テーマ:アート

美術展、演奏会の状況

緊急事態宣言発出に伴い、各美術館が軒並み臨時休館(4/25~5/11)になっている。 行ってみたい美術展もあったので残念。 ○東京国立近代美術館 https://www.momat.go.jp/ge/topics/am202104/ ○東京国立博物館 https://www.tnm.jp/ ○国立新美術館 https:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「見たことのない文化財」

NHK-BS8Kで「見たことのない文化財」という新番組が始まっている。 東京国立博物館と共同で、国宝や重要文化財を最新テクノロジーで3DCGにするという「8K文化財プロジェクト」。 https://www4.nhk.or.jp/P6741/ BS8Kだけでなく、BSプレミアムでも観ることができる。 https://www.nhk…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クールベと海」展

「クールベと海」展を観た(パナソニック汐留美術館)。 https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/21/210410/ クールベの海というと、西洋美術館の作品を思い浮かべてしまうのだが、 https://collection.nmwa.go.jp/P.1959-0062.html …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「筆魂 線の引力・色の魔力~又兵衛から北斎・国芳まで~」展

「筆魂 線の引力・色の魔力~又兵衛から北斎・国芳まで~」展を観た(すみだ北斎美術館)。 https://hokusai-museum.jp/modules/Exhibition/ 岩佐又兵衛、菱川師宣、喜多川歌麿、東洲斎写楽、葛飾北斎、歌川国芳などの肉筆画を集めた展覧会。 「日曜美術館」でこの展覧会のことを知ったのだが、前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉田博展&上野公園

「吉田博展」を観た(東京都美術館)。 https://yoshida-exhn.jp/ 1/26から開催中で、事前予約制ではないものの来場者数はかなり少なく、ひじょうにゆっくりと観ることができた。 吉田博は、明治から昭和にかけて風景画の第一人者として活躍、西洋の写実的な表現と日本の伝統的な木版画技法を統合した新しい木版画の創造…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「トライアローグ」

せっかくみなとみらいまで行ったので横浜美術館に寄った。 現在開催中の「トライアローグ~語らう3つのコレクション~」。 https://yokohama.art.museum/special/2020/trialogue/ 横浜美術館、愛知県美術館、富山県美術館の20世紀西洋美術コレクション。 大半が現代アートとはいえ、ピカソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

舟越桂「私の中にある泉」展

何がきっかけで舟越桂を知ったのか思い出せないが、もう20年くらいファンであり続けている。 展覧会も何度も出かけており、その父である舟越保武の展覧会も思い出深い。 2003年5月 舟越桂版画展(三越美術館) 2003年6月 舟越桂展(東京都現代美術館) 2008年8月 舟越桂「夏の邸宅」展(庭園美術館) https://zaub…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古代エジプト展

「古代エジプト展~天地創造の神話~」を観た(江戸東京博物館)。 https://egypt-ten2021.jp/ ベルリン国立博物館群エジプト博物館のコレクションの中から選りすぐった約130点の展示。 https://egypt-ten2021.jp/highlight/ 天地創造と神々の世界、ファラオと宇宙の秩序、死後の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

琳派と印象派展

始まったばかりの「琳派と印象派展」を観た(アーティゾン美術館)。 https://www.artizon.museum/exhibition/detail/45 「風神雷神図」は後期(12/22~1/24)展示なのだが、以前にも何回か観ていることもあり、今回は「舞楽図屏風」を観ようと思い出かけた。 宗達の作品は「舞楽図…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「桃山ー天下人の100年」展

狩野永徳の「洛中洛外図屏風(上杉家本)」をどうしても観たくて上野まで出かけた。 「桃山ー天下人の100年」展(東京国立博物館 平成館)は11月末まで開催しているのだが、この作品が前期(~11/1)のみの展示ということを最近知ったため急遽出かけることとなった。 (なお、ポスターに使われている「唐獅子図屏風」は後期の展示) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

絵画等に描かれたファゴット

絵画に描かれたファゴットと言えば、まず、 エドガー・ドガ:「オペラ座のオーケストラ」 が思い起こされる(Wikipediaより)。 他にも ロートレック:「あなたに!」 https://zauberfloete.at.webry.info/201111/article_12.html という作品があるが、他にはなかなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本三大浮世絵コレクション/The UKIYO-E 2020

「日本三大浮世絵コレクション/The UKIYO-E 2020」展を観た(東京都美術館)。 久々の東京都美術館。 日本の三大浮世絵コレクション――太田記念美術館、日本浮世絵博物館、平木浮世絵財団の名品を結集した出品総数約450点の展示。 https://ukiyoe2020.exhn.jp/ ○初期浮世絵(菱川師宣、懐月堂派…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パウル・クレー/新収蔵作品展

クレーの新収蔵作品24点が公開されているということでアーティゾン美術館へ出かけた。 石橋財団コレクション選:マネ、セザンヌ、モネなどをはじめ、従来からのコレクション に加え、特集コーナーとして、 「パウル・クレー」、「印象派の女性画家たち」という新収蔵作品を中心とした展示。 さらに、別フロアでは他の2つの展覧会も同時開催…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展

ロンドン・ナショナル・ギャラリー展を観た(国立西洋美術館)。 本展は6/18から始まり、最初の4日間は前売券・無料観覧券を持っている人向けの日だったため、2日目にでも行こうと思っていたところ、1日目は午前10時に当日14時の整理券配布というひどい状況だったため、行くのは断念し あらためて日時指定券(200円!)を購入した。 久し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

