テーマ:旅行

バンクーバー →羽田

ANA/NH115便はほぼ満席で、定刻通り16:25にバンクーバーを出発する。羽田までの所要予定時間は約10時間05分。 オーディオ/ヴィジュアルは行きの便と同じなのだが、河村尚子のベートーヴェン・ソナタ集を見落としていたので聴いてみる。やや個性的な演奏と感じたが、やはり飛行機の中は騒音が大きすぎて弱音部分がほとんど聴き取れない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバー観光 その2

朝7時にはバンクーバーへ入港。 順番を待って8:30頃下船。一週間ぶりのバンクーバー。 カナダ・プレイス近くにある オリンピック聖火台。 バスでスタンレー・パークへ。 ダウンタウンの北西の端、イングリッシュ湾に突き出た先端部分で、広さは約400ヘクタールの広大な敷地を持つ。1888年に設立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバーへの帰路

クルーズ7日目/最終日。インサイド・パッセージをバンクーバーへ戻る終日クルーズ。 朝、外は深い霧で視界は10mもないほど。 お昼前ころにまでは徐々に霧が晴れて見通しも良くなってくる。 3階のデッキは一周約500mで、ウォーキングにはぴったり。それほど寒くもなく景色も美しい。 午後、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケチカン

クルーズ6日目。朝10時頃ケチカンに入港。 ケチカンはインサイド・パッセージを北に向かうクルーズ船最初の寄港地(我々にとっては最後の寄港地になった)で、町もクルーズ客を相手にした店が多い。一方で、ビジターセンター近くの鷲の彫像はじめ町中のいたるところで見られる多くのトーテムポールは、ネイティブの人々の文化と伝統を感じさせる。 ツアー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グレーシャーベイ クルーズ

ユネスコ世界遺産グレイシャーベイ国立公園の面積は約13,000 km²。16の潮間氷河があり、12の潮間氷河が活発に割れ湾内に氷山を流している。公園に続く道路がないにもかかわらず、年間の来園者は40万人を超えるという。 グレイシャー湾全域は1749年に発見された時、全体が氷河に覆われていた。が、その85年後には氷河は80km近くも後退…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スキャグウェイ / ホワイト パス&ユーコン鉄道

クルーズ4日目。朝7時にはスキャグウェイに入港する。 スキャグウェイはゴールドラッシュによって作られた町。 1896年、アラスカとカナダ・ユーコン準州(カナダ)の国境近く、クロンダイク地方での金鉱発見のニュースは、アメリカとカナダの歴史上、最大級のゴールドラッシュをもたらした。一獲千金を狙う人々が大挙し殺到し、ゴールドラッシュで出来…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュノー / メンデンホール氷河観光

クルーズ3日目、午後1時にジュノーに入港。 ジュノーはアラスカ州の州都。濃い緑に覆われた山々が背後に迫り、坂道が多い人口3万人ほどの町。州都としてよりも、アラスカ・クルーズの寄港地として知られている。 先に入港していたルビー プリンセス。ニュー アムステルダムよりかなり大きい。 下船してすぐバスでメンデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インサイド・パッセージ / Inside Passage

クルーズ2日目。前日夕方にバンクーバーを出港したニュー アムステルダムはインサイド・パッセージを次の寄港地ジュノーまで向かう。所要時間は約45時間の予定ということで、2日目は終日クルージングとなる。 インサイド・パッセージ (Inside Passage)と は、アメリカ合衆国のアラスカ州に位置する土地の名称または多島海の島々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

避難訓練、出港、夕食

乗船後しばらくすると避難訓練の合図の警報が鳴ったため、船室ドアに表示された避難場所(3階デッキ)へ。参加確認後(全員参加が義務づけられている)、救命胴衣の着用の仕方の説明などがあっただけですぐに終了する。 ニュー アムステルダムには50隻くらいの救命ボート/避難船が備えられているのだが、単純に計算してみても約2000人の乗客÷50隻=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニュー アムステルダム / NIEUW AMSTERDAM

「ニュー アムステルダム」とはクルーズでの船の名前。 https://www.hollandamerica.com/en_US/cruise-ships/ms-nieuw-amsterdam/2.html スペックは下記の通り。 就航:2010年/総トン数:86,700t/全長:285m/最大幅:32m 乗客…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バンクーバー観光 → 乗船

