テーマ:年表/生年

80歳記念コンサート

モーリス・ブルグ80歳記念コンサートが11月に行われるとのこと。 https://www.yamahaginza.com/hall/event/003832/ 吉井瑞穂、ギヨーム・サンタナなど、協演者も豪華な顔ぶれとなっている。 さらに、ハインツ・ホリガーの生誕80年記念コンサートも予定されている。 https://www.as…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著名ホルン奏者の生年

著名なホルン奏者(1970年代生まれ以前)の生年を調べてみた。 驚いたのは、若いと思っていたヴォルフガング・トムベックがもう60代になっていること。ドールも54歳、ヤネシッツも51歳。ウィーン・フィルは若手が少なくないが、ベルリン・フィルのホルン・セクションは高齢化が進んで危機的な状況になっている。 こうしてみると、デニス・ブレイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィルによるモーツァルト録音(1960~1980年代)

先日購入したベーム=ベルリン・フィルによる「モーツァルト:協奏交響曲&セレナーデ」に収録されていたのは下記の6曲。 ○セレナード第6番ニ長調K239「セレナータ・ノットゥルナ」 ○セレナード第7番ニ長調K250「ハフナー」 ○管楽器のための協奏交響曲変ホ長調K297b ○セレナード第9番ニ長調K320「ポストホルン」 ○セレナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/シベリウス交響曲の演奏・録音

カラヤンによるシベリウスの交響曲の演奏会記録および録音時期を年代別に作成した。 なお、演奏会の記録は、 「ヘルベルト・フォン・カラヤンの作曲家別演奏史」  http://www.karajan.info/concolor/1957/Composers.html を参照させていただいた。 以下、太字は録音、それ以外は演奏会。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレ・プレヴィン氏ご逝去

アンドレ・プレヴィン氏がお亡くなりになった。謹んで哀悼の意を表したい。 プレヴィン氏の録音は膨大な点数が残されているが、個人的に忘れ難い名演を以下に録音順に挙げてみる。中でもウィーン・フィルとのハイドンの交響曲、モーツァルトのピアノ協奏曲、ロイヤル・フィルとのブラームスは不滅の名演と思う。 ○1974.00 ジ・イージー・ウィナーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2018年に亡くなった方々

2018年に亡くなられた方々も少なくなかった。謹んで哀悼の意を表したい。 ○2018.03.02/ヘスス・ロペス=コボス/1940生まれ/78歳/指揮者 ○2018.04.16/ギュンター・ヘグナー/1943年生まれ/74歳/元WPh首席ホルン奏者 ○2018.05.02/ヘルマン・クレバース/1923年生まれ/94歳/元アムステ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダニエル・ゲーデ

NHK-BS1「奇跡のレッスン*/楽譜が物語に変わるとき 弦楽器 ダニエル・ゲーデ(ドイツ)」を観た。 元WPhコンマスのダニエル・ゲーデ(Daniel Gaede)が2018年3月東日本大震災被災地応援ツアーで来日した際、3月28日まで滞在を延長し、船橋市立海神小学校弦楽部26名を指導した時の様子をまとめたもの。 「楽譜通りに弾く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2017年に亡くなった方々

今年も少なくない方々がお亡くなりになった。謹んで哀悼の意を表したい。 ○2017.01.04/ジョルジュ・プレートル/1924生まれ/92歳/指揮者 ○2017.01.04/ハンス・フィッシャー/1928年生まれ/88歳/元WPhホルン奏者(1966~1993) ○2017.01.06/ヨーゼフ・ヘル/1925年生まれ/91歳/元…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:十字架上の七つの言葉

イエス・キリストが磔刑に処せられた際に十字架上で語ったとされる、福音書に記述されている7つの言葉をテーマに作曲された曲。オリジナルは管弦楽曲だが、ハイドン自身の編曲による弦楽四重奏曲版とオラトリオ版が残されている。各曲の作曲経緯は下記の通り。 1786年 スペイン、カディスのサンタ・クエヴァ教会から依頼 1786~1787年冬 管弦…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「神保町」

私にとって神保町界隈は、社会人になってからその後会社が移転するまで約20年間過ごしたところで、懐かしいという以上に私にとってかけがえのない街となっている。 会社から少し歩けばすずらん通りで、昼休みにはほぼ毎日、三省堂、書泉グランデ/ブックマート、東京堂、冨山房などを始め、古本屋巡りをしたものだった。朝や午後は喫茶店、昼は食べ歩き、…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

2016年に亡くなった方々

2016年も多くの音楽家の方々が亡くなられた。心から哀悼の意を表したい。 ○2016.01.05/ピエール・ブーレーズ/1925年生まれ/90歳 ○2016.01.30/オーレル・ニコレ/1926年生まれ/90歳 ○2016.02.17/ライナー・メーネ/1947年生まれ/68歳/ベルリン・フィル ヴァイオリン奏者2013年引退 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フィル&ウィーン国立歌劇場管弦楽団2016年10~11月公演

昨日の午前中、上野東京文化会館リハーサル室で練習があったのだが、地下の廊下にはWPhと書かれた楽器用コンテナが山積みされ、控室/楽屋からは金管の練習が聴こえてきた。リヒャルト・シュトラウス:「ナクソス島のアリアドネ」公演は既に先月終了しているが、11/9からは「ワルキューレ」と「フィガロ」の公演が控えている。 先日のサントリーホール3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

19世紀末に初演/作曲された楽曲

「カヴァレリア・ルスティカーナ」と「道化師」はいつ頃の作品なのかと調べてみたところ、両作品とも1890年初頭に初演されていることがわかった。そして「トスカ」初演はその約10年後となる。 1887年02月05日 ヴェルディ:「オテロ」初演 1888年08月07日 リムスキー=コルサコフ:「シェヘラザード」完成 1890年05月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1980年代以降生まれの若手演奏家

山田和樹や樫本大進は若いと思っていたが、二人とも1979年生まれ。今や、彼らより若い世代が第一線のポジションで活躍している。以下、思いつくままに若い演奏家たちを挙げてみた。 1980 ヨーゼフ・ライフ:ウィーン・フィル首席ホルン奏者 http://www.wienerphilharmoniker.at/member/personid…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

著名ファゴット奏者の生年

世界的に有名なファゴット奏者および日本人著名ファゴット奏者たちの生年をリストアップしてみた。なお、マルコ・ポスティンゲル(バイエルン放送響首席)、ロラン・ルフェーブルなど、生年が分からない人は何人か省略した。 1901~1962 オスカー・ローテンシュタイナー/ 元ベルリン・フィル首席、近衛秀麿とのモーツァルト:協奏交響曲(オーパス蔵…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1779年のモーツァルト主要作品

1778年9/26にモーツァルトはパリを出発、ストラスブール、マンハイム、ミュンヘンを経て1779年1月中旬頃ザルツブルクに戻った。そして1/17付で大司教に復職願を提出、25付で宮廷オルガン奏者となる(年俸450フロリン)。以後、約1年11ヶ月を故郷で過ごすことになる。 以下、1779年の主要作品をリスト化した。 1779.1.0…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1905年前後に初演された楽曲

レハールの「メリー・ウィドウ」がウィーンで初演されたのは1905年12月30日。その頃初演された曲について調べてみた。 1900年01月14日 プッチーニ:「トスカ」 1901年10月27日 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 1901年11月25日 マーラー:交響曲第4番 1902年03月08日 シベリウス:交響曲第2番 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ベルガー・ファミリー

新譜情報によれば、フィリップス・クラシックス~ザ・ステレオ・イヤーズ(50CD)というセットが発売されるらしい。 http://www.hmv.co.jp/news/article/1512090002/ その中に以下のような記述があった。 Disc9 ●ベートーヴェン:七重奏曲変ホ長調Op.20 ベルリン・フィルハーモニー八…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1950年代以降生まれの指揮者

以前作成した指揮者の生年一覧は1962年生まれのパーヴォ・ヤルヴィまでだったので、その少し前の1950年代以降生まれの人についてあらためて調べてみた(出典は主にwikipedia)。基準は私が知っている人。 http://zauberfloete.at.webry.info/201402/article_11.html 1951…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポルポラ

7月の演奏会でポルポラのアリアを演奏することになったのだが、恥ずかしながらポルポラという名前は知らなかった。Wikipediaによれば、 ニコラ・アントニオ・ポルポラ(Nicola (Antonio) Porpora, 1686年8月17日- 1768年3月3日)はイタリア後期バロック音楽のオペラ作曲家で声楽教師。有名なカストラートの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドンとモーツァルトの干支はねずみ

