テーマ:楽団員動向

エドワルド・ブルンナー氏ご逝去

pfaelzerweinさんのブログでこのニュースを知った。 http://pfalz.exblog.jp/ バイエルン放送響のHPにもこの記事が載っている(4/27日ご逝去)。 https://www.br-klassik.de/aktuell/news-kritik/edurard-brunner-klarinettist-g…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

トーマス・ブランディス氏ご逝去

ベルリン・フィルHPにブランディス氏の訃報が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/death-of-thomas-brandis/ ブランディス氏は1935年ハンブルク生まれ、1962~1983年ベルリン・フィル第1コンサートマスター、1976年ブラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライナー・クスマウル氏ご逝去

ベルリン・フィルHPにライナー・クスマウル氏ご逝去のニュースが出ている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/death-of-rainer-kussmaul/ クスマウル氏は1946年ハイデルベルク近郊のシュリースハイム生まれ。シュトゥットガルトで学び1977…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

カラヤン/ウェーバー序曲集でのオーボエ奏者

先日、ろーたーこっほさんからオーボエ奏者についてコメントをいただいたままだったのだが、あらためて録音を聴き直してみた。 http://zauberfloete.at.webry.info/201703/article_4.html 結論としては、ここで吹いているオーボエ奏者はシュタインスのようである。不正確な記述に関しお詫びして訂正…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルムート・シュレフォークト

ベルリン・フィルのHPにヘルムート・シュレフォークトの写真が載っている。 https://www.berliner-philharmoniker.de/news/detail/oboisten-der-berliner-philharmoniker/ シュレフォークトは1911年生まれ、ゲヴァントハウス管弦楽団(ゲヴァントハウス木管…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ソロ・ホルン奏者決定

バボラク退団後空席になっていたベルリン・フィル ソロ・ホルン奏者のオーディションが行われ、アメリカ生まれのデイヴィッド・クーパー(ダラス響ソロ・ホルン奏者)に決定したとのこと。 https://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/david-cooper-wins-princip…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニーダーマイヤー氏ご逝去

WPhのFacebookに訃報が載っている。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/?fref=ts マインハルト・ニーダ―マイヤー氏は1941年、ウィーン生まれ。父ヨーゼフ・ニーダ―マイヤー(1900~1962)は1921年からウィーン・フィル首席フルート奏者。父からレッスンを受け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘンリク・ヴィーゼ

「音楽の友」10月号、私のオーケストラ人生~バイエルン放送交響楽団首席奏者たちから音楽学生たちへのメッセージ~ のコーナーに、ソロ・フルート奏者ヘンリク・ヴィーゼが登場している。ヴィーゼの経歴は下記の通り。 1971年 ウィーン生まれのドイツ人      ミュンヘン音大でパウル・マイゼンに師事 1995年 音大在学中にバイエルン国…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ミュンヘンARD国際音楽コンクール2016

第65回ミュンヘンARD国際音楽コンクールの結果が発表されている。 http://www.br.de/ard-musikwettbewerb/preistraeger/2016-preistraeger-116.html 弦楽四重奏部門で、日本の「カルテット・アマービレ」が第3位になったことは既に新聞等で伝えられている。 http…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン国立歌劇場管弦楽団メンバー異動

WPhのFacebookを見ていたら、ルツェルンでのソヒエフとのリハーサルで、新しいクラリネット奏者 Gregor Hinterreiter の写真が載っていた。 https://www.facebook.com/ViennaPhilharmonic/photos/ms.c.eJw9zNsJwEAMA8GOgmX5df03lhBx~;…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エーバーハルト・フィンケ氏ご逝去

元ベルリン・フィルのチェロ奏者だったフィンケ氏が亡くなられた。フィンケ氏は1920年ブレーメン生まれ、ベルリン音大、ザルツブルク・モーツァルテウムなどで学んだ後、リオデジャネイロ市立劇場首席奏者を務めた後、1950年フルトヴェングラー時代のベルリン・フィルに入団、その後1985年の引退まで第一ソロ・チェロ奏者を務めた。また、1972年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン国立歌劇場/1番フルート奏者募集中

ウィーン国立歌劇場で1番フルート奏者を募集している。 http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/aktuelles/1._Floete.de.php プローベは9月に行われるとのこと。なお、毎度のことながら(?)女性に対する配慮も付け加えられている。 現首席ディーター・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン国立歌劇場管弦楽団新コンマス決定(2015/12/16)

