テーマ:コンサート

「蝶々夫人」

「蝶々夫人」の演奏会形式公演を観た(8/12 かつしかシンフォニーヒルズ/モーツァルトホール)。声楽ソリスト等は下記の通り。 ○蝶々夫人:髙橋絵理 ○ピンカートン:寺田宗永 ○スズキ:小林由佳 ○シャープレス:渡辺弘樹 ○ゴロー:黒田大介 ○ボンゾ:押見春喜 ○ヤマドリ・神官:野村光洋 ○ケイト:藤長静佳 ○指揮:柴田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カヴァレリア・ルスティカーナ&パリアッチ」公演終了

「カヴァレリア・ルスティカーナ」&「道化師」の公演を終えた(7/22、23)。金曜夜と土曜昼にゲネプロもあり、3日間で各曲4回通すというスケジュール。前週、前々週の区立小学校での歌合わせ&舞台稽古ですっかり疲れ果て、その後も体調があまり良くなかったのだが何とか乗り切ることができた。 http://zauberfloete.at.w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その2)終了

この春2回目の演奏会を終えた(4/30)。バッハのカンタータ連続演奏会で、曲目は下記の通り。 ○カンタータ第176番「人の心には、奢り臆するところあり」 "Es ist ein trotzig und verzagt Ding", BWV176 ○カンタータ第58番「ああ神よ、いかに多き心の悩み」 "Ach Gott, wie …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その2)終了

この春2回目の演奏会を終えた。悪天候にもかかわらず多くの方々にご来場いただいた。あらためて感謝の意を表したい。 首や肩の痛みが相変わらず良くならず、最近は(血流不足のせいか)頭痛もすることに加え、午前中楽屋でめまいを起こし、健康状態が危ぶまれたが一応何とか無事に終了することができた。今回も大崩れはしなかったが、前半ではこれまで一回もミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その1)終了

今年初めての演奏会を終えた(3/24)。私の所属する団体による「東日本大震災6周年・熊本地震1周年追悼公演」で曲目は下記の通り。 ○プーランク:「サルヴェレジーナ」 ○ハイドン:「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」(オラトリオ版) http://zauberfloete.at.webry.info/201702/article…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・リング・アンサンブル

ウィーン・リング・アンサンブルを聴いた。M銀行クラブ会員向けの特別演奏会(紀尾井ホール)。チケットが廉価だったせいもあり正味一時間少しの短い演奏会。曲目、演奏者は下記の通り。 ○ヨーゼフ・シュトラウス:ポルカ・シュネル「休暇旅行で」 ○J.シュトラウスII :ワルツ「南国のばら」 ○J.シュトラウスII :ポルカ・シュネル「雷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その4)終了

この秋4回目の演奏会を終えた。小さなホールではあったが多くの方々に来ていただいた。心から感謝の意を表したい。 今回は私が所属しているハイドンの交響曲全曲演奏を目指しているオケの演奏会で、ハイドンの交響曲第108番と第39番、他にモーツァルト:ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲、クラウス(1756~1792)の交響曲を演奏した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その3)終了

この秋3回目の演奏会を終えた。今回も多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。 私が所属している市民オケの演奏で、まず序曲はベートーヴェン:「献堂式」。 http://zauberfloete.at.webry.info/201608/article_8.html 練習を始めた頃は何とかなると思っていたが、結局上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

この秋2回目の演奏会(バッハの教会カンタータ全曲演奏を目指している団体)を終えた。天気も回復し多くの方々においでいただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 今回の曲目は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第115番「備えをなせ、わが心よ」 "Mache dich, mein Geist, bereit", …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その1)終了

この秋1回目の演奏会を終えた(10/28)。今回は頼まれ仕事(?)で、「熊本震災復興支援」のバロックコンサート。歌、合唱、オケと多彩なプログラムだったが、私の出番は下記の曲のみ(すべて2nd)。 ○ヘンデル:王宮の花火の音楽 ○フォーレ:レクイエム ○ヘンデル:「メサイア」より「ハレルヤコーラス」 フォーレ:レクイエムは第3稿(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レオンカヴァッロ:歌劇「道化師」