モーツァルトの生年/没年は1756~1791年と覚えていたのだが、ハイドンの生年(1732年)が、モーツァルトより24年早いということに最近気がついた。調べてみると1732年は「壬子(みずのえ ね)」であり、1756年は「丙子(ひのえ ね)」。他の作曲家ではロッシーニが1792年「壬子(みずのえ ね)」生まれで、ハイドンのちょうど一巡(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウィーンの弦楽四重奏団200年史」

幸松肇著、クワルテット・ハウス・ジャパン/レグルスから2014年12月に出版されている。幸松氏は元東芝EMIプロデューサで、「世界の弦楽四重奏団とそのレコード」(全6巻)などの著書、作曲家としても弦楽四重奏のための作品がある。 本書は18世紀後半ベートーヴェンの時代の弦楽四重奏団に始まり、主としてウィーン・フィルのコンサート・マスター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

美しく青きドナウ

「ららら♪クラシック」今年第1回はヨハン・シュトラウスの「美しき青きドナウ」。 http://www.nhk.or.jp/lalala/archive.html いつもながら初心者でなくても勉強になる内容だったが、一点気になったのは男声合唱団による初演が大成功だったということ。 昨年末に見た「BS世界のドキュメンタリー 美しく青き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ビーチ・ボーイズ フォーエバー」

BSプレミアム「名作選 BSエンターテインメント/ビーチ・ボーイズ フォーエバー」、2002年9月に放送されたとのことだったが私は初めて観た。 「夏にラジカセで聞く音楽は、ビートルズではなくやはりビーチ・ボーイズ」と思っている私はやはり古い世代なのだと思うが、今回の映像はひじょうに懐かしかった。60年代のヒット曲やアルバムを聞くと、や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン/1790~1795年

ロンドン交響曲(ロンドンセット)成立に関連する出来事を辿ってみた。 ○1790.9.28 30年近く仕え続けてきたエステルハージ家の当主ニコラウス侯が他界 ○1790秋 ヨハン・ペーター・ザロモンがハイドンに対し、「ザロモン演奏会」への客演要請 ○1790.12.15 ウィーンを発ち第一回目のイギリス旅行へ ○1791.…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

有名指揮者の誕生日

前回、現役指揮者50人のデータを集めたので、既に亡くなられた方々および他に若い方などあと90人のデータを加え、再度集計してみた。 牡羊座(22人) 1867.03.25 アルトゥーロ・トスカニーニ 1928.03.25 ズデニェク・コシュラー 1905.03.26 アンドレ・クリュイタンス 1925.03.26 ピエール・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有名指揮者の生年

アバドやアルブレヒトも亡くなり、高齢の指揮者の方々も少なくなってきた。 以下、現役指揮者の方々の生年月日を調べてみた。 1923.10.03 スタニスラフ・スクロヴァチェスキ 1924.04.15 ネヴィル・マリナー 1924.08.14 ジョルジュ・プレートル 1925.03.26 ピエール・ブーレーズ 1927.07.1…
トラックバック:7
コメント:2

続きを読むread more

1月27日生まれの音楽家

1月27日はモーツァルトの誕生日として有名だが、ちょっと調べてみたところ音楽関係でも何人か有名な人がいることがわかった。 ○アリアーガ(1806~1826) スペインの作曲家、スペインのモーツァルトとの異名をとる ○エドゥアール・ラロ(1823~1892) フランスの作曲家、ヴァイオリンおよびヴィオラ奏者 ○ジェローム・カーン(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウィーン・フィル、ベルリン・フィル徹底比較」

「音楽の友」4月号は特集「ウィーン・フィル、ベルリン・フィル徹底比較」とのことで、ベルリン・フィルの第一コンマス3人の座談会始め、興味深い記事が載っていた。中でも両オケの在籍年数/出身地(国)が付記された団員一覧表。ベルリン・フィルのHPには団員の顔写真と経歴(入団年月/出身他、なお、以前は生年も載っていたが現在はない)が載っているのだ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

E.タール著「トランペットの歴史」~その2 世界の名奏者たち~

本書の「トランペットの新時代~1815年から現在まで~」の章に、各国のトランペット教育機関という節があり、奏者たちの紹介がなされている。 各奏者の生年だけでもなかなかまとまった情報がない状況なので、私が知っている/関心のある奏者に絞って、下記に抜き書き(一部補足)しておく。なお、本書にはこれ以外の情報が多く載せられている。 <フラン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more