テーマ:CD

シュテファン・フラダー/ベートーヴェン協奏曲集

最近はあまり購入意欲をそそるCDはなかったのだが、たまたまその存在を知ったのがこのCD。リリースされていたことも知らなかった。 内田光子/ラトル=BPhのピアノ協奏曲全集もちょっと聴いてみたいとは思ったが、ザンデルリンクとの旧全集を持っていることもあり、こちらのセット(Capriccio)を購入した。曲目等は下記の通り。 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロール:歌劇「ザンパ」序曲

「オペラ・コミック」の序曲集というCD(NAXOS)を購入した。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○グノー(1818-1893):歌劇「血まみれの修道女」序曲(シャルル・デルソー編)(1854) ○アレヴィ(1799-1862):歌劇「女王の銃士たち」序曲(1846) ○ドリーブ(1836-1891):歌劇「王様のお言葉」序曲(187…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

モーツァルト/K461,462,463

モーツァルトが作曲した、 5つのメヌエットK461 6つのコントルダンス*K462 コントルダンスを伴う2つのメヌエットK463 の3曲は、モーツァルトが1784年2月に自作カタログを作成しはじめる直前の作品と言われている。 3曲とも、ヴァイオリン二部、バス、管楽器という小さな編成で小品ばかりだが、個人的には大好きな舞曲集。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイエルン放送響2020/2021シーズンの公演予定

バイエルン放送響2020/2021シーズンの公演予定が発表されている。 https://www.br-so.com/new-season-2020-21/ 昨年11月にヤンソンスが亡くなった後、首席指揮者は空席となっている。 客演予定の指揮者は下記の通り。 Herbert Blomstedt/ヘルベルト・ブロムシュテット Gu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン木管アンサンブル/モーツァルト:セレナーデ ハ短調

たまたまYouTubeで、ウィーン木管アンサンブル(木管五重奏)によるモーツァルト:セレナーデ ハ短調 の映像を見つけた。 1991年11月5日/東京文化会館小ホール での演奏会。 メンバーはFlフルーリー、Obトゥレチェク、Clオッテンザマー、Fgトゥルノフスキー、Hrアルトマン。 オリジナルは管楽八重奏K388(弦楽五重奏K4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーシャル氏&テルヴィリガー氏

バイエルン放送響のHPを見たところ、 https://www.br-so.com/orchestra/instrumentation/ ファゴット首席:エーバーハルト・マーシャル氏 ホルン首席:エリック・テルヴィリガー氏 の名前が消えている。お二人とも1954年生まれだったので、定年退職されたのだろう。 長い間お疲れさまでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダインツァー/モーツァルト:クラリネット協奏曲

ダインツァーが吹いたモーツァルト:クラリネット協奏曲は2種類の録音(どちらもコレギウム・アウレウムとの協演)が存在する。 https://zauberfloete.at.webry.info/202003/article_1.html 佐伯茂樹氏が「思い出の一枚」に挙げているのは1973年の録音。 私が持っているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンス・ダインツァー氏ご逝去

ドイツのクラリネット奏者、ハンス・ダインツァー氏が亡くなられた(享年86歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 https://slippedisc.com/2020/02/mourning-for-influential-clarinet/ ダインツァー氏は30年間ハノーファ音楽大学で教鞭をとられ、門下にはザビーネ・マイヤー、ライナー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ああ、私には判る、すべては消え」/モイツァ・エルトマン

モイツァ・エルトマン/「モーツァルト・ガーデン」に収録されている、 https://zauberfloete.at.webry.info/202001/article_22.html ○モーツァルト:歌劇「魔笛」から「ああ、私には判る、すべては消え」(パミーナ) について、ライナーノーツには本人による下記のようなコメントが掲載さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モイツァ・エルトマン/「モーツァルト・ガーデン」

モイツァ・エルトマンが歌う「モーツァルト・ガーデン」というCD(DG/2010)を聴いた。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:歌劇「ツァイーデ」から「 虎よ!その爪を研げ」(ツァイーデ) ○サリエリ:歌劇「ダナオスの娘たち」から「 あなたの娘が、震えながら」(ヒュペルムネーストラー) https://www.youtube…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト生誕264年

モーツァルト生誕264年。264は「リゾンは眠る」のケッヘル番号でもあるのでモーツァルトのピアノのための変奏曲について調べてみた。 ピアノのための変奏曲というと「きらきら星変奏曲」ばかりが有名だが(次は「デュポール」?)、ニール・ザスラウによる「モーツァルト全作品事典」(音楽之友社/2006.12)によれば、モーツァルトのピアノのため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリー・タックウェル氏ご逝去

バリー・タックウェル氏が1/16に亡くなられたとのこと(享年88歳)。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://www.abc.net.au/classic/read-and-watch/news/vale-barry-tuckwell/11876484 https://slippedisc.com/2020/01/sadnes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリテン/モーツァルト名演集

ブリテンが指揮するモーツァルト名演集(DECCA/タワーレコード)というCDを購入した。曲目等は下記の通り。 ●CD1 1. モーツァルト:交響曲第25番ト短調K183 (173dB) 2. モーツァルト:交響曲第29番イ長調K201 (186a) 3. モーツァルト:交響曲第38番ニ長調K504「プラハ」 ●CD2 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューベルト交響曲全集/アーノンクール=BPh

図書館のCD棚を見ていたら、何とアーノンクール=BPhのシューベルト交響曲全集(Berliner Philharmoniker Recordings)があったので借りてきた。私はミサ曲やオペラなどが入ったセットしか知らなかったのだが、交響曲のみのセットも発売されていたらしい。 とりあえず、「未完成」(2004.12)、第5番(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購入CD/2019年

2019年に購入したCDは下記の21点。自分が出演したプライベート盤などは別途購入しているが、他にはDVDを数点購入した程度。 欲しい新譜/録音というものがオッフェンバックを除きほとんどないので、結局昔の録音のリマスター盤などを多く購入することとなった。 ●:新譜/△:既購入盤の買換え/○:既発売盤/*:演奏予習用 ○ヴィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペーター・シュライヤー氏ご逝去

ペーター・シュライヤー氏がお亡くなりになった(享年84歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 https://slippedisc.com/2019/12/peter-schreier-died-on-christmas-day/ 私が最初に買った「魔笛」(スゥイトナー=SKD/1970)でタミーノを歌っていたのがシュライヤーだった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

追悼 マリス・ヤンソンス氏

この20年間、セッション録音(録音のためにホールやスタジオを借り切って収録すること)という形態は激減したが、ライブ録音という形で最も多くの録音や映像を残した指揮者がヤンソンス氏ではなかったかと思う。 RCO LIVE(ロイヤル・コンセルトヘボウO自主レーベル)、BR-KLASSIK(バイエルン放送自主レーベル)などに残した録音および、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:協奏交響曲 変ロ長調/小澤征爾=ベルリン・フィル

ウィーン・フィルのメンバーによるこの曲は下記の3種類の録音と映像が残されている。 ○キュッヒル、シャイヴァイン、マイアホファ、ツェーマン/ ベーム=ウィーン・フィル(DG/1973.9) ○キュッヒル、バルトロメイ、レーマイア、ヴェルバ/ バーンスタイン=ウィーン・フィル(UNITEL/1984.10)*DVD ○キュッヒル、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1970ザルツブルク音楽祭/ベーム=ベルリン・フィル

1970年のザルツブルク音楽祭のライブCD/ベーム=ベルリン・フィル(TESTAMENT)を購入した。2014年に発売されたらしいが、その時は気づかずに今回やっと購入した。 https://testament.co.uk/karl-bohm-2-cd-set-for-the-price-of-1-5.html *なお、本日発売の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイモンド・レッパード氏ご逝去

レイモンド・レッパード氏が10月22日、92歳で亡くなられたとのこと。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://slippedisc.com/2019/10/sda-news-a-fine-conductor-has-died-at-92/ 以下、Wikipediaからの引用。 レイモンド・レッパード (Raymond Joh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調

LP時代、この曲は私にとって未知の曲で、レコードも一枚も持っていなかった。CD時代になって、ロストロポーヴィチ/カラヤン=ベルリン・フィル(DG/1968)を購入。あまりの名演に他の演奏は不要、とも思ったが実際にオケで演奏するようになってから、下記のようなCDを購入した。 〇デュ プレ/バレンボイム=シカゴSO(EMI/1971) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タンホイザー」/バイロイト音楽祭2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は「バイロイト音楽祭2019」、ゲルギエフ指揮の「タンホイザー」。声楽ソリスト等は下記の通り。 〇ヘルマン:ステファン・ミリング 〇タンホイザー:ステファン・グールド 〇ウォルフラム:マルクス・アイヒェ 〇ワルター:ダニエル・ベーレ 〇ビテロルフ:カイ・シュティーファーマン 〇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァイグレ=読響

録画しておいた「クラシック音楽館」をやっと観た。ヴァイグレ=読響によるコンサート。曲目等は下記の通り。 〇ワーグナー:楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲 〇シューマン:チェロ協奏曲 イ短調 作品129 〇バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番 BWV1007「サラバンド」(アンコール) 〇ベートーヴェン:交響曲第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カトリーヌ・カンタン

カトリーヌ・カンタンといえば、プレートル=パリ・オペラ座管弦楽団のモーツァルト協奏曲集のCD(FORLANE/1988)で、ト長調のコンチェルトとフルートとハープのための協奏曲の2曲でソロを吹いていた人。あらためて聴き直してみたが、艶やかな音色で若々しくアグレッシブな演奏をしている。 名前しか知らない奏者だったが、バンド・ジャーナル9…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ホルン協奏曲集/ザイフェルト、カラヤン=ベルリン・フィル

ザイフェルトが吹くモーツァルト:ホルン協奏曲集のCD(SACD HYBRID)を購入した。1968年録音盤で、LPはもちろん、CD(ガレリア・シリーズ)も持ってはいたが、2019年最新リマスタリング/SACDハイブリッドとあっては買わない訳にはいかない。 従来版に比べ、より滑らかな音質と静けさの増した空気感はさすがと思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン没後30年

以前、私のリピート・ディスクということで採り上げた中から、カラヤンの録音をピックアップしてみた。 https://zauberfloete.at.webry.info/201609/article_21.html https://zauberfloete.at.webry.info/201609/article_23.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hier stehe ich als Raecher,ich selbst bin Eisenstein!/復讐す…

J.シュトラウス:喜歌劇「こうもり」第三幕終盤の第15曲テルツェット、オイレンブルク版スコアで569小節目。 弁護士に変装したアイゼンシュタインがロザリンデとアルフレートの相談を受けているうちに我慢できなくなり、かつらと眼鏡を投げ捨てて「俺こそがアイゼンシュタインだ」と正体を明かす場面。 オケは、高弦のキザミの上に ffで金管+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ホルン協奏曲第4番/ペーター・ダム新旧録音

先日、モーツァルトの「アレグロ マエストーソ」という記事を書いたところ、 https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_6.html cherubinoさんから詳細なコメント/解説をいただいた。 そして、cherubinoさん自身のブログにこの曲の長さ(小節数の異同)に関する興…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルトの「アレグロ マエストーソ」

モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調K313第一楽章に書かれている「アレグロ マエストーソ」の発想標語について調べてみた。 https://zauberfloete.at.webry.info/201906/article_5.html マエストーソは一般に日本語訳では、「威厳を持って、荘厳に」と訳されるが同時に、感嘆、尊敬の念…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

グラフェナウアーのモーツァルト K313

自主的に音楽を聴きたい時に取り出す機会が多いのはこの演奏。とはいっても、グラフェナウアーが吹くモーツァルトのト長調のコンチェルトは2種類ある。 ●ヴァント=バイエルン放送響(BR KLASSIK/1981.10.16) 9:39/9:14/7:13 https://zauberfloete.at.webry.info/20100…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more