テーマ:オーディオ

ラックスマン、ヤマハの新製品

月刊「ステレオ」誌を見ていたら、LUXMAN/ラックスマンのA4サイズの真空管プリメインアンプとCDプレーヤー発売の記事が出ていた。 http://www.luxman.co.jp/presspro/neo-classico2 大型のシステムも良いが、このくらいのアンプ&CDプレーヤーに小型スピーカーを組合せたセットであれば、もっと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スピーカー高音域レベル調整

このところ、メインシステムでCDなどを聴いていても何となく高音域の音/響きが不足しているような感じがしている。昨年CDプレーヤーを買換え、 http://zauberfloete.at.webry.info/201705/article_14.html このプレーヤーがヤマハなどと比べると高域が華やかではないということもあるのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未完成・ハイドン104番/カラヤン=ベルリン・フィル

EMI録音のカラヤン=ベルリン・フィルの「ロンドン」は、私が持っているEMI STUDIOシリーズでは、ハイドン:交響曲第101,83番との組合せになっているのだが、元々「未完成」とのカップリング(録音:1975年1,12月)だった。このオリジナルカップリングのSACD(2012年発売)が図書館にあったので借りてきた。 2011年最新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SACD初体験

SACD:スーパーオーディオCD(Super Audio CD)は、1999年にソニーとフィリップスにより規格化された次世代CD規格の1つで、CDと同じサイズの120mm光ディスクにオーディオデータをCD以上の高音質で記録したものとされる。 http://www.super-audiocd.com/aboutsacd/ https:…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CDプレーヤー買換え

これまで使用していたCDプレーヤー:エソテリックX-30は使い始めて13年以上経過しており、CD専用プレーヤーだったため、CD/SACDプレーヤーに買替えることにした。 試聴するにあたり候補機種を検討した。個人的にマランツのデザインはどうしても好きになれず、DENONはその製品を一度も使ったことがないこともあり除外した結果、下記3…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

イアフォン

普段パソコン用やラジカセ用に使っているイアフォンの右チャンネルが聴こえなくなった。引っ掛かったり引っ張り過ぎたことが何回かあったので断線したのだろう。高級品(?)のイアフォンは以前買ったオーディオテクニカ製のもの http://zauberfloete.at.webry.info/200907/article_2.html を持って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TRAD/竹内まりや

前作「DENIM」から7年。本当に、この7年という歳月があっという間に過ぎてしまったような気がする。 http://zauberfloete.at.webry.info/200705/article_20.html http://zauberfloete.at.webry.info/201303/article_14.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

録画用 外付けUSBハードディスク

2台目のテレビを買い替える時、店員の人からこのような機能があるということを教えてもらい、今回やっと導入した。当初は東芝REGZAくらいしかこの機能がなかったらしいが、2010年7月発売のシャープ以降、採用機種は徐々に拡大しているようだ。 別売の外付けUSBハードディスクをテレビに接続するだけで、ハイビジョン画質で手軽に録画ができるとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラシック名録音106 究極ガイド

ステレオサウンド社から2011年5月に発行された2500円という高価な本(mook)。著者は音楽評論家の嶋護氏。嶋氏と言えば、「ステレオサウンド」誌上でユニークな記事を多く書いていた人。 http://zauberfloete.at.webry.info/200703/article_14.html 安くはないため一度手に取ってから…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヘッドフォン

先日のアバド=ベルリン・フィルの演奏会は23:30からのテレビ放送で視聴し始めたのだが、深夜ということもあり、あまり大音量で聴く訳にも行かず、また、練習で疲れていたこともあり途中で中断、録画はセットしてあったので翌日観ることにした。 録画再生時、久しぶりにヘッドフォン(20年くらい前のDENON製)を使用してみた。私自身、パソコン接続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ扇風機

卓上用のミニ扇風機を、パワーアンプ発熱対応用に購入した。 昨年末にオーディオ機器のセッティングを変更した結果、(それまではラックの上部に置いていた)パワーアンプをラック内に収容せざるを得なくなったため、放熱効率が著しく悪い状態が続いていた。 http://zauberfloete.at.webry.info/201011/artic…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

