テーマ:演奏活動

9月からの練習再開取り止め

私が所属しているアマオケの一つが9月から練習再開の予定だったのだが、今日連絡が来て9月からの練習は中止するとのこと。 理由としては、活動休止を決定した7月初旬に比べ、感染者数も増えており、経路不明の感染者割合も増加、高齢者の感染者数も増大していること、このような状況が10~12月に改善する見込みは薄く、さらに気温低下による再拡大、およ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト」実験報告書

一般社団法人日本クラシック音楽事業協会 ホームページに、「コロナ下の音楽文化を前に進めるプロジェクト」による、楽器演奏時や会場の客席における飛沫等の飛散に関する本格的な検証実験の報告書が掲載されている(8月17日に公表)。 https://www.classic.or.jp/2020/08/blog-post.html 「クラシック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オペラ公演中止

9月に予定されていたオペラ/「椿姫」公演中止が決定された。 この4月時点では演出をやめコンサート形式で実施するとのアナウンスがされたのだが、昨今の状況下、一回も練習は行われないまま中止となった。ひじょうに残念だが仕方がない。 来年の7月に同じ曲目/演出/声楽ソリストで公演を行うとのことなので、実質的には一年間延期されたことになる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エロール:歌劇「ザンパ」序曲

「オペラ・コミック」の序曲集というCD(NAXOS)を購入した。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○グノー(1818-1893):歌劇「血まみれの修道女」序曲(シャルル・デルソー編)(1854) ○アレヴィ(1799-1862):歌劇「女王の銃士たち」序曲(1846) ○ドリーブ(1836-1891):歌劇「王様のお言葉」序曲(187…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

楽器修理/調整

ずいぶん久しぶりに楽器を持って出かけた。もちろん練習ではなく、楽器の修理/調整のため。 2月に調整をしてもらったのだが、その後不具合が生じたため(スワブ詰まりではない/練習し過ぎたため?か)、修理が必要となった。 いつもお願いしているリペアの方は週3日のみの出勤、店も午後~夕方しか営業していないため平日の午後に出かけることとなる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文科省/「小グループやパートごとの練習を基本」

文部科学省は 「新型コロナウイルス感染症に対応した小学校,中学校,高等学校及び特別支援学校等における教育活動の再開等に関するQ&Aの送付について(5月13日時点)」 という事務連絡を発表した。 https://www.mext.go.jp/content/202000513-mxt_kouhou01-000004520_2.pdf…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8月の演奏会中止

8月に予定されていた演奏会が中止になった。 私自身まだ一回も練習に参加してはいなかったのだが、5月からの練習に備えていた。 3か月後はどのような状況になっているかはわからないが、現在の状況を考えると残念だがやむを得ない判断だと思う。 これで夏に予定されていた演奏会も一つを除いてすべて中止されることとなった。 ドイツにおいてもコン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7月の演奏会中止

7月中旬に予定されていた演奏会の中止が決定した(某大学OBシニアオケ)。 「緊急事態宣言」を受け4月中はもちろん、その後の練習再開の見通しも立たないということでの決定となった。 連休明けにどのような状況になっているかまったくわからないが、劇的に状況が改善されているとも思えない。5~6月になっても練習などはできないと考えておいた方が良…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習のない休日

各オケの練習が休止になって久しいが、最後の練習がいつだったのか振り返ってみた。 ●大田区の市民オケ:  2/22の練習が最後、4/12の演奏会は中止、一応5月上旬から練習再開予定。 https://zauberfloete.at.webry.info/202002/article_22.html ●バッハの教会カンタータ全曲演奏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合唱/歌うことのリスク ~その2~

先日書いたアメリカの合唱団の新型コロナウィルス集団感染について、下記の記事にその詳細が書かれている。 http://blog.livedoor.jp/haydnphil/ https://www.latimes.com/world-nation/story/2020-03-29/coronavirus-choir-outbreak …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

明日の演奏会中止

昨今の状況下でも練習が継続され、明日の開催が予定されていた演奏会が直前になって中止されることとなった。 学校の休校要請があり、高校野球が開催中止になったあたりで当然検討されるべきだったのだが、その後も練習は継続、そのうち団員の出演辞退が出始め、その後東京都知事による「4/12までの3週間大規模イベント自粛要請」、さらに「今週末の外出自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏会中止

5月に予定されていた演奏会が中止となった。 2年に3回くらいのペースで、その都度メンバーが招集(?)され、直前数回の練習で演奏会を行っている団体。 プロの方々も少なくないためオケの水準は高く、ひじょうに楽しみにしていたのだが仕方がない。今回初めてやる曲もあったので個人練習も少しずつ始めていたところだった。とりあえず同一の曲目で8か月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏会延期

私の所属している団体が予定していた5月の演奏会が12月に延期されることとなった。 12月はもともと予定されていた演奏会であり、実質的に5月の演奏会は中止になったということになる。 バッハの教会カンタータ全曲演奏を目指している団体で、団員の過半数を占める合唱団員の多くの方が参加に難色を示したため、演奏会の実施が不可能となった。昨今の状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーケストラ練習~その2~

この土・日、所属オケの練習が行われた。当初予定されていた場所を変更し、より広い部屋/空間で換気にも気を遣いつつ練習が行われたが、私が属している団体の中で現在も練習が行われているのはこの団体のみという状況。 今月28日に予定されている演奏会は現時点では開催するとの方針だが、団員の中には家族の反対もあり出演を辞退するという人もわずかながら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オーケストラ練習

私が所属している団体で唯一活動しているオケの練習に参加した(東京芸術劇場3/7)。 芸術劇場の他の練習場も埋まっており、楽器を持った人たちを少なからず見かけたので、一応普通に活動している団体もあるということを確認する。 演奏会は大規模なイベントだが、オケの練習は不特定多数の人が集まるイベントではないため、特にに中止の要請はなく、東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏会中止、練習見合わせ、美術館休館、図書館サービス縮小

