テーマ:楽団員動向

ゲルギエフ=ミュンヘン・フィル演奏会

BR-KLASSIKで、ゲルギエフ指揮のミュンヘン・フィル演奏会を観た。 2020年9月19日/フィルハーモニー・ガスダイク。プログラムは下記の通り。 ○ロッシーニ:「チェネレントラ」序曲 ○モーツァルト:ホルン協奏曲第4番変ホ長調K495 ○ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 https://www.br-klassik.d…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1950年代後半~1960年代初めのBPh木管首席奏者

クリュイタンスのベートーヴェン交響曲全集の録音が行われた1957年末~1960年初において、ベルリン・フィルの木管首席奏者は誰だったのかという点について考えてみたい。 まず資料として、1957来日公演プログラムに記載されているメンバー表が掲載されているサイトがあり、以下そこから引用したもの(首席奏者のみ抜粋)。 http://www…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン:交響曲全集~その2~

いろいろと迷った末、結局クリュイタンスの全集を購入した。 SACDハイブリッド盤5枚組で、声楽ソリスト、録音時期などは下記の通り。 ○ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン:交響曲全集 <DISC1> 1. 交響曲第1番 ハ長調 作品21 2. 交響曲第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」 <DISC2> 3. 交響曲第2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴァルター・ザイファース氏退任

ベルリン・フィルのクラリネット/Esクラリネット奏者ヴァルター・ザイファース氏が退任/定年退職された。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/orchestra/musician/walter-seyfarth/ 長い間おつかれさまでしたと申し上げたい。 ザイファース氏の経歴は下記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヒャエル・ヴェルバ氏退任

WPhミヒャエル・ヴェルバ氏(元ファゴット首席)がこの8月末で退任/定年退職される。 本当に長い間おつかれさまでしたと申し上げたい。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/pcb.3179555728788881/3179647515446369/ https:/…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エールベルガ―・ファミリー

カール・エールベルガ―は、1930年代からウィーン・フィルの首席ファゴット奏者を務め、ウィーン国立音大で数々のファゴット奏者を育てた名教授。 1954年にモーツァルトのファゴット協奏曲を録音(ロジンスキー=ウィーン国立歌劇場O/Westminster)、1956年のヒンデミット=WPh初来日公演において同曲を演奏した。 カールを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

楽団員動向

どこのオーケストラも活動休止に近い状態のところが少なくなく、オーディションなども行われていないようだが、久しぶりに各HPを見にいったところ、多少の変動があったので以下に記す。 ○パオロ・メンデス ベルリン・フィル3番ホルンのポストを捨てて退団した後、どうしているのかと思っていたが、ベルリン・ドイツ交響楽団のソロ奏者に就任していた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュティムフューラー/Stimmführer

シュティムヒューラーとは、オーケストラ(の弦楽セクション)における首席/トップ奏者のこと。 ベルリン・フィルのメンバー表では、第2ヴァイオリン首席奏者にシュティムヒューラーと書かれている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/orchester/ トーマス・ティムは第1シュティムティムヒュ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルムート・シュテルン氏ご逝去

ヘルムート・シュテルン氏が21日にお亡くなりになった(享年91歳)。謹んで哀悼の意を表したい。 https://www.pizzicato.lu/geiger-hellmut-stern-mit-91-jahren-gestorben/ (上記記事の英訳↓) German violinist Hellmut Stern died …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マーシャル氏&テルヴィリガー氏退任

バイエルン放送響のHPを見たところ、 https://www.br-so.com/orchestra/instrumentation/ ファゴット首席:エーバーハルト・マーシャル氏 ホルン首席:エリック・テルヴィリガー氏 の名前が消えている。お二人とも1954年生まれだったので、定年退職されたのだろう。 長い間お疲れさまでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダナイローヴァ&シュトイデ

ウィーン・フィルのfacebookにエルプフィルハーモニーでの演奏風景が載っている。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/pcb.2749537868457338/2749523901792068/?type=3&theater コンマス:ダナイローヴァ、トップサイド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要オケのコンサートマスターの生年/就任年

「世界のコンサートマスターは語る」(音楽之友社/2019.11)に記載された情報をベースに、国内外の主要なオケのコンマスを追加して作成した。 1919~2012 ミシェル・シュヴァルベ/ベルリン・フィル 第1コンマス(1957~85) 1923~2018 ヘルマン・クレバース/アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団 コンマス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラヤン=ベルリン・フィル/1957年来日公演

12/15放送の「クラシック音楽館」の最後に「カラヤン没後30年」としてベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調の第一、三、四楽章(1957年11月3日)が放送された。 以前発売されたDVDに収録されていた演奏で、 https://www.nhk-ep.com/products/detail/h09479AA 一般公演に先立ち、公開生放…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モーツァルト:交響曲第38番「プラハ」/クーベリック=WPh

ケーブルテレビ品川の番組表を見ていたらCLASSICAのPR番組(不定期)があったため録画しておいた。 以前はインタビューものだったのだが、今回は「お試しアワー」として、クーべリック=ウィーン・フィルによるモーツァルト:交響曲第38番「プラハ」全曲。以前DVD↓で出ていたUNITELの映像で1971年に収録されたもので私は初めて観た。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ペトル・ポペルカ氏

