Zauberfloete 通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ザイフェルト/モーツァルト:ホルン五重奏曲変ホ長調K407

<<   作成日時 : 2014/07/04 20:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

タワーレコードから発売されたベルリン・フィル室内楽名盤選Vol.1を購入した。アルフレート・マレチェク以下のベルリン・フィルハーモニー八重奏団によるモーツァルトのディヴェルティメント第10・11・15・17番(K247,251,287,334)、アイネクライネなどが入っている3枚組。コッホが吹いたK251(とK247)は既に持っており、K287やK334も特に聴きたい訳でもなかったのだが、このセットにはザイフェルトが吹いたモーツァルト:ホルン五重奏の最初の録音(世界初CD化)が入っているため、それを聴きたいがためにこのセットを購入した。ザイフェルトはこの曲を3回録音している。
○ベルリン・フィル八重奏団(1968/PHILIPS)
○アマデウス四重奏団(1969/DG)
○ブランディス四重奏団(1995/Nimbus)
アマデウス四重奏団とのDG録音は、以前、モーツァルト:弦楽五重奏全集のセットに収められていたようだが、私は持っておらず、ブランディス四重奏団との録音はザイフェルト64歳の時の録音であり、やや安全運転過ぎる演奏だっため、私としてはどうしても若い時の演奏を聴きたかった。
さて、1968年といえば、ザイフェルト37歳、同じ年にはカラヤンとモーツァルトの協奏曲集も録音している(コンチェルトは1968年8月18〜22日、当録音は1968年3月)。そして、この演奏も期待に違わず見事な演奏を聴かせる。最も難易度が高そうな終楽章冒頭も難なくクリアして、ザイフェルトのホルンは深い響きを伴い楽々と自由に飛翔する。録音はNimbus盤と比べるとやや聴き劣りはするが、鑑賞にはまったく問題ない水準。なお、弦のメンバーは、マレチェク、土屋、ハルトマン、マヨウスキー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
トーマス・ブランディス氏ご逝去
ベルリン・フィルHPにブランディス氏の訃報が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/death-of-thomas-brandis/ ブランディス氏は1935年ハンブルク生まれ、1962〜1983年ベルリン・フィル第1コンサートマスター、1976年ブランディス四重奏団設立。ベルリン芸術大学、リューベック音楽大学、ロイヤル・アカデミー・オブ・ロンドンなどで教鞭をとる。 カラヤン時代のベルリン・フィルを、シ... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2017/04/04 21:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
コッホのK251出たんですか。10数年前山口の一ノ坂川沿いを散歩しながらFM放送で聴いて以来ずっと探していました。うれしい。
博多のオーボエ好き
2014/07/07 09:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
ザイフェルト/モーツァルト:ホルン五重奏曲変ホ長調K407 Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる