テーマ:旅行

③ツェルマット →スネガ展望台 →クライン・マッターホルン展望台

朝焼けのマッターホルンを見てからホテルに戻り朝食、その後8時に出発、徒歩で駅方面へ向かう。 午前中はスネガ展望台観光の予定。 ツェルマットのホテル。 スネガ展望台へのケーブルカー乗り場(地下)は、川をはさんでツェルマット駅の反対側にある。 急勾配を一気に登り、約5分でスネガ展望台に到着。標高は2288m。天気…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

②ツェルマット/マッターホルンの朝焼け

旅行3日目、天気は晴れ。朝食前6:30にはホテルを出て、マッター・フィスパ川にかかる橋で日の出を待つ。外はかなり冷え込んでおり、体感気温は10℃くらい。写真は6:40頃から7:00前くらいの間に撮影。 太陽が昇るにつれて少しずつ山肌の赤が拡がっていき、その赤が次第に燃えるように光り輝いてくる・・・、本当に美しく神々しい・・・。 とに…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

①ベリンツォーナ →サースフェー →テーシュ →ツェルマット 

旅行2日目、天気は晴れ。8:30にはミラノのホテルを出発し、ミラノの北約100㎞のベリンツォーナへ向かう。 国境を超え、スイスに入るとやはり街の雰囲気も変わり、窓辺に花が飾られている住居/店舗が目に付くようになる。休憩を挟んで約2時間でベリンツォーナに到着。日中は好天で気温も上がり、25℃くらいで汗ばむほどの暑さ。 ティチーノ州の州…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

成田→ミラノ

今回のツアーは成田発。ミラノから入るため、航空会社はイタリア-アリタリア航空、使用機材はA330-200、シートは一列2-4-2席と まあ普通。アリタリア航空の場合、区画ごとのエコノミー席最前列はCOMFORT SEATとされており、長距離路線の場合1区間95ユーロの追加料金で利用できるらしい。 https://www.alit…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

スイス旅行

9/6~13にスイスを旅行した。ツェルマット、ヴェンゲンを基点としてマッターホルン、モンブラン、ユングフラウなどの山々を観る旅。この歳なので、さすがにトレッキング/ハイキングは含まないスケジュールではあったが、私自身、標高2000m以上のところに行くのは今回が初めて。 スイスは数十年前にジュネーヴを訪れたことがあるだけでそれ以来の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良/奈良公園(東大寺、春日大社)→談山神社→室生寺

旅行最終日、以前は雨の予報だったが朝から曇り。奈良公園には9:30頃到着。 私にとって奈良は初めて訪れる地。中学校の修学旅行で行く予定だったが事情により中止となったという経緯がある。 東大寺南大門から大仏殿へ。 大仏殿から三月堂、二月堂を経由して春日大社へ向かう。 若草山麓近くの売店で 楽器を拭くのにちょうど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都/東寺→銀閣寺→禅林寺(永観堂)→南禅寺

旅行二日目は朝から曇りで時おり雨がパラつく悪天候。彦根のホテルからバスで京都へ向かう。 まず東寺へ。教王護国寺とも言われる真言宗総本山。新幹線から見える五重塔で知られる。その高さ54.8メートルは木造塔としては日本一の高さとのこと。 紅葉は終わりに近づいてはいたが十分美しい。 五重塔始め、金堂、講堂には国宝の彫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖東三山/百済寺→金剛輪寺→西明寺

最初の目的地である湖東三山は琵琶湖近くなのだが、ツアーは三河安城駅からスタート。静岡から先のこだまには初めて乗ったが、品川から三河安城まで約2時間25分近くかかる。 湖東三山(ことうさんざん)は、滋賀県湖東地方の西明寺、金剛輪寺、百済寺(ひゃくさいじ)の三つの天台宗寺院の総称。琵琶湖の東側、鈴鹿山脈の西山腹に位置し、百済寺の南東に位置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都 奈良 滋賀/紅葉めぐり

紅葉を観に関西方面へ出かけた(11/28~30)。 10年くらい前に京都に行った時は、すべて自分で計画してあちこち周ったのだが、今回は決めたのが遅かったこともあり、お手軽で簡単なツアー参加。 奈良だけにしようかとも思ったが、行ったことのない湖東三山という言葉に惹かれて滋賀→京都→奈良の旅となった。 ほとんどの参加者が一見して私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルセロナ→フランクフルト→羽田

旅行の最終日。朝、出発前にホテルの部屋から見た夜明け(午前8時頃)。 バルセロナ市内側。 ホテルから空港までは約10kmと近いため10時前に出発。 バルセロナ12:45発のフランクフルト行に搭乗。ルフトハンザの使用機材はA320-200。所要時間は約2時間。 ほぼ定刻の15時にはフランクフルト着。羽田行の便は18:0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バルセロナ/サグラダ・ファミリア

