テーマ:オペラ

オペラ公演中止

9月に予定されていたオペラ/「椿姫」公演中止が決定された。 この4月時点では演出をやめコンサート形式で実施するとのアナウンスがされたのだが、昨今の状況下、一回も練習は行われないまま中止となった。ひじょうに残念だが仕方がない。 来年の7月に同じ曲目/演出/声楽ソリストで公演を行うとのことなので、実質的には一年間延期されたことになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パリ・オペラ座公演/歌劇「みやびなインドの国々」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。 今回はパリ・オペラ座公演、ラモー:歌劇「みやびなインドの国々」。 声楽ソリスト等は下記の通り。 ○エベ/ファニ/ジマ:サビーヌ・ドゥヴィエル ○エミリ/ファティム:ジュリー・フックス ○ベローヌ/アダリオ:フロリアン・サンペイ ○ユアスカル/アルヴァール:アレクサンドル・デュアメ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国ロイヤル・オペラ公演/歌劇「運命の力」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は英国ロイヤル・オペラ公演/ヴェルディ:歌劇「運命の力」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○カラトラーヴァ侯爵:ロバート・ロイド ○レオノーラ:アンナ・ネトレプコ ○ドン・カルロ:リュドヴィク・テジエ ○ドン・アルヴァーロ:ヨナス・カウフマン ○プレチオシッラ:ヴェロニカ・シメオー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤原歌劇団公演/「リゴレット」

録画しておいた「プレミアムシアター」後半を観た。藤原歌劇団公演 /ヴァルディ:歌劇「リゴレット」、声楽ソリスト等は下記の通り。 ○マントヴァ公爵:笛田博昭 ○リゴレット:須藤慎吾 ○ジルダ:佐藤美枝子 ○スパラフチレ:伊藤貴之 ○マッダレーナ:鳥木弥生 ○ジョヴァンナ:河野めぐみ ○モンテローネ伯爵:泉良平 ○マルッロ:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二期会公演/「蝶々夫人」

録画しておいた「プレミアムシアター」前半を観た。二期会公演/プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」、声楽ソリスト等は下記の通り。 ○蝶々夫人:大村博美 ○ピンカートン:小原啓楼 ○シャープレス:久保和範 ○スズキ:花房英里子 ○ゴロー:高田正人 ○ボンゾ:三戸大久 ○ヤマドリ:大川博 ○役人:白岩洵 ○ケート:田崎美香 ○青年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミラノ・スカラ座2019/20開幕公演 歌劇「トスカ」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はミラノ・スカラ座2019/20開幕公演、プッチーニ: 歌劇「トスカ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○トスカ:アンナ・ネトレプコ ○カヴァラドッシ:フランチェスコ・メーリ ○スカルピア男爵:ルカ・サルシ ○アンジェロッティ:カルロ・チーニ ○教会の番人:アルフォンソ・アントニオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「天国と地獄」/ザルツブルク音楽祭2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はザルツブルク音楽祭2019、オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○世論:アンネ・ソフィー・フォン・オッター ○ジョン・ステュクス:マックス・ホップ ○ウリディス:キャスリーン・リーウェック ○オルフェ:ホエル・プリエト ○アリステ/プリュトン:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラインドボーン音楽祭2019/歌劇「魔笛」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。グラインドボーン音楽祭2019/モーツァルト:歌劇「魔笛」、声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ザラストロ:ブリンドリー・シェラット ○タミーノ:デイヴィッド・ポルティーヨ ○夜の女王:カロリーネ・ヴェッテグレン ○パミーナ:ソフィア・フォミナ ○夜の女王に仕える3人の侍女:エスター・デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コジ・ファン・トゥッテ」/アダム・フィッシャー=WPh

ザルツブルク音楽祭2009のモーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」、アダム・フィッシャー=ウィーン・フィルによる演奏。声楽ソリストなどは下記の通り。 ○フィオルディリージ:ミア・パーション ○ドラベッラ:イザベル・レナード ○フェランド:トピ・レーティプー ○グリエルモ:フローリアン・ベッシュ ○ドン・アルフォンソ:ボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドン・ジョヴァンニ」/ド・ビリー=WPh

クラウス・グート演出、ド・ビリー指揮によるザルツブルク音楽祭2008でのモーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」はウィーン版。 ドン・ジョヴァンニの地獄落ちで終わる版があるくらいのことは私も知っていたが、実際に観るのは初めて。そして初めて聴くツェルリーナとレポレッロのデュエットにも驚かされた。 念のため、ウィーン版の復習。 「ドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フィガロの結婚」/アーノンクール=WPh

アーノンクール=WPhによる、モーツァルト:「フィガロの結婚」を観た。声楽ソリストなどは下記の通り。 ○フィガロ:イルデブランド・ダルカンジェロ ○スザンナ:アンナ・ネトレプコ ○伯爵夫人:ドロテア・レシュマン ○アルマヴィーヴァ伯爵:ボー・スコウフス ○ケルビーノ:クリスティーネ・シェーファー ○マルツェリーナ:マリー・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOZART/DA PONTE OPERAS

CDやDVDは主にインターネットで買い物をするようになったため(逆に言うと店頭にはあまり行かなくなったため)、偶然店頭で見つけた商品を衝動買いするということもほとんどなくなった。 CDの場合、Tレコード等の大手販売店のサイトでリスト化されているもの以外にも、各国中小レーベルで発売されている希少な録音があるとは思うが、もはやそれらの現物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チューリヒ歌劇場公演/ヴェルディ:歌劇「ナブッコ」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はチューリヒ歌劇場公演、ヴェルディの「ナブッコ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ナブッコ(バビロニア王):ミヒャエル・フォレ ○イズマエーレ(エルサレム王の甥):バンジャマン・ベルネーム ○ザッカーリア(ヘブライの大祭司):ゲオルク・ツェッペンフェルト ○アビガイッレ(ナブッコが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドリード・レアル劇場公演/「イドメネオ」

旅行で家をあけていると、帰宅後やるべきことが多くある。 ・不在期間中のメールのチェックと返信 ・ 〃 インターネット記事(音楽関係ニュース等)の閲読 ・ 〃 新聞の閲読 などで、これらは2~3日中に終了したものの、最後まで残っていたのが録画した番組の視聴。少しずつ視聴してやっと全部観ることができた。 9/16深夜の「プレミアム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「タンホイザー」/バイロイト音楽祭2019

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回は「バイロイト音楽祭2019」、ゲルギエフ指揮の「タンホイザー」。声楽ソリスト等は下記の通り。 〇ヘルマン:ステファン・ミリング 〇タンホイザー:ステファン・グールド 〇ウォルフラム:マルクス・アイヒェ 〇ワルター:ダニエル・ベーレ 〇ビテロルフ:カイ・シュティーファーマン 〇…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パーセル:「ディドとエネアス」

ヘンリー・パーセル:「ディドとエネアス」の公演を観た(8/13:セシオン杉並)。声楽ソリスト等は下記の通り。 〇ディド:見角悠代 〇ベリンダ:関口紫野 〇魔法使い/精霊:原田泰彦 〇エネアス:齊藤州重 〇侍女2 & 魔女1:小林美央 〇魔女2 & 水夫:田代光花 〇指揮/合唱指導:右近大次郎 〇管弦楽指導:ジョアン・プラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」公演終了

二日間(7/20・21)の「こうもり」公演を終えた。7/19夜と7/20昼に各ゲネプロを行ったので三日間で全曲を4回演奏したことになる。各公演には多くの方々に聴きに来ていただいた。声楽ソリストの方々の見事な歌唱/演技は聴衆の方々に十分楽しんでいただけたと思う。 私自身も、馴染み深い「こうもり」ということで、時々舞台も見ながら存…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Hier stehe ich als Raecher,ich selbst bin Eisenstein!/復讐す…

J.シュトラウス:喜歌劇「こうもり」第三幕終盤の第15曲テルツェット、オイレンブルク版スコアで569小節目。 弁護士に変装したアイゼンシュタインがロザリンデとアルフレートの相談を受けているうちに我慢できなくなり、かつらと眼鏡を投げ捨てて「俺こそがアイゼンシュタインだ」と正体を明かす場面。 オケは、高弦のキザミの上に ffで金管+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」歌合わせ

オペラ公演本番を二週間後に控え、歌合わせがあった。歌合わせは例年2回あるのだが、今年は今日1回のみ。そして今年はいつもの小学校体育館ではなく、空調設備のある公共施設。昨年は35℃という劣悪な環境で身体も楽器も疲弊が激しかったが、 https://zauberfloete.at.webry.info/201807/article_8.h…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ランメルモールのルチア」/ウィーン国立歌劇場

