テーマ:指揮者

ファビオ・ルイージ NHK交響楽団首席指揮者に就任

ファビオ・ルイージが 2022/23シーズンからNHK交響楽団首席指揮者に就任するとの発表があった。 https://www.nhkso.or.jp/news/20210409.html 契約は2022年9月から3年間で、就任に先立ち 2021年12月のべートーヴェン第九演奏会を指揮することも予定されているという。 なお、ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レコード・レーベルとの契約

2年前にミルガ・グラジニーテ=ティーラが、女性指揮者として初めてDG(ドイツ・グラモフォン)と専属契約を交わしたというニュースは記憶に新しい。 https://www.universal-music.co.jp/classics/news/2019-02-04-news/ 最近では、 バイエルン放送響のハープ奏者マグダレーナ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェームズ・レヴァイン氏ご逝去

ジェームズ・レヴァイン氏が亡くなられた(享年77歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 レヴァイン氏は、(スキャンダルは別として)メトロポリタン歌劇場での活動を中心に、ミュンヘン・フィル、ボストン響との活動に焦点が当てられがちだが、私にとっては1980年代のウィーン・フィル、ベルリン・フィルとの録音の方が身近なものだった。 以下、所有…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルムート・ヴィンシャーマン氏ご逝去

オーボエ奏者、指揮者であるヴィンシャーマン氏が亡くなられた(享年100歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 ヴィンシャーマン氏は1920年3月22日、ドイツのミュールハイム生まれ。エッセンとパリで学び、ヘッセン放送交響楽団、コンセルトヘボウなどのソロ・オーボエ奏者を務め、数々の室内楽団のリーダーを務めた後、1960年、フランクフルトでドイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミルガ・グラジニーテ=ティーラ

ミルガ・グラジニーテ=ティーラ/Mirga Gražinytė-Tyla なかなか覚え難い名前だし、日本ではまだあまり知られていない女性指揮者。 1986年リトアニア、ヴィリニュス生まれ。 リトアニア国立チョルリョーニス芸術学校、グラーツ芸術大学、チューリヒ音楽院、ライプツィヒ音楽院、ボローニャ音楽院に学ぶ。 2011~20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイモン・ラトル、ドイツ国籍取得へ

BR_KLASSIK のTwitterによれば、サイモン・ラトルがドイツ国籍を取得するとのこと。 https://twitter.com/BR_KLASSIK/status/1350033904800030721 イギリスの市民権は保持したままという。 https://note.com/chihomikishi/n/n7fddfb…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤンソンス=バイエルン放送響/リハーサル映像

バイエルン放送響は、2019年10月27日にウィーンの楽友協会で行われたマリス・ヤンソンスとの最後のツアー中に撮影されたブラームス:交響曲第4番のリハーサル映像を公開している。 https://www.br-so.de/ https://www.youtube.com/watch?v=dC1zMMZZaaQ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響演奏会

11/20に行われたオクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響の演奏会をBR KLASSIKで観ることが出来る。 曲目は当初、ワーグナー、シューマン等のプログラムだったが下記のように変更された。 ○モーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲変ホ長調K364 ○メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調「イタリア」 ○ヴァイオリ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ジェルジー・フィッシャー氏ご逝去

ハンガリーの指揮者、ジェルジー・フィッシャー/György Fischer 氏が亡くなられた(享年85歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 https://slippedisc.com/2020/11/lucia-popps-husband-has-died-at-85/ フィッシャー氏は1935年ブダペスト生まれ、1957年春、ハンガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アレクサンドル・ヴェデルニコフ氏ご逝去

ロシアの指揮者アレクサンドル・ヴェデルニコフ氏が29日、新型コロナウイルスによる合併症のためモスクワで亡くなった。享年56歳。 謹んで哀悼の意を表したい。 ヴェデルニコフ氏の経歴は下記の通り。 1964年 モスクワ生まれ、モスクワ音楽院で学ぶ 1988年 モスクワ放送交響楽団の指揮者(~1995年) 1995年 モスクワ市交響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「交響録 N響で出会った名指揮者たち」

久々の茂木大輔氏による著書(音楽之友社/2020.10)。茂木氏の著作ということで、図書館から借りるのではなく自分で購入した。 茂木氏がN響に入団した1990年11月から2019年3月までにN響を指揮した34人の指揮者、最終章でそれ以外の指揮者の方々についても触れられている。さすがに、マタチッチ、スウィトナー、ヴァントなどは登場しない…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

有名指揮者の生年(20200916)

ポーランドの指揮者、ヤン・クレンツが96歳で亡くなった。 https://slippedisc.com/2020/09/poles-mourn-a-prominent-conductor/ 現在最高齢の指揮者は、あらためて調べてみたところ、ヘルムート・ヴィンシャーマン(1920年3月22日 ~)で、今年3月に100歳を迎えられたよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ=バイエルン放送響

11月に予定されている、オクサーナ・リーニフのバイエルン放送響デビューコンサートの曲目が変更になった。 https://www.br-so.de/oksana-lyniv-mendelssohn-4-p30755/ 当初、 ○シューマン:交響曲第2番ハ長調 ○ワーグナー:「神々の黄昏」抜粋/ソプラノ:クリスティン・ゴーキー と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフ

「レコード芸術」誌2020年2月号に、長木誠司氏による「ディスク遊歩人/女性指揮者~2020年代のさらなる躍進に向けて~」という記事が載っている。そこで紹介されている女性指揮者は下記の方々。 ○エリム・チャン(ノールランド・オペラ首席指揮者 兼 アントワープ交響楽団首席指揮者) ○シャン・ツァン(ニュージャージー交響楽団音楽監督) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マリス・ヤンソンス氏ご逝去

マリス・ヤンソンス氏が11月30日、サンクトペテルブルクの自宅で 亡くなられたとのこと(享年76歳)。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://www.br-so.com/ https://www.wienerphilharmoniker.at/en https://www.berliner-philharmoniker.de…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レイモンド・レッパード氏ご逝去

レイモンド・レッパード氏が10月22日、92歳で亡くなられたとのこと。謹んでご冥福をお祈りしたい。 https://slippedisc.com/2019/10/sda-news-a-fine-conductor-has-died-at-92/ 以下、Wikipediaからの引用。 レイモンド・レッパード (Raymond Joh…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンドレ・プレヴィン氏ご逝去

アンドレ・プレヴィン氏がお亡くなりになった。謹んで哀悼の意を表したい。 プレヴィン氏の録音は膨大な点数が残されているが、個人的に忘れ難い名演を以下に録音順に挙げてみる。中でもウィーン・フィルとのハイドンの交響曲、モーツァルトのピアノ協奏曲、ロイヤル・フィルとのブラームスは不滅の名演と思う。 ○1974.00 ジ・イージー・ウィナーズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オクサーナ・リーニフさん

pfaelzerwein さんのブログに最近のオクサーナ・リーニフさんのことが書かれていた。 http://pfalz.exblog.jp/ 2013年からバイエルン国立歌劇場でキリル・ペトレンコのアシスタントを務めると共に指揮者として活躍し、 https://www.staatsoper.de/biographien/detai…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

バッティストーニ

4月の番組改編以降、「ららら♪クラシック」はあまり観なくなってしまったが、たまたま今回リアルタイムでながら視聴していたところ、ソリストに反田恭平が登場したので思わず観てしまった。が、さらに驚いたのは東フィルを指揮していたのがバッティストーニだったこと。 昨年秋に東フィルの首席指揮者に就任以来、その非凡な才能に注目が集まっていたが、私自…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェフリー・テイト氏ご逝去

ジェフリー・テイト氏が6月2日、イタリア北部ベルガモで心臓発作のために亡くなられた(74歳)。首席指揮者を務めるドイツのハンブルク交響楽団の公演のためベルガモを訪れていたとのこと。 テイト氏は1943年4月イギリス ソールズベリー生まれ。ケンブリッジ大学で医学を学ぶがその後音楽の道へ進み、カラヤン、クライバー、ディヴィスなどの助手を務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

訃報その2/ルイ・フレモー氏

HMVのサイトにルイ・フレモー氏の訃報が載っている。 http://www.hmv.co.jp/news/article/1703290009/ フランス音楽のスペシャリストとして知名度は低くはなかったが、録音はあまり残されていないようだ。謹んでご冥福をお祈りしたい。 私が持っている唯一のフレモー指揮のディスクはオッフェンバック序…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マエストラ

録画しておいた「プレミアムシアター」を観た。前半はネルソンス=ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団演奏会、後半は女性指揮者特集。曲目等は下記の通り。 ●アンドリス・ネルソンス指揮ライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団演奏会 ○ウェーベルン:管弦楽のための6つの小品 作品6 ○ワーグナー:ウェーゼンドンクの五つの詩 ○ストラヴィンス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネヴィル・マリナー氏ご逝去

ネヴィル・マリナー氏が亡くなられた。1924年生まれとのことなので92歳。謹んでご冥福をお祈りしたい。 マリナー氏といえば比較的最近のN響との演奏も印象に残っているが、 http://zauberfloete.at.webry.info/201405/article_20.html やはり、アカデミー室内管弦楽団(アカデミー・オブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バーバラ・ハニガン

バーバラ・ハニガンについて調べていたら、まず見つかったのがこの↓動画。ジョルジ・リゲティのオペラ「Le Grand Macable」からアリアをコンサート用に抜き出した「Mysteries of the Macabre」(1992)。ラトル=ロンドン交響楽団の2015年1月15日のコンサートの映像。 https://www.youtu…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小沢征爾インタビュー

ベルリン・フィル デジタル・コンサートホールで、樫本大進が小澤征爾にインタビューした映像を観ることができる。 https://www.digitalconcerthall.com/ja/interview/22406-5 2016年4月行われた7年ぶりのコンサートの直後に収録されたもの。 また、コンサートに先立って行われたと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジェイン・グラヴァー:「モーツァルトと女性たち~家族、友人、音楽~」

これまで、モーツァルトの生涯、作品については数えきれないほどの著作が発表されているが、生涯で言えばモーツァルトが生まれてから死ぬまで、作品についてはその出来上がった形の概観について言及されるものがほとんどだった。 本書の特徴は、モーツァルトの特に声楽作品における、その歌い手たちとの具体的なやりとりを含めた作曲プロセスが詳細に記述されて…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more