観光の最後に訪れたのはサグラダ・ファミリア聖堂。 これまで、繰り返し何度も写真や映像でその姿を見てはきたが、やはり実際にその場に行って見てみるとその大きさと言うか存在感に圧倒される。 「素晴らしい」の一言では言い表せない、敬虔な気持ちとともに荘厳さ、厳粛さ、歴史の重みなどを感じざるを得ない。 射し込んだ陽光がステン…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

バルセロナ/グエル公園、カサ・ミラ

旅行六日目、8:30にはホテルを出発し、最終目的地バルセロナへ向かう。バレンシアからバルセロナへは約360km、バスで約5時間の道のり。 バルセロナへ到着したのは14時頃、昨日までは雨だったようだが今日は晴れ。 バルセロナはカタルーニャ州の州都、バルセロナ県の県都で、人口は約160万(マドリードに次ぐ二番目)の大都会。 直…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

グラナダ/アルハンブラ宮殿→バレンシア

旅行五日目。朝一でアルハンブラ宮殿へ。 「赤い丘」と呼ばれる高台に建つ、中世のイスラム建築を代表する宮殿。 14世紀に建設された宮殿の中心である「ナスル宮殿」、グラナダ陥落後にカルロス1世によって建てられたルネサンス様式の「カルロス5世宮殿」、9世紀以降に要塞として築かれた「アルカサバ」、そして王家の夏の別荘の「ヘネラリフェ」の4つ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マラガ

マラガに到着したのは午後2時頃。 マラガはグアダルメディナ川の河口に位置する、アンダルシア州マラガ県の県都、国際的なリゾート地 コスタ・デル・ソル(太陽の海岸)の中心地であり、ピカソが生まれ育った街として有名。 市庁舎。 旧市街のランドマーク、カテドラル。16世紀に建設が始まったが、資金不足のため片側の塔が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミハス

旅行四日目、グラナダのホテルからバスで南西へ160km、ミハスという村へ向かう。 アンダルシアには、強い陽射しを避けるため家を白く塗る伝統があるという。丘の上や崖に囲まれた場所に「白い村」が築かれているが、中でも最も有名な村がミハス。真っ白な壁、窓辺を飾る花、モザイク模様の石畳の小路などが美しい。 広場へ続く通りは、土産物店、カフェ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラ・マンチャ地方→コルドバ→グラナダ

旅行三日目、マドリッドのホテルを8時に出発し、バスで約2時間南下して行くと「ドン・キホーテ」の舞台となった カスティーリャ・ラ・マンチャの赤茶けた平原が広がる。 風車のあるコンスエグラという町。11基の風車と城が、丘の尾根に沿って並んでいる。 丘の上からの素晴らしい眺め。 その後、再びバスでコルドバに向かう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トレド

旅行二日目の午後はトレド観光。 マドリッドから南へ約70km、三方をタホ川に囲まれ、1561年に首都がマドリッドに移るまで、政治・経済の重要な拠点として繁栄した。エル・グレコが後半生を送ったことでも有名な街。 南側から見るトレドの街の全貌。 トレド旧市街は丘の上にあるため、長大なエスカレータが設置されて…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

マドリッド/プラド美術館

マドリッドは夜明けが遅く、8時を過ぎないと明るくならない。 旅行二日目、朝は気温も低く、体感10℃くらい。8:30にはホテルを出発し、まず王宮周辺から観光スタート。 プラド美術館。開館間もない時刻だったがすでに長蛇の列ができていた。こちら側の入り口はムリーリョ口というらしい。 館内は撮影禁止なので、ロビーのこの彫像…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

羽田→ミュンヘン→マドリッド

今回のツアーは羽田発着。片道30分程度で行けるので成田に比べればはるかにラクで、海外に行くという気がしない。 ルフトハンザの使用機材はエアバスA340-600。12:30過ぎほぼ定刻通りに出発し、ミュンヘンまでは約12時間。機内はほぼ満席。身動きがとれないのはやはり辛いが、この飛行機、私は初めてだったが、トイレが中央階下(地下)に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スペイン旅行

9/22~29までスペインを旅行した。マドリッド →トレド →コルドバ →グラナダ →ミハス →マラガ →グラナダ →バレンシア →バルセロナ というルート。私にとって初めてのスペイン。実は5月に行く予定で申込金まで払い込んでいたのだが、やむを得ない事情でキャンセル。その後バルセロナでテロが起きたものの今回を逃すともう行けない気がし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

