テーマ:ベートーヴェン

ムーティ=WPh/第九(ザルツブルク音楽祭2020)

ザルツブルク音楽祭2020のムーティ=WPhの第九の演奏(8/17)をYouTubeで観ることができる。 https://www.youtube.com/watch?v=vabGjminJms 声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱付き」 ○ソプラノ:Asmik Grigorian ○アルト:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N響 希望のコンサート

「クラシック音楽館」を観た。「N響 希望のコンサート」ということで、7月17日にNHKホール/無観客で行われたN響演奏会。曲目等は下記の通り。 ●モーツァルト:ディヴェルティメント変ロ長調K270 ○オーボエ:𠮷村結実、和久井仁 ○ファゴット:水谷上総、佐藤由起 ○ホルン:今井仁志、勝俣泰 ●ワーグナー:「ジークフリートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・ディアーロギ演奏会

録画しておいた「クラッシック倶楽部」を観た。アンサンブル・ディアーロギ演奏会。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○ハイドン:ピアノ三重奏曲ニ長調 Hob.ⅩⅤ-16 ○ベートーヴェン:ピアノと管楽器のための五重奏曲変ホ長調作品16 ○フォルテピアノ:クリスティーナ・エスクラペス ○オーボエ:ジョセプ・ドメネク ○クラリネット:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュテファン・フラダー/ベートーヴェン協奏曲集

最近はあまり購入意欲をそそるCDはなかったのだが、たまたまその存在を知ったのがこのCD。リリースされていたことも知らなかった。 内田光子/ラトル=BPhのピアノ協奏曲全集もちょっと聴いてみたいとは思ったが、ザンデルリンクとの旧全集を持っていることもあり、こちらのセット(Capriccio)を購入した。曲目等は下記の通り。 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クーべリック=BPh/「英雄」リハーサル

あるサイトで紹介されていた1966年収録の貴重な映像。 https://www.youtube.com/watch?v=T2Y2v--d4hU&feature=share&fbclid=IwAR1I3-WnsUpDYD1P71_T8BLsCr6qAjkKP1aWhkKtZbO1OaZq01jyeT5tOsQ クーべリック=BPhの「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポリーニ/ベートーヴェン最後の三つのソナタ

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。マウリツィオ・ポリーニ/ベートーヴェン最後の三つのソナタ。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第30番ホ長調 作品109 ○ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番変イ長調 作品110 ○ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第32番ハ短調 作品111 ○ピアノ:マウリツィオ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレンボイム&ペトレンコ

BPhデジタル・コンサートホールが無料開放中のため、2020年1月11日のペトレンコ指揮の演奏会/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番を観た。 ソリストはバレンボイム。 https://www.digitalconcerthall.com/ja/concert/52519# 曲の最初から最後まで、緊張の糸がまったく切れることのない凄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:「ミサ・ソレムニス」

アマチュアオケを何十年もやっていると、主要な曲(マーラー、ブルックナー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチを除く)はだいたい演奏経験があるのだが、ベートーヴェンの第九を除く合唱付きの管弦楽曲はこれまで演奏する機会がほとんどなかった。 管弦楽団と合唱団は別組織/団体になっているのが普通であるため、両者はなかなか一緒に活動しにくい(それら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バレエ音楽「プロメテウスの創造物」

ケーブルテレビ品川のCLASSICA「お試しアワー」、2月はベートーヴェン:バレエ「プロメテウスの創造物」からの音楽。 「ミサ・ソレムニス」、「合唱幻想曲」などと併せてDVD(Unitel)化されている演奏。 https://tower.jp/item/4728882/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%88%E3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドラーシュ・シフ/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲集~その2~

「クラシック音楽館」はアンドラーシュ・シフによるベートーヴェン:ピアノ協奏曲集第2回。なお、実際の公演はこちらが第一日目だったようだ。曲目は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第2番変ロ長調作品19 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調作品58 ○ピアノ・指揮:ア…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アンドラーシュ・シフ/ベートーヴェン:ピアノ協奏曲集~その1~