ペトル・ポペルカ氏は1986年プラハ生まれ、2009年バイエルン放送響オーケストラアカデミー、2010年からドレスデン国立歌劇場管弦楽団の次席ソロ・コントラバス奏者。 http://www.staatskapelle-dresden.de/staatskapelle/orchestermitglieder/anzeige/mw/pet…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤルヴィ=N響/シベリウス

録画しておいた「クラシック音楽館」を観た。ヤルヴィ=N響によるノルディック音楽集。曲目等は下記の通り。 ○トゥール:「ルーツを求めて~シベリウスをたたえて~」 ○ニルセン:フルート協奏曲 ○ニルセン:劇音楽「母」から「こどもたちが遊んでいる」(アンコール) ○シベリウス:交響曲第6番ニ短調作品104 ○シベリウス:交響曲第7番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BPh ホルン・オーディション / Johannes Lamotke

11/7にベルリン・フィル hohen Horns(hohe は high →3番ホルン)のオーディションが行われ、Johannes Lamotke が合格したという記事がBPhのホームぺージに載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/news/detail/johannes-lamo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2019 セイジ・オザワ松本フェスティバル/オーケストラ・コンサート

録画しておいた「プレミアムシアター」後半を観た。2019 セイジ・オザワ松本フェスティバルのオーケストラ・コンサート。曲目等は下記の通り。 ○レブエルタス:センセマヤ ○モーツァルト:交響曲第35番ニ長調K385「ハフナー」 ○チャイコフスキー:交響曲第6番ロ短調「悲愴」 ○チャイコフスキー:歌劇「エフゲーニ・オネーギン」から …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミシェル・シュヴァルベ生誕100年

ベルリン・フィルのサイトにミシェル・シュヴァルベの生誕100年記念の記事が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/titelgeschichten/20192020/michel-schwalbe/ シュヴァルベは1957年から1985年まで、ベルリン・フィルの第1コンサート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新シーズン楽団員異動状況

新シーズンの開始に合わせ、各オケのメンバー表が更新されている。 まず、ウィーン国立歌劇場管弦楽団。 https://www.wiener-staatsoper.at/ensemble-gaeste/orchester/ コンマスに Fedor Rudin の名前が追加されている。 https://zauberfloete.a…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クリスティアン・シュタデルマン氏ご逝去

ベルリン・フィルのHPにクリスティアン・シュタデルマン氏の訃報が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/death-of-christian-stadelmann/ シュタデルマン氏はベルリン生まれ、トーマス・ブランディスに師事、ユンゲ・ドイッチェ・フ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン国立歌劇場オケ/オーディション

ウィーン国立歌劇場オケのオーディションが行われ、下記の二人が採用されたとのこと。 ●クラリネット(ヒントラー退団後の空席) アンドレア・ゲッシュ/Andrea Götsch (1994年ボルツァーノ生まれ) 6/27の記事↓ https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/?fr…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガーディナー=バイエルン放送響/ハイドン

バイエルン放送交響楽団のHP, BRSO Mediathek→Videos で https://www.br-so.de/brso-mediathek/videos/ サー・ジョン・エリオット・ガーディナー指揮のハイドンの交響曲他を観た(主に前半を視聴)。 2019年5月23・24日、ミュンヘン・ヘルクレスザールでの演奏会の模様。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

David Cooper シカゴ響へ?

ベルリン・フィルを退団したホルン奏者ディヴィド・クーパーがシカゴ響に客演したというニュースはあったが、 http://chicagoclassicalreview.com/2019/05/muti-leads-cso-in-an-evening-of-populist-mozart-and-stravinsky/ https://w…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ソヒエフ=N響/「シェエラザード」

「クラシック音楽館」はN響第1904回定期公演(2019年1月16日/サントリーホール)。曲目は下記の通り。 ○フォーレ:組曲「ペレアスとメリザンド」作品80 ○ブリテン:シンプル・シンフォニー 作品4 ○リムスキー・コルサコフ:交響組曲「シェエラザード」作品35 トゥガン・ソヒエフはロシア出身、1977年生まれでまだ41歳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハンス=ヴォルフガング・デュンシェーデ氏ご逝去

ベルリン・フィルのサイトにハンス=ヴォルフガング・デュンシェーデ氏の訃報(3/16ご逝去)が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/news/detail/trauer-um-hans-wolfgang-duenschede/ デュンシェーデは1949年ベルリン生まれ、フルートをデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

主要なオケの団員募集状況

●ベルリン・フィル https://www.berliner-philharmoniker.de/offene-stellen/ ○第1ソロ・ヴィオラ マテ・ズーチス退団による後任。 ○ソロ・ホルン デヴィッド・クーパー退団による後任。 https://zauberfloete.at.webry.info/201808/ar…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲルト・ザイフェルト氏ご逝去

ベルリン・フィルのサイトにゲルト・ザイフェルト氏の訃報(2/28に87歳で亡くなられた)が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/gerd-seifert-obituary/ ザイフェルト氏は1931年ハンブルク生まれ、1956年ミュンヘン国際音楽コン…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more