倉敷→姫路城→関空→羽田

旅行最終日は予報通り雨となる。前日までの強行軍(?)に反し、今日の観光予定は倉敷美観地区、姫路城の二ヵ所のみ。お昼前までの約2時間は自由時間だったため、倉敷美観地区あたりの散策。とはいってもかなりの雨だったため、大原美術館でその大半の時間を過ごす。 もしかして主要な作品は東京の大原美術館展に貸出中なのでは?と一瞬思ったが、既に終了して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

足立美術館

足立美術館は安来市出身の実業家である足立全康のコレクションを展示するために1970年秋に開館した美術館。足立自身の「庭園もまた一幅の絵画である」という言葉通り、50,000坪の日本庭園はアメリカの日本庭園専門誌で13年連続日本一に選ばれている。 とにかく、手入れの行き届いた庭園の美しさは格別で、観る者を飽き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

出雲大社

出雲大社は、あらゆるご縁を司る縁結びの神、大国主大神を祭る全国有数のパワースポットとして知られる。 出雲大社の正しい参拝方法は、神門通りの大鳥居から始めるものらしいが、バスの駐車場が神楽殿近くだったこともあり、ワキから(?)境内へ入ったため最初に神楽殿に参拝することとなった。長さ約13.5m、胴囲約8m、重さ約4.4トンという…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大山→松江城

旅行二日目、天候は晴れ。ホテルから大山がひじょうによく見え、伯耆富士とも呼ばれることに納得する。なお、大山は標高1,729mの火山で、鳥取県および中国地方の最高峰。 8時前にはバスで出発し、宍道湖畔にある「いずもまがたまの里伝承館」というところへ。 まがたま(勾玉・曲玉)とは古代の装身具の一種で、巴(ともえ)の一片に似た形で、穴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽田→関空→天橋立→鳥取砂丘→大山温泉

今回のツアーは6:35羽田集合ということで、最寄り駅6時過ぎの電車に乗車(後で他の参加者に訊いたところ、3時に起きて4時にクルマで出発したという人もいた)。 7:15には離陸し、関西空港へ向かう。搭乗便の使用機材はボーイング737-800(165席)、朝早いせいか空席も目立ち、後方席は3人掛けを2人で使用できた。天気も良く、富士山がひ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山陰旅行

4/19~21に山陰地方を旅行した。 天橋立、鳥取砂丘、松江城、出雲大社、足立美術館、倉敷美観地区、姫路城などを巡る旅。私にとって鳥取、島根両県は、これまで訪れたことはもちろん、通過したこともなかった県(これであと未体験の地は秋田、愛媛、高知、宮崎、熊本、鹿児島各県くらいだろうか)。 幸い、二日間は晴天に恵まれたものの最終日は激…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランクフルト→成田

当初予定されていた羽田着が成田着に変更されたため、最終日は東京に帰るだけとなる。 日曜午前中のせいか道も空いており、カッセルのホテルから約2時間半でフランクフルト空港に到着。 ルフトハンザLH0710便は定刻通り出発。使用機材はA340-300、エコノミー席はほぼ満席状態。 私の座席は16列D、エコノミークラスの最前列でプレミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クヴェトリンブルク→ハーメルン→カッセル

旅行四日目。雨が上がったばかりのような感じの曇り、山の中(?)なので気温も低め、とはいっても表示は5℃。ホテルを出発し、一旦ゴスラーに戻ってからクヴェトリンブルクへ向かう。ゴスラーは旧西ドイツの東の端にあり、少し走ると旧東ドイツだった地域に入る。途中ヴェロニゲローデ近くを通るが、この街も訪れたことはないが私にとっては忘れ難い街。 ht…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ツェレ→ゴスラー

旅行三日目、天候は曇り一時雨、気温は最低でも5~7℃、日中は12~3℃と今日もそれほど寒くはない。ブレーメンのホテルを出発しツェレに向かう。ツェレまでは約115km、所要時間は約2時間。 ツェレと言っても知っている人はごくわずかだろう(私も知らなかった)。 ツェレはハノーファの北東約30kmに位置する街で人口約7万人。「北ドイツの真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リューベック→ハンブルク→ブレーメン

旅行二日目、朝は8時を過ぎないと明るくならない。天候は小雨のち曇り、気温は6~7℃、風もなくあまり寒くはない。9時にはホテルを出発しハンブルクからリューベックへ向かう。今回のツアーは人気がなかったせいか、全部で21名という比較的少人数。そのためバスは一人2席分の余裕があった。リューベックまでは約65km、一時間少しで到着する。 リ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more