パワーアンプ修理完了

ずっと不調だったパワーアンプを修理に出した。 スピーカーからのノイズ(音がビリつき、途切れる)の原因がパワーアンプに特定できた訳ではなかったが、もういい加減耐えられなくなったため一大決心して取り外し、メーカーのサービスセンターに送ったのが先週の月曜日。昨日連絡があり、やはりリレー回路接触不良により音が途切れるとの診断。早速修理が完了し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いい音 いい音楽」

五味康祐著(中公文庫/2010.12)、1970年代に読売新聞などに連載していたエッセイ集。 五味氏は自称「音キチ」で、2トラック、38cmテープでFM放送をエアチェックするなど当時としては最先端のオーディオ・マニアだったようである。 そして、スピーカー、アンプはもちろん、カートリッジ、アンテナ、接続コード、セッティングなど、およそ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大型液晶テレビ

29インチのブラウン管テレビを46インチ液晶テレビに買い替えた。 http://zauberfloete.at.webry.info/201011/article_16.html 16:9の46インチ画面というのは4:3の29インチの画面の約2.2倍の面積となり、16:9画面の両側を切って4:3画面に換算しても37インチ相当になる。…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

CDプレーヤー退院

一ヶ月くらい前、CDプレーヤーとスピーカーの状況を見てもらうためにメーカーの方に家まで来て頂いた。 音の途切れ方からスピーカーのトラブルではなく、プリかパワーアンプの問題ではないかとの診断(?)をもらったものの、CDプレーヤーに関してはメカ音をなくすのは不可能と言われたため、その時はもう諦める(買い替える)つもりでいた。 が、念のた…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーディオ機器レイアウト変更

遅ればせながらやっとテレビを買い替えることにしたのだが、そのためにオーディオ機器のレイアウト変更が必要となった。逆に言えばレイアウト変更をする元気がなかったためにテレビの買い替えをずっと先延ばししていたのであるが、いよいよ思い切って実施することにした。 もう10年以上前、大型(29インチ)テレビを買った時に、アナログ・プレーヤーがラッ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

オーディオ機器不調

体調と同様、オーディオ機器も不調が目立ってきた。 まずCDプレーヤー。長く使用していた名器LHH-500が壊れたため、現在の機種(X-30)に買替えてもう6年が経つ。この機種、素晴らしくクリアで伸びのある音を聴かせてくれるのだがいろいろと問題も多い。買って2カ月もしないうちに当時流行っていた(?)コピーコントロールCDのせい(と私は今…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オーディオテクニカ ATH-CM700Ti

最近ではメイン・システムで音楽を聴くのは休日の昼間くらいで、それ以外はラジカセ、CDウォークマン、あるいはデジタル・レコーダー、まれにはパソコンで聴くことがほとんど。その際必ず使用するのがイアフォン。いわゆるヘッドフォンというものも持ってはいるが、耳や頭への圧迫感が大きいため滅多に使わない。 そのイアフォンについて、レコード芸術6月号…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

オーディオ・チェックCD

AUDIO BASICという本を立ち読みしていたら、付録にオリジナル・オーディオ・チェックCDというのがついており、ワリと面白そうな内容だったのでつい買ってしまった。下記のような内容のCD。 Part1 基本編:接続、定位、重低音、音場感チェック Part2 自然音・環境音:中国巨大SL、ジェット機、アメ横のにぎわい、除夜鐘楼、奄美…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Ein Weihnachtskonzert

クリスマスも近いので、またこのディスクを取り出して聴いた。 http://zauberfloete.at.webry.info/200612/article_13.html 冷たい雨の降る午前中の最初にかけたにもかかわらず、コレルリのコンチェルト・グロッソの冒頭の弦の響き、特に低弦の鳴り方は素晴らしかった。全体がダンゴにならずチェロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リスニング検定ディスク再挑戦

