ・フェスティバル2017/ナブッコ
録画しおいた「プレミアムシアター」をやっと観た。今回は「アレーナ・ディ・ヴェローナ野外オペラ・フェスティバル2017/ナブッコ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ヴェルディ作曲 歌劇「ナブッコ」(全4幕) ○ナブッコ(バビロニア王):ジョージ・ギャグニッザ ○アビガイルレ(ナブッコが奴隷に産ませた娘):スザンナ・ブランキーニ ○フェネーナ(ナブッコの娘):ニーノ・スルグラジェ ○イズマエーレ(エルサレム王の甥):ルーベンス・ペリッツァーリ ○ザッカーリア(ヘブライの祭司):ラファウ・シ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/23 23:24

続きを見る

トップへ

月別リンク

Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる