テーマ:モーツァルト

コパチンスカヤ弾き振りによるモーツァルト40番

コパチンスカヤが弾き振りを行っている、モーツァルト:交響曲第40番ト短調。 カメラータ・ベルンとの2020年2月の演奏。オーボエは吉井瑞穂さんのようにも見える。 https://vimeo.com/jamesdaniel/review/433198035/55b2fc170c Slipped Discで紹介されていたのだが、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モイツァ・エルトマン

録画しておいた「クラシック倶楽部」をやっと観た。 モイツァ・エルトマンのリサイタル。曲目等は下記の通り。 ○ハイネ作詞/メンデルスゾーン作曲:「新しい恋」作品19a第4 ○ヴィレマー作詞/メンデルスゾーン作曲:「ズライカ」作品34第4 ○ガイベル作詞/メンデルスゾーン作曲:「月」作品86第5 ○ハイネ作詞/メンデルスゾーン作曲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番/クレーメル、アーノンクール=WPh

ケーブルテレビ品川のCLASSICA「お試しアワー」、5月はクレーメルとアーノンクールによるモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番ト長調K216(UNITEL/1984)。 同じ演奏者によるCD(DG)の録音は1984年12月となっているので、ほぼ同時期の映像。 この演奏はYouTubeでも観ることができる↓。 https://w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト/K461,462,463

モーツァルトが作曲した、 5つのメヌエットK461 6つのコントルダンス*K462 コントルダンスを伴う2つのメヌエットK463 の3曲は、モーツァルトが1784年2月に自作カタログを作成しはじめる直前の作品と言われている。 3曲とも、ヴァイオリン二部、バス、管楽器という小さな編成で小品ばかりだが、個人的には大好きな舞曲集。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:弦楽五重奏曲全曲演奏会ライブ

モーツァルトの誕生日である1月27日を挟んでザルツブルクで開催される音楽祭「モーツァルト週間」。 2014年の同音楽祭で行われたモーツァルトの弦楽五重奏曲全曲演奏会のライブ盤(Belvedere) を購入した。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:弦楽五重奏曲第1番変ロ長調 K174 ○モーツァルト:弦楽五重奏曲第6番変ホ長調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ホルン協奏曲第3番変ホ長調K447

「モーツァルト ベスト101」(石井宏編 新書館/1995.11)という本を読んでいたら下記のような記述があった。 モーツァルト:ホルン協奏曲第3番について、アラン・タイソンが行った五線紙の透かし模様に関する研究によれば、この曲に使われていた紙の大部分は、「ドン・ジョヴァンニ」を書いた紙と同じものだった(1787年2月~10月)。しか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ウィーン木管アンサンブル/モーツァルト:セレナーデ ハ短調

たまたまYouTubeで、ウィーン木管アンサンブル(木管五重奏)によるモーツァルト:セレナーデ ハ短調 の映像を見つけた。 1991年11月5日/東京文化会館小ホール での演奏会。 メンバーはFlフルーリー、Obトゥレチェク、Clオッテンザマー、Fgトゥルノフスキー、Hrアルトマン。 オリジナルは管楽八重奏K388(弦楽五重奏K4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーシャル氏&テルヴィリガー氏

バイエルン放送響のHPを見たところ、 https://www.br-so.com/orchestra/instrumentation/ ファゴット首席:エーバーハルト・マーシャル氏 ホルン首席:エリック・テルヴィリガー氏 の名前が消えている。お二人とも1954年生まれだったので、定年退職されたのだろう。 長い間お疲れさまでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダインツァー/モーツァルト:クラリネット協奏曲

ダインツァーが吹いたモーツァルト:クラリネット協奏曲は2種類の録音(どちらもコレギウム・アウレウムとの協演)が存在する。 https://zauberfloete.at.webry.info/202003/article_1.html 佐伯茂樹氏が「思い出の一枚」に挙げているのは1973年の録音。 私が持っているのは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンス・ダインツァー氏ご逝去

ドイツのクラリネット奏者、ハンス・ダインツァー氏が亡くなられた(享年86歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 https://slippedisc.com/2020/02/mourning-for-influential-clarinet/ ダインツァー氏は30年間ハノーファ音楽大学で教鞭をとられ、門下にはザビーネ・マイヤー、ライナー・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ああ、私には判る、すべては消え」/モイツァ・エルトマン

モイツァ・エルトマン/「モーツァルト・ガーデン」に収録されている、 https://zauberfloete.at.webry.info/202001/article_22.html ○モーツァルト:歌劇「魔笛」から「ああ、私には判る、すべては消え」(パミーナ) について、ライナーノーツには本人による下記のようなコメントが掲載さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モイツァ・エルトマン/「モーツァルト・ガーデン」

モイツァ・エルトマンが歌う「モーツァルト・ガーデン」というCD(DG/2010)を聴いた。曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:歌劇「ツァイーデ」から「 虎よ!その爪を研げ」(ツァイーデ) ○サリエリ:歌劇「ダナオスの娘たち」から「 あなたの娘が、震えながら」(ヒュペルムネーストラー) https://www.youtube…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト生誕264年

モーツァルト生誕264年。264は「リゾンは眠る」のケッヘル番号でもあるのでモーツァルトのピアノのための変奏曲について調べてみた。 ピアノのための変奏曲というと「きらきら星変奏曲」ばかりが有名だが(次は「デュポール」?)、ニール・ザスラウによる「モーツァルト全作品事典」(音楽之友社/2006.12)によれば、モーツァルトのピアノのため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バリー・タックウェル氏ご逝去

バリー・タックウェル氏が1/16に亡くなられたとのこと(享年88歳)。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://www.abc.net.au/classic/read-and-watch/news/vale-barry-tuckwell/11876484 https://slippedisc.com/2020/01/sadnes…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番/クレーメル、アーノンクール=WPh

ケーブルテレビ品川のCLASSICA「お試しアワー」、1月はクレーメルとアーノンクールによるモーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第4番(1987)。 第2,3番のCDは私も持っているが、映像でも発売されていたのは知らなかった。DGはこの数年前にパールマン/レヴァイン=WPhのモーツァルト:Vn協奏曲を出しており、そちらがオーソドックス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブリテン/モーツァルト名演集

ブリテンが指揮するモーツァルト名演集(DECCA/タワーレコード)というCDを購入した。曲目等は下記の通り。 ●CD1 1. モーツァルト:交響曲第25番ト短調K183 (173dB) 2. モーツァルト:交響曲第29番イ長調K201 (186a) 3. モーツァルト:交響曲第38番ニ長調K504「プラハ」 ●CD2 4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:バスのためのアリア「このうるわしい御手と瞳のために」K612

1791年3月8日ウィーンの日付を持つこの作品は、バスのためのコンサート・アリアで、コントラバスのオブリガートを伴うという異色の作品となっている。 「魔笛」の初演でザラストロを演じたフランツ・ゲール、および、シカネーダーの劇場のオーケストラで首席コントラバス奏者を務めるフリードリヒ・ピシュルベルガ―のためにモーツァルトが作曲したとされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」/クーベリック=WPh

ケーブルテレビ品川の番組表を見ていたらCLASSICAのPR番組(不定期)があったため録画しておいた。 以前はインタビューものだったのだが、今回は「お試しアワー」として、クーべリック=ウィーン・フィルによるモーツァルト:交響曲第38番「プラハ」全曲。以前DVD↓で出ていたUNITELの映像で1971年に収録されたもので私は初めて観た。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

グラインドボーン音楽祭2019/歌劇「魔笛」

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。グラインドボーン音楽祭2019/モーツァルト:歌劇「魔笛」、声楽ソリスト等は下記の通り。 ○ザラストロ:ブリンドリー・シェラット ○タミーノ:デイヴィッド・ポルティーヨ ○夜の女王:カロリーネ・ヴェッテグレン ○パミーナ:ソフィア・フォミナ ○夜の女王に仕える3人の侍女:エスター・デ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1970ザルツブルク音楽祭/ベーム=ベルリン・フィル

1970年のザルツブルク音楽祭のライブCD/ベーム=ベルリン・フィル(TESTAMENT)を購入した。2014年に発売されたらしいが、その時は気づかずに今回やっと購入した。 https://testament.co.uk/karl-bohm-2-cd-set-for-the-price-of-1-5.html *なお、本日発売の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京・ヨーロッパ友好音楽祭/モーツァルトの夕べ