リスニング検定ディスクに再挑戦した。 http://zauberfloete.at.webry.info/200809/article_14.html 前回よりもはるかにコンディションは良く、気温:24℃、湿度:60%、気圧:1032hPa、ただし休日昼間だったので夜間に比べると静寂さには欠ける。 が、やはり結果は前回とほぼ同様で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デジタルオーディオレコーダー~その2~

このところ、時間があればずっと練習の録音を聴いている。 先日購入したデジタルオーディオレコーダーがフル稼働しているといった状況で、 http://zauberfloete.at.webry.info/200809/article_16.html 週末の録音を必ず録音し次回までにレビューするという繰り返しで、自分の演奏をチェックする…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

リスニング検定ディスク

Stereo Sound(2008 AUTUMN No.168)誌の特別付録は「リスニング検定ディスク」 。 周波数特性を操作することによって、どのように聴こえ方が変化するのかがわかるよう、特別に制作されたものとのことで下記10パターンの音源が収録されている。 A:ミッドレンジカット(1キロヘルツを中心に最大6デシベル、音圧レベルを…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

仲道郁代さん

電車の中で音楽を聴いたり、ちょっとディテールが気になって分析的に聴く時は別として、普段音楽を聴く時、私はほとんどヘッドホンというものを使わない。やはり空気を通した音を聴きたいからで、三次元空間の中での音の動きを聴きたいからに他ならない。それほど高級ではない家の装置でも、上手く再生できた時には左右の拡がりはもちろん、奥行き、高さ、聴き手ま…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

聴き始め

今年になって初めてメイン・システムを聴いた。 家のスピーカーの間隔は約1.6m。いつも聴く場所はスピーカー間とだいたい同じ距離なので、ちょうど正三角形の頂点で聴いていることになる。今回はいつもより椅子を後ろに下げてスピーカーから約2.5mの位置で聴いてみた。スピーカーはあまり内側に振っていないので、これくらい下がるとちょうどトウィータ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

YAMAHA/A-S2000

この製品を見て、「懐かしい」と思う人は私と同世代のオーディオ・マニアの方だと思う。 1970年代後半、ヤマハのCA-1000Ⅲ、CA-2000という名プリメイン・アンプがあった。今回のA-S2000は、明らかにこれらの製品のデザインを受け継いでいる。 「音楽を聞く=イヤホン(ヘッドホン)で聞く」という世の中の今、ラジカセなどでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レーザーディスク・プレーヤー

今年の初めにLDプレーヤーが故障し修理したばかりだったのだが、半年も経っていないのに再び故障した。 http://zauberfloete.at.webry.info/200701/article_11.html 今回は異音がして画面が乱れまったく映らない状況。もはやこれまでと、廃棄処分にすることにし、パイオニア製のLD/DVD互換…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トラブル続き

今年の初めからいろいろなトラブルが絶えない。 まず、新年早々、レーザーディスク・プレーヤーが故障(トレイの開閉メカ部分)した。これは比較的すぐ直ったのだが、続いてCDプレーヤーのトラブル。パソコンでコピーしたディスクや状態の悪いディスクがかかりにくくなる(ノイズが出る)というもの。私が使っているのは3年前に大枚をはたいて購入した一体型…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「未完成」交響曲

「ステレオサウンド」誌に、オーディオファイルのための管弦楽入門というコーナーがあり、最新号(2007/SPRING)で「未完成」交響曲がとりあげられていた(音楽評論家、嶋護氏が執筆)。 「ステレオサウンド」は、今や現存する最後(「ステレオ」という雑誌もあるが)のオーディオ専門誌。より良い音を、というニーズに対応したハイエンド・オーディ…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

音と音楽

久しぶりに一日(といっても5~6時間)、音楽を聴いた。 楽器がなくては音楽ができないように、オーディオ装置がないと音楽を再生することはできない。その意味で、オーディオ装置は(聴き手の場合の)私にとっての楽器とも言える。楽器を演奏する人であれば、良い(高い?)楽器であればあるほど演奏の可能性が広がることはご存知だろう。オーディオにも同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more