画家が見たこども展

2月のMOA美術館以来、4ヶ月ぶりに美術館へ行った。 https://zauberfloete.at.webry.info/202002/article_10.html 三菱一号館美術館で再開された「画家が見たこども展」。 https://mimt.jp/kodomo/ 鑑賞券を持っていたので、日時指定券のみ購入(無料)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館再開

徐々に美術館が再オープンされつつある。 ほとんどが日時指定予約制になっており、また当初の予定通り終了するところもあるので注意が必要である。 ○「奇才―江戸絵画の冒険者たち―」/東京都江戸東京博物館  会期:2020年6月2日(火)~6月21日(日) ○「ルオーと日本展響き合う芸術と魂 ― 交流の百年」/パナソニック汐…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館休館延長

3月中旬頃までとなっていた各美術館の休館がさらに延長されている。 結局、3月に開いている美術館はほとんどないということになる。 ○国立西洋美術館/休館期間:2月29日〜3月16日 →臨時休館を当面の間、延長、「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」は開幕が延期となりました、としか告知されていない https://www.nmwa…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

美術館休館情報

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、大規模なスポーツや文化イベントを2月26日から今後2週間程度中止か延期、規模を縮小するようにという要請を受け、美術館の休館発表が相次いでいる(下記参照)。東京都美術館も休館が発表され、主要な美術館はほとんど休館となってしまった。 ○国立西洋美術館/休館期間:2月29日〜3月16日 https…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「紅白梅図屏風」

「紅白梅図屏風」を観に熱海に出かけた(MOA美術館)。 野々村仁清作の茶壺・茶碗はじめ、小野道風、紀貫之などの素晴らしい書も観ることができた。 ちょうど見頃ということで来宮の熱海梅園にも行ってみた。 暖冬のせいか既に見頃は過ぎたという感じではあったが美しい。園内は意外に広く人出も結構…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近読んだ本2020/01

●「ベートーヴェンの交響曲・協奏曲」音楽の友,レコード芸術編(音楽之友社/2020.1) 「演奏家が語る作品の魅力とその深淵なる世界」というサブタイトルが付いている。「音楽の友」「レコード芸術」各誌に掲載された記事を中心に再編集されたもの。ベートーヴェンの交響曲/協奏曲について、さまざまな角度からの豊富な内容がまとめられており、ひじょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アーティゾン美術館

1/18にリニューアルオープン(新しい23階建て高層ビルの低層階/展示室は4~6階の3フロア)したアーティゾン美術館に行った。 2015/5から休館していたとのことで、個人的には2012年に行って以来のことなので約8年ぶりということになる。 https://zauberfloete.at.webry.info/201208/ar…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ブダペスト~ヨーロッパとハンガリーの美術400年~」

「日本・ハンガリー外交関係開設150周年記念 ブダペスト国立西洋美術館 & ハンガリー・ナショナル・ギャラリー所蔵 ブダペスト~ヨーロッパとハンガリーの美術400年~」展を観た(国立新美術館)。 https://budapest.exhn.jp/ ブダペスト国立西洋美術館とハンガリー・ナショナル・ギャラリーのコレクション展で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大浮世絵展

大浮世絵展を観た(江戸東京博物館)。 歌麿、写楽、北斎、広重、国芳の5人の作品に特化した、まさに大浮世絵展。 ボストン美術館、メトロポリタン美術館、シカゴ美術館、ミネアポリス美術館、大英博物館、ギメ東洋美術館、ベルギー王立美術歴史博物館をはじめ国内外から集められた名作366点(展示替えがあるため各回の展示は約半数)。 江戸東京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「印象派からその先へ」

以前「ぶらぶら美術・博物館」で放送された「晩秋の山形アート旅」の中で山形美術館の吉野石膏コレクションを紹介しており、なかなか素晴らしいコレクションと思っていた。 https://www.bs4.jp/burabi/archive/onair/290/index.html その吉野石膏コレクションの主要な作品が今回東京で公開されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴッホ展

「ゴッホ展」を観た(上野の森美術館)。 https://go-go-gogh.jp/ 開館10分前には会場に着いたのだが既に100人以上並んでいる人が・・・。それでも中に入ってからはそれほど混んでおらずゆっくり観ることができた。 ゴッホの生涯における「ハーグ派」と「印象派」という二つの出会いに焦点を当てた展示で、ゴッホの作品は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展

「オランジュリー美術館コレクション ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展を観た(横浜美術館)。 12人の画家とは、ドラン、セザンヌ、モネ、ルソー、ピカソ、モディリアーニ、ローランサン、スーティン、マティス、ドンゲン、シスレー、ユトリロの12人、それに加えてルノワールの作品計69点の展示。 これらの作品は、2013年に初め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デュフィ展

「ラウル・デュフィ展」を観た(パナソニック汐留美術館)。 https://panasonic.co.jp/ls/museum/exhibition/19/191005/ デュフィは好きな画家でこれまで何度も観ており、前回のBunkamura以来約5年ぶりとなる。 https://zauberfloete.at.webry.in…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岸田劉生展

あと10日で終了する「岸田劉生展」を観た(東京ステーションギャラリー)。 http://www.ejrcf.or.jp/gallery/exhibition/201908_kishida.html 「ぶらぶら美術・博物館」9/24の放送はひじょうに充実した内容で理解が深まってはいたが、それだけにぜひ実際に観てみたいということで出かけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コートールド美術館展

コートールド美術館展を観た(東京都美術館)。 この秋、最も楽しみにしていた展覧会。 https://courtauld.jp/ https://www.tobikan.jp/exhibition/2019_courtauld.html 実業家サミュエル・コートールドが収集したコレクションを核に1932年に設立されたコートール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more