テーマ:年表/生年

ロッシーニ:「主題と変奏」

ロッシーニ作曲の「主題と変奏」というと、普通は「クラリネットと管弦楽のための序奏、主題と変奏 変ロ長調」(1810)のことを指すのかも知れない。また、他にも「クラリネットと管弦楽のための変奏曲 ハ長調」(1809/1810)という曲もある。 さて、今回採り上げるのは上記のいずれでもなく、一般的には、フルート、クラリネット、ホルン、ファ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

バレンボイム/モーツァルト:ピアノ協奏曲集~その3:1980年代後半のベルリン・フィル~

このバレンボイムによる弾き振りディスク収録の頃のベルリン・フィルはどのような状況だったか、団員異動および映像ソフトに関して年表を作成してみた。1989年7月のカラヤンの死後、翌年からはアバド時代に入り、ベルリン・フィルは大きな変貌を遂げていくことになるのだが、団員の世代交代もその少し前から始まっている。木管セクションでは、元クラリネット…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1788年のモーツァルト

三大交響曲が作曲された1788年におけるモーツァルトの創作活動を追ってみた。なお、作成にあたっては「モーツァルト年譜~モーツァルト叢書5~」(音楽之友社/1974)、「モーツァルト:舞曲と行進曲全集」解説書ほかを参照した。 作曲の日付はモーツァルト自身により1784年から書き始められた「自作品目録」によっている。しかし、この作品目録に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小澤征爾=バイエルン放送響

図書館から小澤=バイエルン放送響のDVD(DREAMLIFE)を借りてきた。 1983年6月17日ミュンヘン、ヘラクレス・ザールでのコンサートの模様。曲目は下記の通り。 ○ベートーヴェン:「エグモント」序曲 ○ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調/ピアノ:マルタ・アルゲリッチ ○ストラヴィンスキー:バレエ音楽「春の祭典」(1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フィル歴代首席クラリネット奏者

プレヴィン=ウィーン・フィルの「シェヘラザード」(PHILIPS/1981.12)を久しぶりに取り出して聴いた。 今はなきフィリップス・レーベルの名演/名録音、ヴァイオリン・ソロはライナー・キュッヒル、それに加え、管楽器のソリストがクレジットされている。 ○フルート:ディーター・フルーリー ○オーボエ:ヴァルター・レーマイア ○…
トラックバック:6
コメント:1

続きを読むread more

ベルリン・フィルの第一コンサートマスター

私が知るようになってからのベルリン・フィル歴代の第一コンマスの在籍年と就任時の年齢を調べてみた。 ○ミシェル・シュワルベ(1957~1983?/38歳) ○トマス・ブランディス(1962~1983/27歳) ○レオン・シュピーラー(1963~1994/35歳) ○安永徹(1983~/32歳:入団は1977/26歳) ○ダニエル…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

マティアス・リュッタース

2006/10/21の私のブログを見た方から、ベーム=ベルリン・フィルのブラームス:交響曲第1番のフルート奏者を教えていただいた。 http://zauberfloete.at.webry.info/200610/article_20.html リュッタース自身が語っていたという、その方の知人経由の話とのことだが、大変貴重な情報をい…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:交響曲第86番ニ長調

私がこの曲を知ったのはつい最近のこと。 とはいえ、パリ交響曲セットはカラヤン、ザンデルリンクなどのディスクをかなり前から持っていたので、何回か聴いたことがあるのは確実なのだが、これまでは聴き流していたということなのだろう・・。 私がこの曲に目覚める(?)きっかけになったのは、ヴォルフ=セント・ポール室内O(Teldec)による演奏。…
トラックバック:6
コメント:0

続きを読むread more