カナダの西の玄関口として知られるバンクーバーは、トロント、モントリオールに次ぐカナダ第三の都市。 緯度は北海道よりかなり北(樺太中部あたり)ながら、北側に控える山々や海流の影響で一年を通じて温暖で過ごしやすく、冬でも雪があまり降らないという。 旅行二日目の朝は曇り。気温は15℃を少し下回る程度であまり寒さは感じない。 8時にはホテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田 → バンクーバー

今回のツアーは羽田空港発。前日夜、オンラインチェックインというものを初めてやってみる。空席はわずかで良い席は取れなかったのだが、実際に空港カウンターに行ってみると塞がっていた席が空いており希望した席を取ることができた(どのような仕組みになっているのかわからない・・・)。 満席のANA/ボーイング787は定刻通り22時前に離陸し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アラスカ・クルーズ

アラスカを旅行した。 Holland America Line という会社 https://www.hollandamerica.com/en_US.html のパッケージ商品(オプショナル・ツアーは別途加算)で、 ●バンクーバー(カナダ ブリティッシュコロンビア州 )から乗船、 ●ジュノー(アメリカ合衆国 アラスカ州/州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大塚国際美術館→大鳴門橋

約5年半ぶりの大塚国際美術館。 https://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_17.html http://o-museum.or.jp/ 「大塚国際美術館」は、大塚グループが創立75周年記念事業として徳島県鳴門市に設立した日本最大級の常設展示スペース(延床面積29,4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知 桂浜→吉野川

旅行最終日、天候は晴れ。朝、出発前に高知城近くまで散歩する。高知城は土佐藩初代藩主、山内一豊が慶長6年(1601年)に築城、江戸時代以前の現存天守は全国に12しかないとのこと。 ホテルを出発し、向かったのはすぐ近くの桂浜。 海に向かって立つ坂本龍馬像。台座を含めた高さ13.5mの大きな銅像。建立されたのは昭和3年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

土佐清水 竜串海岸→足摺岬→四万十川

旅行二日目、天気も良く暑くなりそうな天気。8時には松山のホテルを出発し、伊予→内子→大洲→西予→宇和島→宿毛と南下して土佐清水、竜串海岸へ。 竜串海岸は臥竜山に沿っている海岸で、竜が臥しているような小山と、大串に例えられる奇岩から「竜串」と呼ばれるようになった(諸説あり)という。 この一帯は砂岩/泥岩の層が波や風の浸食作用によって形成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高松空港→金刀比羅宮→道後温泉

旅行一日目。羽田7:45発の飛行機で高松空港へ。空港からバスで最初の目的地琴平、金刀比羅宮(ことひらぐう)へ。 海の神様を祀る神社で、全国各地にある金刀比羅神社の総本宮。年に約400万人の参拝客が訪れるという。境内は象頭山(ぞうずさん)の中腹にあり、御本宮は785段におよぶ石段の先にある。 参道の登り口。 大門、ここまでで365段…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国旅行

5/23~25の三日間四国へ旅行した。 2013年に行った大塚国際美術館 https://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_17.html へもう一度行きたくて、ついでに四国もほとんど行ったことがなかったので、高松→松山→高知→徳島と四国をほぼ一周するという、「大塚国際美術館約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口/松陰神社→秋芳洞→瑠璃光寺

旅行も三日目で最終日となる。天気は晴れ。朝、ホテルを出発しすぐ近くの松陰神社へ。1907年に吉田松陰を祭神とする神社として創建されたという。 松下村塾、幕末期に吉田松陰が主宰した私塾。高杉晋作、伊藤博文、山県有朋など多くの逸材を育てたとのこと。 萩をあとにして秋吉台経由秋芳洞へ向かう。 秋芳洞は山口県美祢市東部、秋吉台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

津和野→萩

萩・津和野ブーム(?)ですっかり有名になった津和野は「小京都」とも言われている。その所在地は山口県と思っていたが実際は島根県の南西にある。 安野光雅美術館もあると聞いていたが、残念ながら行くことはできなかった。 森鴎外旧宅などを訪ねてから町の中心部へ。 町の中心部にある殿町通りは、城下町時代の古い佇まいを残している。 通りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島平和記念公園