「クラシック音楽館」はアンドラーシュ・シフ&カペラ・アンドレア・バルカ演奏会(1)。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調作品15 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調作品73「皇帝」 ○ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第24番嬰へ長調作品78(アンコール) ○ピアノ・指揮:アンドラーシュ・シフ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九/ヤング=N響

2019年末のN響第九の指揮者はヤング。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調作品125「合唱つき」 ○指揮:シモーネ・ヤング ○管弦楽:NHK交響楽団 ○ソプラノ:マリア・ベングトソン ○メゾ・ソプラノ:清水華澄 ○テノール:ニコライ・シュコフ ○バス・バリトン:ルカ・ピサローニ ○合唱:東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトレンコ=ベルリン・フィル/第九

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールでペトレンコ指揮の第九を観た。 2019年8月23日にフィルハーモニー・ホールで行われた首席指揮者就任演奏会。 声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:マルリス・ペーターゼン ○アルト:エリーザベト・クルマン ○テノール:ベンヤミン・ブルンス ○バス:ユン・クヮンチュル ○合唱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン=ベルリン・フィル/1957年来日公演

12/15放送の「クラシック音楽館」の最後に「カラヤン没後30年」としてベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調の第一、三、四楽章(1957年11月3日)が放送された。 以前発売されたDVDに収録されていた演奏で、 https://www.nhk-ep.com/products/detail/h09479AA 一般公演に先立ち、公開生放…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

年末の第九

年末に第九をやるのは日本特有の現象などと言われているが、「ぶらあぼ」10月号の<2019年12月の海外公演情報>を見ていたら、ヨーロッパのオケでも年末に第九をやるところが少なくない*ことに気がついた。指揮者・オケ等は以下の通り。 ●ノセダ=ウィーン響/ウィーン・コンツェルトハウス(12/30・31) *ソプラノ・ソロはダヴィドセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイグレ=読響

録画しておいた「クラシック音楽館」をやっと観た。ヴァイグレ=読響によるコンサート。曲目等は下記の通り。 〇ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 〇シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129 〇バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007「サラバンド」(アンコール) 〇ベートーヴェン:交響曲第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュタイン=N響/ベートーヴェン:交響曲第5番

「クラシック音楽館」を観た。今回は「伝説の名演奏」ということで往年の名指揮者たちがN響を振った映像の数々。 中でも特に素晴らしかったのはホルスト・シュタインのベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調。1992年4月26日、サントリーホールでの演奏。シュタインは1928年生まれなので、この時64歳。 とにかく地に足がついたと言うか、重心の低…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:交響曲第8番ヘ長調

来月末の演奏会でこの曲を演奏するのだが、プログラムの曲目解説を担当することとなった。 ○作曲年代:1811年8月頃から準備、第7交響曲と並行して作曲、1812年夏に集中して作曲、同年10月リンツで完成 ○初演:1814年2月27日作曲者自身の指揮によりウィーンにて ○特徴など: ・作曲者自身は同時に作曲した第7を「大きな交響曲」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユロフスキー=ベルリン放送交響楽団

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。ユロフスキー=ベルリン放送響の演奏会。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲 ○モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K467 ○モンポウ:「郊外」から「道 ギター奏者の女と老馬」(アンコール) ○ベートーヴェン/マーラー編曲:交響曲第7番イ長調作品92 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初春の演奏会(その1)終了

今年初めての演奏会を終えた。例年だと1月に演奏会があることはほとんどないのだが、今回の場合昨年末(本番18日前)急に依頼があったもの。 https://zauberfloete.at.webry.info/201812/article_12.html 曲目は第九。最初の練習(と言っても結局練習は2回しか出なかったが)の時、ベーレンラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九/ヤノフスキ=N響

