テーマ:コンサート

バッハ:カンタータ第131番「暗い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」

カンタータ年巻シリーズvol.1 という演奏会を聴きに行った(1/28)。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第3番「ああ神よ、なんと多くの苦悩に」 ○バッハ:カンタータ第72番「すべてはただ神の御心のままに」 ○バッハ:カンタータ第131番「暗い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」 ○演奏:ノヌラマクタラ室内楽団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九演奏会終了

今年最後の演奏会を終えた(12/6)。夏に「魔笛」を演奏した区民オペラ主催の東日本震災復興支援演奏会。南相馬市職員の方による南相馬復興の現状のお話しと市長メッセージなどに続いて、第九を演奏した。合唱は約150名。 私にとって5回目の第九。ベーレンライター版の1stは初めての経験ではあったが、ソロの箇所始め崩れもほとんどなく無事に終了す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その4)終了

この秋4回目の演奏会を終えた。今回は下記の通りひじょうにマニアックで地味なプログラムであったにもかかわらず、少なくない方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 ○ハイドン:交響曲第33番ハ長調 Hob.I:33 ○ハイドン:ミサ曲「天の高きより 水を滴らせよ」Hob.XXⅡ ○.ハイドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その3)終了

この秋3回目の演奏会を終えた(11/10)。この演奏会、もともと聴きに行く予定でチケットも予約していたのだが、伴奏オケのメンバーの都合がつかなかったらしく、急遽私が2ndを吹かせていただくことになった。 外来演奏家を迎えて前半2曲(ブルッフ&モーツァルト)、後半1曲(ドヴォルザーク)の協奏曲ばかりというプログラム。オケは前半後半と別オ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

この秋2回目の演奏会を終えた(11/1)。今年第一の目標だったバッハのカンタータ第155番を含む教会での演奏会。好天にも恵まれ多くの方々においでいただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。曲目は下記の通り。 ○カンタータ第179番「心せよ、汝の敬神の偽りならざるを」 "Seihe zu, dass deine…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その1)終了

私の所属している市民オケの演奏会を終えた。今回は夜公演だったため、多少空席は目立ったものの多くの方々にご来場いただいた。あらためて感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 今回のメインはブラームス3番。私はこれまで2~3回やったことはあるのだがすべて2ndだったため1stは今回が初めて。「悲愴」のような大ソロはないものの技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名手で聴くバロック音楽/「オール協奏曲プログラム」

オーボエのヨナスとファゴットのアッツォリーニをソリストに迎えたバロック音楽プログラムの演奏会を聴いた(東京藝大奏楽堂)。曲目等は下記の通り。 ○伝ヘンデル:オーボエとファゴットのための協奏曲ハ短調HMV deest  Ob:ディートヘルム・ヨナス、Fg:セルジオ・アッツォリーニ ○テレマン:オーボエ協奏曲ホ短調TWV 51:e1 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

セリーヌ・モワネ

セリーヌ・モワネ独奏によるモーツァルトの協奏曲を聴いた(下野竜也=読売日響/みなとみらいホール)。モワネは昨年来日した時もチェロとのデュオ/ソロなどを聴く機会があったが、柔らかく艶やかで繊細な音色が美しく、今回もしなやかで伸びやかな優れた演奏を聴かせてくれた。アンコールはバッハ:BWV1013のアルマンド。以下略歴メモ。 セリーヌ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ムジカ・コッラーナ演奏会

ラ・ムジカ・コッラーナという若手古楽演奏家による団体のコンサートを聴いた。 http://lamusicacollana.web.fc2.com/index.html 曲目は下記の通り。 ○ヴィヴァルディ:弦楽協奏曲ト長調「田園風」RV151 ○ヴィヴァルディ:協奏曲集「調和の霊感」より合奏協奏曲ニ短調RV565 ○ヴィヴァル…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

真夏の演奏会終了

暑い中、やっとの思いで演奏会を終えた。連休中日とはいえ、毎回ではあるが地味なプログラムであることに加え、都心からやや離れたホール、夜7:30開演という条件の中、少なくはない方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。ありがとうございました。 今回はハイドン交響曲全曲演奏の第10回目の演奏会。交響曲第6~8番(「朝」「昼」「晩…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アンサンブル・ウィーン=ベルリン/オール・モーツァルト・コンチェルト・プログラム