来年夏の公演を控え、予習の意味で実際の舞台を観た。 https://kouen.beautifuldays.jp/kouen/detail/1548 「道化師」の舞台を観るのは今回が初めて。が、最近勉強し始めたということもあり、すんなりと頭に入ってきた。やはり(当たり前だが)、CDやDVDで聴くのとは違い、実際の歌い手の方々の声とい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ムジカ・コッラーナ演奏会

ラ・ムジカ・コッラーナという若手古楽演奏家による団体のコンサートを聴いた。 http://lamusicacollana.web.fc2.com/201608.html ヴァイオリン:4、ヴィオラ:2 に加え、 通奏低音はチェロ:2、コントラバス、オルガン、チェンバロ、テオルボ/ギター という編成。 曲目は下記の通り。 ○A…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ハイドン交響曲全曲演奏

ハイドンの交響曲全曲演奏を目指しているという(アマチュア)オケの演奏会を聴きに行った。曲目は下記の通り。 ○ハイドン:交響曲第2番ハ長調 ○ハイドン:交響曲第34番ニ短調 ○ハイドン:交響曲第64番イ長調「時の移ろい」 ○ハイドン:交響曲第103番変ホ長調「太鼓連打」 オケ、指揮者などは下記の通り。 http://josef…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

夏の演奏会(その2)終了

この夏、2回目の演奏会を終えた。今回は熊本地震復興支援チャリティーコンサート。なお、収益金は益城町文化会館へ寄付予定とのこと。曲目は、前半がプロの方々による独唱、独奏など、後半が熊本関係の方々、プロ、音大生、アマチュアなどが一体になったオケ+合唱団の演奏で、熊本民謡など4曲およびベートーヴェン:第九交響曲第4楽章という構成。 オケの練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏の演奏会(その1)終了

「メリー・ウィドウ」の公演が終わってからまだ一週間しか経っていないが、本日次の演奏会を終えた。曲目は下記の通り。 ○ハイドン:交響曲第15番ニ長調 ○バッハ:ミサ曲イ長調BWV234 ○ハイドン:交響曲第3番ト長調 ○ハイドン:交響曲第36番変ホ長調 私自身、聴いたことはあっても馴染みの薄い曲ばかり。このようなおそろしく地味な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「メリー・ウィドウ」公演終了

7/23・24の二日間に渡る「メリー・ウィドウ」公演が終了した。声楽ソリスト、ダンサーはプロの方々、合唱とオケはアマチュアによるプロダクション。日本語上演ということもあり、わかりやすく、聴きに来ていただいた方々にも楽しんでいただけたのではと思う。 公演前日の金曜夜は翌日組のゲネプロ、初日はお昼から翌日組の公開ゲネプロと夕方公演…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン・フォルクスオパー/メリー・ウィドウ

フォルクスオパーの「メリー・ウィドウ」を観た(東京文化会館)。オペラというものは本当に贅沢なものだと思う。歌、踊り、演技、舞台、衣装、オケ、すべてが華やかで煌びやか。そして「メリー・ウィドウ」という演目は、とびきり楽しく、圧倒的に素晴らしかった。ストーリー、音楽もきわめてわかりやすく、それでいて感動的という不思議な世界。これ以上のエンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その4)終了

この春、四回目の演奏会を終えた。今回は私が所属している市民オケの演奏会。出番は序曲と「エロイカ」のみ。大崩れこそしなかったが、特に序曲では他の人の演奏の仕方を気にし過ぎていたせいか、冒頭からAのフリックキーを押すべきところをCisキーを押してしまうという初歩的なミス(Aの音が出なかった)をしてしまう。それにしても、曲の最初から失敗するな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その3)終了

バッハ、カンタータの連続演奏会を終えた(5/1)。満員に近い多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうがございました。今回の曲目は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第131番「深き淵より、主よ、汝を呼ばん」 "Aus der Tiefen rufe ich, Herr, zu dir", BWV13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その2)終了