「東京・ヨーロッパ友好音楽祭/モーツァルトの夕べ」を聴いた(11/18 めぐろパーシモンホール)。ソリスト、曲目等は下記の通り。 ○モーツァルト:フルートと管弦楽のためのアンダンテ ハ長調K315 ○モーツァルト:フルートと管弦楽のためのロンド ニ長調K.Ahn184 ○モーツァルト:交響曲第31番ニ長調K297  ○モーツァル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドン・ジョヴァンニ」序曲の序奏と主部のテンポ

ラルフ・ヴァイケルト著/井形ちづる訳「指揮者の使命~音楽はいかに解釈されるのか~」(水曜社/2019.9)という本を読んでいたら、「スコアへのアプローチ」の章、「テンポと拍子」の節で、下記のような記述があった。 演奏にとって決定的なのは、楽章あるいは楽曲全体におけるテンポのイメージ、テンポと拍子の関係性、拍子間の関係性です。たとえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コジ・ファン・トゥッテ」/アダム・フィッシャー=WPh

ザルツブルク音楽祭2009のモーツァルト:歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」、アダム・フィッシャー=ウィーン・フィルによる演奏。声楽ソリストなどは下記の通り。 ○フィオルディリージ:ミア・パーション ○ドラベッラ:イザベル・レナード ○フェランド:トピ・レーティプー ○グリエルモ:フローリアン・ベッシュ ○ドン・アルフォンソ:ボー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ドン・ジョヴァンニ」/ド・ビリー=WPh

クラウス・グート演出、ド・ビリー指揮によるザルツブルク音楽祭2008でのモーツァルト:歌劇「ドン・ジョヴァンニ」はウィーン版。 ドン・ジョヴァンニの地獄落ちで終わる版があるくらいのことは私も知っていたが、実際に観るのは初めて。そして初めて聴くツェルリーナとレポレッロのデュエットにも驚かされた。 念のため、ウィーン版の復習。 「ドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フィガロの結婚」/アーノンクール=WPh

アーノンクール=WPhによる、モーツァルト:「フィガロの結婚」を観た。声楽ソリストなどは下記の通り。 ○フィガロ:イルデブランド・ダルカンジェロ ○スザンナ:アンナ・ネトレプコ ○伯爵夫人:ドロテア・レシュマン ○アルマヴィーヴァ伯爵:ボー・スコウフス ○ケルビーノ:クリスティーネ・シェーファー ○マルツェリーナ:マリー・マ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

MOZART/DA PONTE OPERAS

CDやDVDは主にインターネットで買い物をするようになったため(逆に言うと店頭にはあまり行かなくなったため)、偶然店頭で見つけた商品を衝動買いするということもほとんどなくなった。 CDの場合、Tレコード等の大手販売店のサイトでリスト化されているもの以外にも、各国中小レーベルで発売されている希少な録音があるとは思うが、もはやそれらの現物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイモンド・レッパード氏ご逝去

レイモンド・レッパード氏が10月22日、92歳で亡くなられたとのこと。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://slippedisc.com/2019/10/sda-news-a-fine-conductor-has-died-at-92/ 以下、Wikipediaからの引用。 レイモンド・レッパード (Raymond Joh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

La Musica Collana/オリジナル楽器による古典協奏曲の祭典

La Musica Collanaの演奏で「オリジナル楽器による古典協奏曲の祭典 」というコンサートを聴いた(10/18 五反田文化センター)。 曲目、ソリストは下記の通り。 ○J.ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb:1  チェロ:島根朋史 ○W.A.モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調 K314  バロック・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マドリード・レアル劇場公演/「イドメネオ」

旅行で家をあけていると、帰宅後やるべきことが多くある。 ・不在期間中のメールのチェックと返信 ・ 〃 インターネット記事(音楽関係ニュース等)の閲読 ・ 〃 新聞の閲読 などで、これらは2~3日中に終了したものの、最後まで残っていたのが録画した番組の視聴。少しずつ視聴してやっと全部観ることができた。 9/16深夜の「プレミアム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ららら♪クラシック/「宮川彬良が語るモーツァルトの“トルコ行進曲”」

録画しておいた「ららら♪クラシック」をやっと観た。8/23放送分の「宮川彬良が語るモーツァルトの“トルコ行進曲”」。 https://www4.nhk.or.jp/lalala/x/2019-08-23/31/8423/2133318/ 番組中、モーツァルト:「後宮からの誘拐」序曲冒頭の楽譜を示し、大太鼓のパートが上下二つに分けて書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more