モーツァルトの管楽器のための協奏曲ばかり5曲という演奏会を聴いた(すみだトリフォニーホール)。曲目、ソリスト等は下記の通り。 ○モーツァルト:ファゴット協奏曲変ロ長調K191/リヒャルト・ガラー ○モーツァルト:オーボエ協奏曲ハ長調K314/クレメンス・ホラーク ○モーツァルト:ホルン協奏曲第4番変ホ長調K495/シュテファン・ド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その5)終了

連休最終日、バッハ:カンタータ演奏会を終えた。この団体は1992年以来、バッハのカンタータ全曲演奏を目指している(私は昨年入団させていただいたばかりの新入り)。曲目は下記の通り。なお、今回はトランペットとティンパニも加わり華やかな響きだった。 ○J.S.バッハ:カンタータ第43番「神は歓呼のなかで昇りたもう」"Gott faehret…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その4)終了

この春、4回目の演奏会を終えた。花冷えで天候不順の中、多くの方々に聴きに来ていただいた。あらためて感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。今回の曲目は下記の通り。 ○モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲 ○ハイドン:交響曲第44番ホ短調 ○シューマン:交響曲第4番ニ短調 ○ニコライ:喜歌劇「ウィンザーの陽気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その3)終了

この春、3回目の演奏会を終えた。私が所属している団体による、区の公式行事での記念演奏。曲目は区歌および下記の通り。今回はコンミスによる弾き振り(指揮者なし)。 ○モーツァルト:歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲 ○チャイコフスキー:「なつかしい土地の思い出」から「メロディ」(管弦楽伴奏版) ○モーツァルト:交響曲第31番ニ長調「パ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その2)終了

体調がまだ十分に回復しない中、この春2回目の演奏会を終えた。寒い中、多くの方々に聴きに来ていただいた。本当にありがとうございました。今回は私の所属するオケといくつかの合唱団との合同ステージ(東日本大震災4周年追悼公演)で、曲目は下記の通り。 ○ジョスカン・デュ・プレ:「サルヴェ・レジナ」、「アヴェ・マリア」 ○ハイドン:交響曲第26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その1)終了

カゼももう治りかけていた今朝、起きたら再びノドが痛く鼻も調子が悪い。花粉症の症状的にもなっているのでもう少し様子を見る必要はあるが体調は良いとは言えない。 そんな中でお昼、某区役所でのロビーコンサートを終えた。幸い天気にも恵まれ多くの方々に聴きに来ていただいた。本当にありがとうございました。 今回のコンセプトは「昼下がりのプチ オペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モーツァルト:オーボエ四重奏曲ヘ長調K370

モーツァルトが「イドメネオ」の開幕のために1780~81年の冬にミュンヘンに滞在したとき、フリードリヒ・ラムのために作曲した。モーツァルトが残した唯一のオーボエ四重奏曲であり、その演奏技術への要求の高さと音楽内容への要求の深さは、ラムの芸術性を最大限証明するものとなっている。 葛飾区庁舎でのロビーコンサートを聴いた。曲目はアルビノーニ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

秋の演奏会(その3)終了

この秋3回目の演奏会を終えた。バッハのカンタータ全曲演奏を目指している団体の教会でのコンサート。 今年の初め、別の団体でバッハのミサ曲ト短調を演奏して以来、 http://zauberfloete.at.webry.info/201401/article_11.html バッハの宗教音楽への思いが高まりつつある中、今年の連休にこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

私の所属しているオケの演奏会を終えた。おそろしく地味なプログラム、さらに悪天候が重なったにもかかわらず、少なくない方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 プログラムは下記の通り。聴きに来ていただいた方々にとってはおそらくどれも初めて聴く曲ばかりだったのではないかと思う。 ○C.P.E.バ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

コンツ兄弟コンチェルトの夕べ/リハーサル

昨年も行われたコンツ兄弟のコンサート、 http://zauberfloete.at.webry.info/201311/article_15.html 今年はコンチェルトの夕べと題し、二人が指揮&ソロを行う新企画(開催は10/31鶴見区民文化センター サルビアホール)。 http://salvia-hall.jp/archive…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その1)終了