来週聴きに行く予定だった演奏会が中止された。また、3/3から開催予定だった美術展の前売券も買ってあるのだが当該美術館は3/16まで休館。さらに近くの図書館も館内閲覧はできず予約図書の受け取りしかできない状況となっている。 そして5月下旬には海外旅行を予定しており、今日旅行会社に訊いてみたところ、私が申し込んでいるツアーは既に10人のキ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

演奏会中止

練習で使わせていただいている小学校の立ち入り禁止措置を受けて、4月に演奏会を控えているオケの今後の対策会議が行われた。 https://zauberfloete.at.webry.info/202002/article_17.html 結論としては学校内立ち入り不可の3月中は活動停止、4月の演奏会も中止ということになった。 東日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習中止~その2~

私が所属しているオケの練習場として使わせていただいている区立の小学校から、3月いっぱい先生と生徒以外入校を禁止する旨の連絡があったとのこと。練習場が使えなくなってしまうと、新たに別の練習場を探すか練習自体を中止にするかどちらかの選択肢しかない。このオケは4月上旬に演奏会を予定しているのだがどうなるのだろうか・・・。 エーテボリ交響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

練習中止

新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、私が所属しているオケの今週の練習が中止された。これまで、区が主催する行事(に伴う演奏)が中止または延期になるという決定はあったものの、自主的な練習中止は私が関係している団体では今回が初めて。 一方、別の団体による来月に予定されている演奏会は今のところ中止はしないとの判断が出ているが、打上げは行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:「ミサ・ソレムニス」

アマチュアオケを何十年もやっていると、主要な曲(マーラー、ブルックナー、プロコフィエフ、ショスタコーヴィチを除く)はだいたい演奏経験があるのだが、ベートーヴェンの第九を除く合唱付きの管弦楽曲はこれまで演奏する機会がほとんどなかった。 管弦楽団と合唱団は別組織/団体になっているのが普通であるため、両者はなかなか一緒に活動しにくい(それら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パート譜作成/製本

今年9月のオペラ公演用のパート譜を作成した。 オペラのパート譜はページ数が多いため、最近は製本はキンコーズに依頼することにしている。 https://zauberfloete.at.webry.info/201811/article_10.html 今年もそうしようと思ったのだが、その前段階でどうしようか迷ってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年最後の演奏会終了

今年最後の演奏会を終えた(12/18)。 今年の2月にヴィヴァルディのコンチェルトを吹かせていただいたオケの演奏会で、今回も団員のソロによる曲がメイン。 https://zauberfloete.at.webry.info/201902/article_4.html 団員によるソロ曲を4曲(モーツァルト、ドヴォルザークなど)、弦楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その4)終了

この秋4回目の演奏会を終えた(11/17)。バッハのカンタータ全曲演奏を目指している団体の演奏会で曲目は下記の通り。 ○J.S.BACH:カンタータ第27番「誰が知ろう、わが最期はどれほど近いのか?」 "Wer weiss, wie nahe mir mein Ende?", BWV27 ○J.S.BACH:カンタータ第78番「イ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その3)終了

この秋3回目の演奏会を終えた(11/10)。ハイドンの交響曲全曲演奏を目指すオケの演奏会で曲目は下記の通り。 ○F.J.ハイドン:交響曲第28番イ長調Hob.I:28 ○F.J.ハイドン:交響曲第29番ホ長調Hob.I:29 ○F.J.ハイドン:交響曲第58番ヘ長調Hob.I:58 ○F.J.ハイドン:交響曲第65番イ長調Hob…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

この秋2回目の演奏会(大田区のアマオケ)を終えた。今回はウィーンからソリストを招いてドヴォルザーク:チェロ協奏曲をメインとした演奏会。私自身、この方とは4年前にも別オケでこの曲を演奏したことがあるのだが、今日の本番の演奏はその時とも、さらに昨日、きょう午前中のリハーサルとも異なるアプローチの演奏だった。もちろん高い水準の素晴らしいものだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その1)終了

「展覧会の絵」の演奏会を終えた。 今年の1月にもお手伝いしたオケで、金管はそのほとんど、木管も大半はプロの方々という極めて水準の高いオケ。 https://zauberfloete.at.webry.info/201901/article_6.html プログラムは下記の通り。 ○ロッシーニ:歌劇「ウィリアム・テル」序曲 ○ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び 嬰へ短調のアリア

5月の演奏会に続き、再び嬰ヘ短調のアリアに取り組んでいる。 https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/cms/article/edit/input?id=24772965 来月の演奏会で バッハ:カンタータ第123番「最愛のインマヌエル、正しき者の将よ」 "Liester Immanuel, Herzo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(再び)チェロ・バス全員休み

土曜午前中に練習があるオケ(ハイドンの交響曲全曲演奏を目指している)はもともと編成が小さく、チェロ3、コントラバス1、それにファゴット1でバッソを構成している。今日練習に行ってみると、何とチェロ・バスは全員お休み。仕方なく(滅多にないチャンス!)一人でバス・パートを演奏することになった。 まったくのハダカ状態なので実力が明らかになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「展覧会の絵」

「展覧会の絵」は大好きな曲だが、CDはカラヤン=ベルリン・フィルの新旧盤(DG)とプレヴィン=WPh(PHILIPS)、チェリビダッケ=ミュンヘン・フィル(EMI)くらいしか持っていないしほとんど聴くこともない。 結局この曲は「聴く」より「見る」曲であり(もちろん、水準はある程度以上であることは必要だが)、冒頭のトランペット、アルトサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more