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はドニゼッティ:歌劇「ランメルモールのルチア」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○エンリーコ・アシュトン卿(バリトン):ジョルジュ・ペテアン ○ルチア(ソプラノ):オルガ・ペレチャツコ ○エドガルド卿(テノール):フアン・ディエゴ・フローレス ○アルトゥーロ・バックロー卿(テノール)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザルツブルク音楽祭2018/「アルジェのイタリア女」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はザルツブルク音楽祭2018、ロッシーニ作曲 歌劇「アルジェのイタリア女」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○イザベッラ:チェチーリア・バルトリ ○ムスタファ:イルダール・アブドラザコフ ○リンドーロ:エドガルド・ロチャ ○タッデーオ:アレッサンドロ・コルベッリ ○ハーリー:ホセ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「こうもり」練習開始

7月下旬のオペラ本番に向けて練習が始まった。今回は歌合わせが一回(!)しかないらしく、あとはすべてオーケストラだけの練習となる。昨年の11月には、序曲以外は手書きのパート譜(Kalmus版?)が配信され、同時に配信されたスコア(Peters版、ただしEulenburg版のリプリント)に内容を合わせるように、および練習番号を記入しておくよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「マクベス」/ドミンゴ&ネトレプコ

録画しておいた「プレミアムシアター」をやっと観た。今回はベルリン国立歌劇場公演/ヴェルディ:歌劇「マクベス」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○マクベス:プラシド・ドミンゴ ○バンクォー:ヨン・グァンチョル ○マクベス夫人:アンナ・ネトレプコ ○マクベス夫人の侍女:エヴェリン・ノヴァク ○マクダフ:ファビオ・サルトーリ ○マル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「オルフェオとエウリディーチェ」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はグルックの歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○台本:ラニエーリ・デ・カルツァビージ ○曲:クリストフ・ウィリバルト・グルック ○オルフェオ(カウンターテナー):フィリップ・ジャルスキー ○エウリディーチェ(ソプラノ):パトリシア・プティボン ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイロイト音楽祭2018/ローエングリン

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。今回はバイロイト音楽祭2018/ローエングリン。声楽ソリストなどは下記の通り。 ○ドイツ国王ハインリヒ:ゲオルク・ツェッペンフェルト ○ローエングリン:ピョートル・ベチャワ ○エルザ・フォン・ブラバント:アニヤ・ハルテロス ○テルラムント(ブラバントの伯爵):トマシュ・コニェチュニ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン/こうもり

J.シュトラウスの「こうもり」はおそらく実演で観た回数の最も多いオペラ/オペレッタで、大好き、そして良く知っている作品の一つ。クライバー/バイエルンの映像が出てからはそればかりを試聴することとなってしまったが、全曲録音はカラヤン(古い方)とプレヴィンの2種類しか持っていない。 https://zauberfloete.at.webry…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カルメン」公演終了

二日間(7/21・22)の「カルメン」公演を終えた。7/20の夜と7/21昼に各ゲネプロ(7/21は公開)を行ったので三日間で全曲を4回演奏したことになる。各公演には暑さの中、多くの方々に聴きに来ていただいた。 声楽ソリストの方々の見事な歌唱/演技は、聴衆の方々に十分楽しんでいただけたと思うが、合唱団、オケも微力ながら貢献でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハバネラ

「ハバネラ」というのは、元々キューバの民族舞曲なのだが、「スペイン舞曲」として有名になってしまっている。「カルメン」の「ハバネラ」について、既に紹介済みの「オペラ名作鑑賞Vol.9 カルメン」(世界文化社/2009.2)に、 http://zauberfloete.at.webry.info/201807/article_7.html…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カルメン」舞台稽古

オペラ本番公演を一週間後に控え、舞台稽古が行われた(7/15)。お昼の12時から休憩をはさみつつ夜まで、ダブルキャスト/二日公演のため、A組B組の声楽ソリスト、合唱団、児童合唱団を交えての通し2回と一部返しの練習。 これだけでも大変なのだが、最大の問題点(?)は会場が区立小学校の体育館だったこと。東京の日中の最高気温は約35℃の暑さ。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トレアドール

「オペラ名作鑑賞Vol.9 カルメン」(世界文化社/2009.2)を図書館から借りてその解説書を読んでいたところ、永竹由幸氏による闘牛に関する説明が書かれていた。その中の「近代の闘牛」という項の中に下記のような記述がある。 現在行われているような闘牛のスタイルが定着したのは19世紀の半ば頃からである。1851年に死んだフランシスコ・モ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more