Zauberfloete 通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 年末年始ワイン&日本酒

<<   作成日時 : 2009/01/08 20:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

今年の年末年始は例年より長かったものの、特に年末は諸事情によりあまりゆっくりできなかったため、いただきものの2本の高級ワインも飲まずに温存してしまった。また、お正月は三が日以降、胃腸の具合があまり良くなく、お正月用にあと一本買っておいた日本酒にも手がつけられないという状況だった。まあ、美味しいお酒がたくさんあるということは嬉しいことではあるのだが・・。
●PIERRE GELIN BOURGOGNE
中級のAOCブルゴーニュだが、あまり酸味は強くなくしっかりとした味のピノ・ノワールで私好みだった。香りもこのクラスとしてはなかなか。
●Santa Duc HERITAGE
たまには赤ワインも飲みたくなったので開けたのがこれ。テーブルワインなので軽めかと思ったが、ラベルを見ないで飲んだら誰もがAOCクラスと感じるのではないかと思われる味。ビンのウラには「史上最強のヴァン ド ターブル」という表記。確かに濃い色、比較的華やかな香り、熟した果実味と十分満足した。グルナッシュ、カリニャン、ムールヴェードル、シラーとのこと。
○Thuengersheimer Ravensburg Mueller Thurgau Kabinett trocken 2007 GG.GEIGER & SOEHNE
今年のフランケンはミューラー・チュルガウのカビネット。辛口で久しぶりにあの独特のブドウの香りが口の中を満たし懐かしかった。
○Les Trois Versants Muscadet sevre et maine sur lie 2006
普通のミュスカデに比べると香り、味とも一クラス上という感じでなかなか美味しかった。程よい酸味もあり天ぷらとベストマッチング。やはり天ぷらには日本酒より白ワインの方が良い。
○DR Riesling Trocken Mosel QbA 2007 Gebr.Loosen
辛口リースリング、ということでQbAとしては決して安くはなかったがどんなものかと購入してみた。確かにドイツワインにしては辛口ではあるが、コクには乏しくややもの足りなさは残った。適度な酸味でひじょうに飲みやすい。
○CAVA
スペイン産スパークリング・ワイン。価格も手頃、辛口で飲みやすい。個人的にはビールを始め炭酸は腸に良くないのであまり飲まないのだが、お正月でもあり一杯だけ。
○Scharzhofberger Riesling Auslese 1993
もらいものの高級デザートワイン。大いに期待して開栓したが、夏を越した訳でもないのにかかわらず著しく酸化が進んでおり落胆・・。一応輸入元に状況報告(これがScharzhofbergerと思われたらブランドイメージが大きく低下するetc.)だけはメールしたが未だに何の反応もない。この店からは絶対に買わない方が良い。

◎菊正宗 樽酒
低価格ではあるが食べながら飲むには最適。樽の香りを生かすためにも冷やしすぎないことが肝要。
◎越後桜 大吟醸 
山田錦100%使用という新潟のお酒。適度にフルーティでノド越しも良い。コストパフォーマンスも良く十分満足した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Scharzhofberger Riesling Auslese 1993
シャルツホフベルガーとは、モーゼル・ザール・ルーヴァ地区のドイツワインを代表する名高い銘醸畑の名称。先日、いただきもののこのワインを飲もうと開栓したのだが、コルクがオープナーに引っかからないほど痛んでボロボロになっており、味も酸化の進んだものだったのでその旨を輸入元にメールした。 http://zauberfloete.at.webry.info/200901/article_7.html その後、一週間経っても何の音沙汰もないので直接電話したところ、買主の方(!)に返信したとのこと。... ...続きを見る
Zauberfloete 通信
2009/01/14 22:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
初めてカキコさせていただきます。
ウィーンフィルの女性コンマスをググッていたら、貴ブログに遭遇しました。
私も、貴兄と共通の嗜好(バッハ&モーツァルト、日本酒等)をもっている、ビギナーの一人です。
モーツァルトでは、最近は、弦楽四重奏曲&弦楽五重奏曲を聴いており、バリリやブダペストの四重奏団が気に入っているところです。アルバンベルクも良いのですが、気分によっては、あの鋭い演奏が神経に突き刺さるように感じられる時もあるのが、難点と思われます。
日本酒では、貴兄は、『十四代』などは飲まれた経験はありますか?
タイ&バリ島好き
2009/01/10 10:22
タイ&バリ島好きさま
コメントありがとうございます。私は飲む本数こそワインが断然多いのですが、「一番美味しいお酒」はやはり日本酒と思っています。「十四代」というお酒は飲んだことがありません。
Zauberfloete
2009/01/12 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
年末年始ワイン&日本酒 Zauberfloete 通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる