テーマ:CD

「魔弾の射手」序曲

4月の演奏会でこの曲を演奏する。私にとっては大学時代に演奏(東京、ベルリン)して以来、 https://zauberfloete.at.webry.info/201204/article_12.html 先月が5回目(この時ホルンパートは大半がプロの方だったため見事な演奏だった)、 https://zauberfloete.at.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヴィヴァルディ:ファゴット協奏曲イ短調RV498

アントニオ・ヴィヴァルディ(1678~1741)は生涯に2曲の断片を含む39曲のファゴット協奏曲(RV466~504)を作曲したが、モルツィン侯爵に献呈された曲(ト短調RV496)など一部の曲を除けば、ヴィヴァルディが教えていたピエタ慈善院付属音楽院の学生のために作曲されたと考えられている。 これらの曲の作曲年代については明らかになっ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

シベリウス:交響曲第6番ニ短調

「ヘルベルト・ブロムシュテット自伝」(アルテスパブリッシング/2018.10)を読んでいたら、ブロムシュテット=サンフランシスコ交響楽団の演奏(DECCA/1995)のこの曲を聴きたくなり、ずいぶん久しぶりに聴いてみた。 枯れた、モノトーンの色付けで、オーボエやティンパニなどの音色にやや不満はあるものの、全般的な雰囲気はよく出ている演…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン室内管弦楽団/Wiener Kammerorchester

近々発売予定のメルツェンドルファー指揮のハイドン交響曲全集、オケはウィーン室内管弦楽団と書かれている。 https://tower.jp/item/4831653/ ウィーン室内管弦楽団と言えば、1980年代初めにリリースされたコンサート・アリア全集(DECCA)のオケだったことを思い出す(指揮はジェルジ・フィッシャー)。 ウィー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購入CD/2018年

●:新譜/△:既購入盤の買換え/○:既発売盤/*:演奏予習用 ●ラトル/ハイドン:「想像上のオーケストラの旅」 https://zauberfloete.at.webry.info/201803/article_5.html ●「愛しいオーボエ協奏曲」/カレル・クリユス(Ob、指揮)リトアニア室内管弦楽団(ALBA/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロッシーニ:弦楽のためのソナタ

ロッシーニの弦楽のためのソナタは私にとって以前から愛着のある曲集。 1804年(ロッシーニ12歳!)に3日間で書き上げられたとされている。 https://zauberfloete.at.webry.info/201208/article_7.html この曲集のディスクはかなりの枚数持っているのだが、 https://zaub…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲

この二重協奏曲のオリジナルスコアは散逸してしまっているのだが、バッハはこの曲を後年「2台のチェンバロのための協奏曲」BWV1060に編曲しており、それに基づいて第三者の手によって元の形に復元されたという経緯があるらしい。 私は絶対音感がないので、これまで気がつかなかったのだが、このオーボエとヴァイオリンのための協奏曲には2つの版がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラリー・ハーン/バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ

ヒラリー・ハーンが弾くバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータの続編がDECCAからリリースされた。曲目等は下記の通り。 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV1001 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調 BWV1002 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調

今度の日曜の演奏会でこの曲を演奏する。ベートーヴェンの作品の中でも自主的に聴く回数が特に多いこの曲は昔から聴き込んできたが、実際に演奏するのは今回が初めて(これまでベートーヴェンのピアノ協奏曲は第3番しかやったことがない)。 LP時代はバックハウス/イッセルシュテット=ウィーン・フィル(DECCA/1959)、ワイセンベルク/カラヤン…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ユリア・フィッシャー/モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集

ユリア・フィッシャーが弾くモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲全集(Pentatone)、SACD Hybrid盤3枚組にDVDも付いて特価だったことに加え、ジャケットの魅力にも惹かれつい購入してしまった。 収録曲目は下記の通り(/以下はカデンツァ作曲者) ○ヴァイオリン協奏曲第1番変ロ長調 K207 ○ヴァイオリン協奏曲第2番ニ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:協奏交響曲~ホルンのための音楽~/バボラーク

バボラークが吹くモーツァルト:ホルンのための音楽集のCD(2枚組/SUPRAPHON)を購入した。オケ伴奏はバボラーク指揮バボラーク・アンサンブル。曲目等は下記の通り。 ○ホルン協奏曲変ホ長調K370b/ヘルマン・ユーリッセン(補完)、ラデク・バボラーク(カデンツァ) http://www.hermanjeurissen.n…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ベルサリエリ・マーチ

今から数十年前、NHK-FMの朝7~8時頃に放送されていた「朝のリズム」という番組があった。番組の内容はあまり覚えていないが、その開始/テーマ曲だけは鮮明に覚えている。が、曲名がわからないので、試しに「朝のリズム テーマ曲」で検索をかけてみたところ、マントヴァーニ・オーケストラの演奏による、「ベルサリエリ・マーチ」という曲だということが…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブランデンブルク協奏曲/ゲーベル=ベルリン・バロック・ゾリステン

ゲーベル=ベルリン・バロック・ゾリステンの「ブランデンブルク」を聴いた。 本CDは解説書がひじょうに充実しており、全曲の演奏者名、ゲーベルによる作品と演奏についてのノート、矢澤孝樹氏による解説、演奏者について、ソリスト・プロフィールなどが付いている。 以下演奏者(解説書を再編集)。 ●ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調 B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/こうもり

J.シュトラウスの「こうもり」はおそらく実演で観た回数の最も多いオペラ/オペレッタで、大好き、そして良く知っている作品の一つ。クライバー/バイエルンの映像が出てからはそればかりを試聴することとなってしまったが、全曲録音はカラヤン(古い方)とプレヴィンの2種類しか持っていない。 https://zauberfloete.at.webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギュンター・ピースク氏ご逝去

ベルリン・フィルのHPでピースク氏のご逝去が報じられている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/guenter-piesk-obituary/ ピースク氏は1921年ゲルリッツ生まれ、1947年ベルリン・フィル入団(2nd奏者)、1956年からコントラファゴッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サー・サイモン・ラトルBPh退任

録画しておいた「プレミアムシアター」の後半を観た。 ●サイモン・ラトル指揮 ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団/フェアウェル・コンサート ○マーラー:交響曲第6番イ短調 収録:2018年6月19・20日/ベルリン・フィルハーモニー ●ベルリン・フィル/ヴァルトビューネ・コンサート2018 ○ガーシュイン:キューバ序曲 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レ・ヴァン・フランセ/モーツァルト:協奏交響曲K297b

レ・ヴァン・フランセによるモーツァルト:協奏交響曲K297bのCD(WARNER/2017)を聴いた。軽やかで愉悦感に富んだユニークな名演と思う。 最も驚いたのがオダンのバソンの音色。誰が聴いてもファゴットとしか思えないもので、ここまでしなくても(?)と個人的には思った。もちろん、技術的/音楽的に申し分ないのであるが・・・。 ルルー…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

最近購入したCD

●オッフェンバック序曲集/ダレル・アン=リール国立管弦楽団(NAXOS/2016.3) http://ml.naxos.jp/album/8.573694 収録曲は下記の通り。 ○喜歌劇「地獄のオルフェ(天国と地獄)」序曲(C.ビンダー&J.G.ブッシュによる管弦楽編) (1860) ○喜歌劇「鼓手隊長の娘」序曲 (1879) …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:交響曲第91番変ホ長調

この曲が作曲されたのは1788年(ニューヨークのピアポント・モーガン図書館所蔵の自筆譜による)。1788年というのはモーツァルトが三大交響曲を作曲した年にあたる。 http://zauberfloete.at.webry.info/201202/article_18.html 「パリ交響曲集」の人気はフランスからの二度目の注文となり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フリッツ・レーマン/バッハ:カンタータ集

ベルリン・フィルによるバッハのカンタータというと、かなり以前、カール・フォルスターという人の指揮による録音があった(EMI)。 http://tower.jp/item/67230/Bach:-Cantatas---Fischer-Dieskau,-Forster,-et-al http://tower.jp/item/62624/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラトル/ハイドン:「想像上のオーケストラの旅」