旅行二日目、天気は曇り、予報はお昼前から雨とのこと。ホテルからバスで広島平和記念公園へ向かう。 「平和の時計塔」 高さ約20m、毎朝8時15分に全世界の平和を祈り、チャイムが鳴らされるとのこと。 「原爆ドーム」 もと広島県産業奨励館の建物。 「平和の鐘」 原爆被災者広島悲願結晶の会が1964年9月20日に建立…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口宇部→錦帯橋→宮島

羽田を8時前に出発し、9:30には山口宇部空港着。バスで岩国錦帯橋に向かう。 錦帯橋は山口県岩国市の錦川に架橋されている木造のアーチ橋。1673年に創建(1950年に流失、1953年に再建)された5連のアーチからなる橋で、全長193.3m。石積の橋脚に5連の太鼓橋がアーチ状に組まれた構造となっており、世界的にも珍しい木製アーチ橋とのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山口・広島旅行

これまで宮島には行ったことがなかったことと、何より、一度広島を訪ねたいと思っていたこともあり「萩・津和野・安芸の宮島3日間」というツアーに参加した(11/27~29)。宇部空港から、錦帯橋→宮島→広島→津和野→萩→秋芳洞などを巡るコース。 広島平和記念公園の資料館本館は改修工事中で入ることはできなかったが、東館の1階と地下の展示だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スイス旅行目次

第1日 成田→ミラノ https://zauberfloete.at.webry.info/201809/article_6.html 第2日 ①ミラノ →ベリンツォーナ →サースフェー →テーシュ →ツェルマット https://zauberfloete.at.webry.info/201809/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

⑨サン・モリッツ →ミラノ →成田

旅行7日目、旅も終わり近くなる。 早起きしてホテルから散歩に出る。朝早かったせいもあり、気温は体感7~8℃くらいとかなり寒い。 ヴィア・ローザチからイン川沿いを歩き、サン・モリッツ湖。静謐な佇まいが何とも言えず美しい。 山肌が少し明るくなってくる。 St.カール・ボロメウス カトリック教会。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

⑧ヴェンゲン →トゥージス →フィリズール →ベルニナボレッツァ →サンモリッツ

旅行6日目、実質的には今日が最終日となる。 7:20にはホテルを出発し、ヴェンゲンから鉄道でラウターブルンネンへ向かう。 朝のヴェンゲン駅からの山々、今日は快晴で雲ひとつない。 ラウターブルンネンからバスでスイス東部のトゥージスへ。約250kmの長旅となる。 トゥージス駅に着いたのは13時、レーティッシュ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

⑦ユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台

旅行5日目の午後はユングフラウヨッホ・スフィンクス展望台観光。 ヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)、クライネ・シャイデック駅で下車し昼食。 クライネ・シャイデック(ドイツ語で「小さな峠」の意味)はアイガー北壁の麓にあたり、ユングフラウ地方を代表するビューポイント、標高は2061m。 クライネ・シャイデック駅から見たア…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

⑥ヴェンゲン →アルメントフーベル展望台

旅行5日目、7:45にはホテルを出発し目の前の駅へ。それほど寒くはなく、体感は10℃以上。 ヴェンゲンからヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)でラウターブルンネンへ。 ラウターブルンネンからはBLM(ラウターブルネン・ミューレン鉄道:ロープウェイと山岳鉄道の組合せ)を利用する。駅前からロープウェイでグリュッチアルプまで行…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

⑤ベルン →ラウターブルンネン →ヴェンゲン

首都ベルン、アーレ川に囲まれた旧市街はユネスコの世界遺産にも登録されている美しい街。永く中立を保ってきたスイスの首都ゆえ、ほとんど無傷で中世の姿を伝えている。 ベルンに着いたのは夕方だったが、まだ陽も高く20℃以上はあろうかという暖かさ。とりあえず旧市街を歩く。 のべ約6kmにもおよぶという、石造りのアーケード。…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

④ツェルマット →シャモニー →ブレヴァン展望台

旅行4日目、天候は今日も晴れ。7:30にはホテルを出発しツェルマット駅まで歩く。気温は体感10℃くらい。 今朝のマッターホルン。これで最後となるが今日もひじょうに美しく見えた。 ツェルマットからシャトル列車でテーシュへ。バスに乗り換え、シャモニーへ向かう。移動距離は約145㎞。 途中、グラン・サン・ベルナール峠(モ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more