テーマ:日本語

洋数字と漢数字の使い分け

朝日新聞に洋数字と漢数字をどう使い分けるかについての記事が載っていた。それによれば、 現在、朝日新聞の数字の表記は洋数字(算用数字)を原則としています。漢数字との使い分けは、非常に大ざっぱに言うと「数量など変化するものは洋数字、変わらないものは漢数字」で、縦書きも横書きも同様です。 とのこと。そういえば、私もブログの中で意識的に漢…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「似ていることば」

文:おかべたかし(岡部敬史)、写真:やまでたかし(山出高士)、東京書籍から2014年8月に出版された本。 http://www.amazon.co.jp/%E4%BC%BC%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%B0-%E3%81%8A%E3%81%8B%E3%81%B9…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「異字同訓」の漢字の使い分け

文化庁の文化審議会は、訓読みが同じ漢字、「異字同訓」の使い分けの事例を示す手引を42年ぶりに見直し、それぞれの漢字が持つ意味などの詳しい説明/解説が発表された。 http://www.bunka.go.jp/kokugo_nihongo/bunkasingi/pdf/ijidoukun_140221.pdf ざっと読んでみて、気にな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「雪が溶けない」

朝日新聞の朝刊に「寒い 雪が溶けない」という見出しがあったのだが、やや違和感があったので辞書を調べてみた。 http://www.asahi.com/shimen/articles/TKY201302250632.html?ref=nmail_20130226mo&ref=pcviewpage ●溶ける(「融ける」とも書く): ①…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

「わかりやすく<伝える>技術」

池上彰著、講談社現代新書から2009年7月に発刊されている。 NHK「週刊こどもニュース」の時代から池上彰氏のファン(?)で、そのわかりやすい解説は群を抜いていたと思う。「こどもニュース」とは言え、むしろ大人だからこそ「人に訊けないこと」を理解できる数少ない機会だった。そういえば、氏が解説していたテレビ朝日の番組は終了してしまったのだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「廃墟」か「廃虚」か

先日、11月に予定されている演奏会のチラシの原稿を見ていて、曲目表記中「アテネの廃墟」の「墟」の字が「虚」になっていたので、これは誤植ではないかと注文をつけて修正してもらった。 ところが、今朝のY新聞にノーベル化学賞を受賞した下村さんの記事で、「被爆の廃虚 長崎が出発点」という見出しが出ており驚いた。 念のため、広辞苑第六版(岩波)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more