今年の第九の指揮はヤノフスキ。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○メゾ・ソプラノ:加納悦子 ○テノール:ロバート・ディーン・スミス ○バス・バリトン:アルベルト・ドーメン ○指揮:マレク・ヤノフスキ ○管弦楽:NHK交響楽団 ○合唱:東京オペラシンガーズ ○収録:2018年12月22日/NHKホール ヤノフスキの指揮は概…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトレンコ/R.シュトラウス&ベートーヴェン~BPhデジタル・コンサートホール2~

キリル・ペトレンコ指揮、2018/19年シーズン開幕コンサートの模様。前半はリヒャルト・シュトラウス:「ドン・ファン」、「死と変容」、後半はベートーヴェン:交響曲第7番というプログラム(「ドン・ファン」とベートーヴェンのみ視聴)。 「ドン・ファン」、ペトレンコは比較的にこやかな表情で指揮を始めるが、オケは異様な緊張に包まれており、コン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

今度の日曜の演奏会でこの曲を演奏する。ベートーヴェンの作品の中でも自主的に聴く回数が特に多いこの曲は昔から聴き込んできたが、実際に演奏するのは今回が初めて(これまでベートーヴェンのピアノ協奏曲は第3番しかやったことがない)。 LP時代はバックハウス/イッセルシュテット=ウィーン・フィル(DECCA/1959)、ワイセンベルク/カラヤン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート2018 in バイロイト

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサート2018 in バイロイト。歴史を感じさせる美しい歌劇場だった。曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:序曲「レオノーレ」第3番作品72 ○ワーグナー:ウェーゼンドンクの五つの詩 ○ベートーヴェン:交響曲第4番変ロ長調作品60 ○ベートーヴ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九/エッシェンバッハ=N響

エッシェンバッハ=N響による第九を観た(NHK-Eテレ)。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:市原愛 ○メゾ・ソプラノ:加納悦子 ○テノール:福井敬 ○バリトン:甲斐栄次郎 ○合唱:東京オペラシンガーズ ○合唱指揮:田中祐子 ○管弦楽:NHK交響楽団 ○指揮:クリストフ・エッシェンバッハ ○収録:2017年12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九/サッシャ・ゲッツエル=読響

録画しておいた読響の第九を観た。指揮はサッシャ・ゲッツェル、声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:インガー・ダム=イェンセン ○メゾ・ソプラノ:清水華澄 ○テノール:ドミニク・ヴォルティヒ ○バス::妻屋秀和 ○合唱:新国立劇場合唱団 ○指揮:サッシャ・ゲッツェル ○管弦楽:読売日本交響楽団 ○収録:2017年12月…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

序曲「コリオラン」

秋の演奏会でこの曲を演奏する。超有名曲ではあるが私はこれまで2ndを一回吹いたことがあるだけで1番は初めて。ファゴット奏者にとって、この曲の最後の12小節プラス一拍のGの伸ばし(pで始まり、その後 sempre piu piano 、最後の3小節はディクレッシェンド、最後のCはpp)は鬼門と言えるだろう。 このGの音、初心者でもすぐ出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フィルハーモニア管弦楽団来日公演2017

「クラシック音楽館」を観た。今回はフィルハーモニア管弦楽団来日公演、曲目等は下記の通り。 ○ベートーヴェン:序曲「命名祝日」作品115 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番ハ短調作品37/ピアノ:チョ・ソンジン ○モーツァルト:ピアノソナタ第12番K332から第二楽章/ピアノ:チョ・ソンジン ○ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

序曲「コリオラン」

カラヤン=ベルリン・フィルの「コリオラン」を観た。1966年4月12日東京文化会館でのライブ。カラヤンは1975年の映像も残しているが、今回観たのは最初のもの。 カラヤンの指揮はスタイリッシュでスマート。冒頭、棒を振り下ろす時、一番下の打点に達する直前に腕の速度が少し遅くなるのが変則的。棒の動きは241小節のG.P.まで止まることはな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more