私の所属している団体の演奏会を終えた。多くの方々に聴きに来ていただき心より感謝したい。本当にありがとうございました。 私自身、このところずっと体調が悪かった(ノド/気管支?の具合が悪く咳が止まらない)ことに加え、招聘していたソリストの到着が遅れるというトラブルがあり、そちらの方に気が行ってしまったため、私自身の演奏面ではやや不本意な結…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン八重奏団演奏会

ウィーン八重奏団演奏会を聴いた(鶴見区民文化センター サルビアホール)。曲目、メンバーなどは下記の通り。 ●シュトラウスⅡ:ワルツ「ウィーン気質」 ●ベートーヴェン:七重奏曲変ホ長調 ●シューベルト:八重奏曲へ長調 (アンコール) ●シュトラウスⅠ:中国のギャロップ ●シュトラウスⅡ:浮気心 ○ヴァイオリン:ヴェルナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シューベルト:弦楽四重奏曲第14番ニ短調「死と乙女」

シューベルトの晩年である1824年に作曲されたこの曲は、すべての楽章が短調で書かれ、絶望的な心境が反映された厳粛な雰囲気を持っている。特に、自作の歌曲「死と乙女」D531(1817年作曲)のピアノ伴奏部分を主題とした5つの変奏とコーダを持つ第二楽章はひじょうに美しく、また切ない。 私が持っているCDはアルバン・ベルク四重奏団の演奏(E…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の演奏会(2)終了

私の出身高校のOBオケの演奏会を終えた。2月の演奏会に続いての参加となったが、今回は前半のみ2曲、特に目立つソロもなかったため、前回に比べればプレッシャー/緊張感は百分の一くらいだった。 http://zauberfloete.at.webry.info/201402/article_2.html とはいえ、私自身完璧に演奏できた訳…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

古典派室内楽の夕べ

アンサンブル of トウキョウの演奏会を聴いた(7/8 紀尾井ホール)。曲目、演奏者などは下記の通り。 ●ミヒャエル・ハイドン:オーボエ、ヴィオラとヴィオローネのためのディヴェルティメント ハ長調 オーボエ:青山聖樹、ヴィオラ:大野かおる、コントラバス:永島義男 ●モーツァルト:ホルン五重奏曲変ホ長調K406 ホルン:李ソッジュ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏の演奏会(1)終了

私の所属しているオケの演奏会を終えた(7/12)。暑い中、わざわざ聴きに来ていただいた方々に感謝したい。ありがとうございました。今回の曲目は下記の通り。 ○ハイドン:ディヴェルティメント変ロ長調Hob.Ⅱ:46 ○ヴィヴァルディ:歌劇「オリンピアーデ」RV.725より「さまざまな愚かさのなかで…我々は凍る冷たい波間の船」 ○ハイド…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

仲道郁代のモーツァルト~フォルテピアノと現代ピアノの聴き比べ~

仲道郁代さんのコンサートを聴いた(7/5第一生命ホール)。曲目は下記の通り。 ○モーツァルト:「ああ、お母さん聞いて」による12の変奏曲ハ長調K265 ○モーツァルト:ピアノ・ソナタイ長調K331「トルコ行進曲つき」 ○モーツァルト:ロンドイ短調K511 ○モーツァルト:ピアノ・ソナタイ短調K310 ○モーツァルト:ロンドニ長…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザ・フィルハーモニクス

ザ・フィルハーモニクスの東京公演を聴いた(6/20東京芸術劇場)。曲目は下記の通り。 ○J.シュトラウス2世:騎士パズマンのチャルダッシュ ○F.クライスラー:ウィーン風小行進曲 ○M.カミロ:カリブ ○G.ビゼー:歌劇「カルメン」より花の歌 ○A.ピアソラ:オブリヴィオン ○メドレー:K&K・ラプソディー ○F.クライス…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

室内楽演奏会

私の所属しているオケのメンバーによる室内楽演奏会を開催した(6/29)。 半年前、区の小ホールの抽選会で幸運にも良い番号を引いて、日曜昼間の時間帯を獲得できたことがきっかけ。今年はこれまで参加していた区主催の夏の音楽祭には参加しなくなったこともあり、5~6月の通常の練習時間帯をアンサンブル用の練習に一部充てることができるという背景もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more