ラトル=ロンドン響によるハイドン:「想像上のオーケストラの旅」のCD(LSO/2017)を聴いた。以前、ベルリン・フィルのコンサートでも演奏され、デジタル・コンサートホールで観たことはあるのだが、今回はオケがロンドン交響楽団に代わっての録音。 http://zauberfloete.at.webry.info/201504/art…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルトのCD

午前中の練習がなかったので(代わりは日曜の夜という最悪のパターン)、久しぶりにメイン・システムでCDを聴いた。モーツァルトの誕生日ということで聴いた曲は下記の通り。 ○セレナーデ ト長調K525/ベーム=WPh(DG/1976) パワーアンプを温める意味で第二楽章から聴いた。昔から弦が硬質になりがちな鳴らしにくいソース。鳴らし始…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェーファー/モーツァルト & R.シュトラウス アリア集

クリスティーネ・シェーファーが歌うアリア集を聴いた。このディスクは1997年に録音されたもの(DG)で、シェーファーにとってメジャー・レーベルからのデビュー・アルバムだった。収録曲目は下記の通り。なお、オケはアバド=ベルリン・フィル、K505のピアノはピリスが弾いている。 ○モーツァルト:わたしの感謝を受けたまえ、やさしき保護者よ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラジオから流れてきたK216

練習に出かける前の午前中、少し時間があったのでラジカセでFMを聴こうと思い、スイッチを入れるとモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216第一楽章(の途中)をやっていた。誰の演奏かと思ったが、私が知っている演奏ではない。 http://zauberfloete.at.webry.info/201112/article_27.h…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

購入CD/2017年

一年間に購入したCDについて、これまで7~6月という変則期間になっていたので、今回から1~12月に変更することにした(下記の記事と一部重複あり)。 http://zauberfloete.at.webry.info/201707/article_7.html ということで2017年に購入したCDは下記の通りとなる。 (●:新譜/△…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「冬の旅」/波多野睦美

シューベルト:「冬の旅」、タナを探したところ下記のディスクが見つかった。 ○ディースカウ/バレンボイム(DG/1979) ○ディースカウ/ブレンデル(PHILIPS/1985) ○シュライアー/シフ(DECCA/1991) ○ゲルハーエル/フーバー(ARTE NOVA/2001) ○ゲルネ/ブレンデル(DECCA/2003) …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン:交響曲第48番ハ長調

11月の演奏会でこの曲を演奏する。今回使用するのはトランペット、ティンパニが除かれている版。私もよく知らなかったのでちょっと編成について調べてみた。 以下、cherubinoさんのブログ http://gospels.cocolog-nifty.com/classic/2014/08/22-98e6.html を参考にさせていただ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヘンゲルブロック/=NDRエルプ・フィル/ブラームス4番

ハンブルクに新しくできたエルプ・フィルハーモニーで昨年11月に録音されたヘンゲルブロック=北ドイツ放送エルプ・フィルハーモニー管弦楽団によるブラームス3・4番のCD(SONY)を図書館で借りてきた。 第4を聴き始めてびっくり。作曲者自身によって削除された4小節の序奏が演奏されている。 この「幻」の序奏の存在は知っていたが、実際に聴く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アッツォリーニ/モーツァルト:ファゴット協奏曲

アッツォリーニが吹くモーツァルトの協奏曲のCD(SONY)を購入した。 アッツォリーニのモーツァルトの協奏曲録音は、私の知る限り、アードランド=ヨーロピアン・コミュニティ室内O(IMP/1992)のみと思う。あとは、ザビーネ・マイヤー管楽アンサンブルでの録音(EMI)、マーロット木管五重奏団(Glissando)など。そして、2015…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

購入CD(2016/7~2017/6)

この一年間で購入したCDは下記の13点のみで、年間200~300枚くらい購入していた頃と比べると隔世の感がある。新譜を含め発売されるCD点数が大幅に減少していることもあろうが、個人的に欲しいと思える録音がほとんど出てこなくなったという事情もある。また、YouTubeなどパソコンで聴いたり、図書館でCDを借りたりなど過去にはしていなかった…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more