今年2回目の演奏会を終えた(3/6)。小さなホールではあったが、多くの方々においでいただき満席となった。あらためて感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 ハイドンの交響曲全曲演奏を目指しているオケ、今回は東日本大震災5周年追悼公演ということで下記のようなプログラム。 ○ハイドン:交響曲第30番ハ長調「アレルヤ」 ○ハイ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

春の演奏会(その1)終了

今年初の演奏会を終えた。今回は横浜の某市民オケの賛助出演。知人から「幻想」の4番ファゴット、練習1回で良いからということで頼まれたのだが、そういう訳にもいかず、結局4回ほど練習に参加させていただいたのだが、ファゴットが4本揃ったのは演奏会当日のみ。 http://zauberfloete.at.webry.info/201601/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:カンタータ第131番「暗い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」

カンタータ年巻シリーズvol.1 という演奏会を聴きに行った(1/28)。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第3番「ああ神よ、なんと多くの苦悩に」 ○バッハ:カンタータ第72番「すべてはただ神の御心のままに」 ○バッハ:カンタータ第131番「暗い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」 ○演奏:ノヌラマクタラ室内楽団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第九演奏会終了

今年最後の演奏会を終えた(12/6)。夏に「魔笛」を演奏した区民オペラ主催の東日本震災復興支援演奏会。南相馬市職員の方による南相馬復興の現状のお話しと市長メッセージなどに続いて、第九を演奏した。合唱は約150名。 私にとって5回目の第九。ベーレンライター版の1stは初めての経験ではあったが、ソロの箇所始め崩れもほとんどなく無事に終了す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その4)終了

この秋4回目の演奏会を終えた。今回は下記の通りひじょうにマニアックで地味なプログラムであったにもかかわらず、少なくない方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 ○ハイドン:交響曲第33番ハ長調 Hob.I:33 ○ハイドン:ミサ曲「天の高きより 水を滴らせよ」Hob.XXⅡ ○.ハイドン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その3)終了

この秋3回目の演奏会を終えた(11/10)。この演奏会、もともと聴きに行く予定でチケットも予約していたのだが、伴奏オケのメンバーの都合がつかなかったらしく、急遽私が2ndを吹かせていただくことになった。 外来演奏家を迎えて前半2曲(ブルッフ&モーツァルト)、後半1曲(ドヴォルザーク)の協奏曲ばかりというプログラム。オケは前半後半と別オ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

この秋2回目の演奏会を終えた(11/1)。今年第一の目標だったバッハのカンタータ第155番を含む教会での演奏会。好天にも恵まれ多くの方々においでいただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。曲目は下記の通り。 ○カンタータ第179番「心せよ、汝の敬神の偽りならざるを」 "Seihe zu, dass deine…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その1)終了

私の所属している市民オケの演奏会を終えた。今回は夜公演だったため、多少空席は目立ったものの多くの方々にご来場いただいた。あらためて感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 今回のメインはブラームス3番。私はこれまで2~3回やったことはあるのだがすべて2ndだったため1stは今回が初めて。「悲愴」のような大ソロはないものの技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名手で聴くバロック音楽/「オール協奏曲プログラム」

オーボエのヨナスとファゴットのアッツォリーニをソリストに迎えたバロック音楽プログラムの演奏会を聴いた(東京藝大奏楽堂)。曲目等は下記の通り。 ○伝ヘンデル:オーボエとファゴットのための協奏曲ハ短調HMV deest  Ob:ディートヘルム・ヨナス、Fg:セルジオ・アッツォリーニ ○テレマン:オーボエ協奏曲ホ短調TWV 51:e1 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

セリーヌ・モワネ

セリーヌ・モワネ独奏によるモーツァルトの協奏曲を聴いた(下野竜也=読売日響/みなとみらいホール)。モワネは昨年来日した時もチェロとのデュオ/ソロなどを聴く機会があったが、柔らかく艶やかで繊細な音色が美しく、今回もしなやかで伸びやかな優れた演奏を聴かせてくれた。アンコールはバッハ:BWV1013のアルマンド。以下略歴メモ。 セリーヌ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more