昨年/2015年12月16日付けのウィーン・フィルfacebookに、ホセ・マリア・ブルーメンシャイン/José Maria Blumenschein がウィーン国立歌劇場管弦楽団のコンサートマスターのオーディションに合格したことが発表されている。 https://www.facebook.com/ViennaPhilh…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヘンゲルブロック=ハンブルク北ドイツ放送交響楽団

「プレミアムシアター」、今回はヘンゲルブロック指揮ハンブルク北ドイツ放送交響楽団の演奏会。曲目等は下記の通り。 ○メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64 ○プロコフィエフ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ ニ長調作品115から第1楽章(アンコール) ○マーラー:交響曲第1番ニ長調「巨人~1893年ハンブルク稿~」 ○ワーグ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン国立歌劇場O団員募集状況

新シーズンに入り、ウィーン国立歌劇場管弦楽団の団員募集が更新されている(これまでは2nd クラリネットのみだった)。 http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/aktuelles/uebersicht.de.php ○2nd クラリネット:ベームシステムではない楽器 ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マチュー・デュフォー

昨年5月のオーディションからもう1年以上経ってしまったが、ベルリン・フィルの新シーズンからいよいよ首席フルート奏者に正式に就任するようだ。 http://zauberfloete.at.webry.info/201405/article_19.html http://www.berliner-philharmoniker.de/en…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クラウス・ヴァレンドルフ氏

クラウス・ヴァレンドルフ氏がベルリン・フィルを定年退団されたようでメンバー表から名前が消えている。 http://www.berliner-philharmoniker.de/orchester/ 1980年入団以来35年、長い間本当にお疲れさまでしたと申し上げたい。 ヴァレンドルフ氏は1948年チューリンゲン生まれ。1965年ド…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

アンドレアス・ブラウ氏、ベルリン・フィル最後の演奏会

この6月20日が最後のコンサートとなったらしい。 http://www.berliner-philharmoniker.de/en/news/detail/farewell-andreas-blau/ カラヤンの指揮でモーツァルト:フルート協奏曲第1番を録音したのが入団して間もない1970年。その後はヴィヴァルディの「夜」くらいしか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル2015/2016シーズン

ベルリン・フィルの2015/8~2016/6のコンサート・スケジュールが発表された。ラトルによるベートーヴェンの交響曲全曲、ワーグナー:「トリスタンとイゾルデ」、ドビュッシー:「ペレアスとメリザンデ」ほかのプログラムが予定されている。 http://www.berliner-philharmoniker.de/en/titelgesc…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N響新コンマス

N響は4/1より伊藤亮太郎(札響コンマス)とコンサートマスターとして1年間の契約を結んだとのこと。 http://www.nhkso.or.jp/news/12477/ 同時に、大宮臨太郎がアシスタント・コンサートマスターに就任、堀正文は名誉コンサートマスターという肩書に替わっている。 (後日追記) なお、2/13の第1803回…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ベルリン・フィル/ソロ・トランペット募集中

ベルリン・フィルの団員募集ページを見ると、ソロ・ホルンと高い(3番)ホルンは依然として募集中だが、ソロ・トランペットが新たに加わっている。 http://www.berliner-philharmoniker.de/offene-stellen/ 現在の首席はヴァレンツァイとタルコヴィ。どちらかが近々辞めるということなのだろう。また…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

新「アンサンブル・ウィーン=ベルリン」

アンサンブル・ウィーン=ベルリン(Ensemble Wien-Berlin)は、ウィーンとベルリンの主要オーケストラの管楽器奏者で結成された木管五重奏団。 1983年に結成された時のメンバーは下記の通り。 ○フルート:ヴォルフガング・シュルツ(WPh首席) ○オーボエ:ハンスイェルク・シェレンベルガー(ベルリン・フィル首席) ○…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「牧神」を一息で吹くための練習法

PIPERS12月号にカール=ハインツ・シュッツのインタビュー記事が載っている。その中で「牧神」を一息で吹く練習法というのが出ていたので下記に抜粋する。 「牧神」は速めに吹いて20秒、たっぷり吹いて24秒くらい。 ①まず、時計を用意して20秒間息を止める。 ②20秒休んだら、やはりフルートを持たないで、今度は20秒間息を少しずつ出…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン八重奏団演奏会

ウィーン八重奏団演奏会を聴いた(鶴見区民文化センター サルビアホール)。曲目、メンバーなどは下記の通り。 ●シュトラウスⅡ:ワルツ「ウィーン気質」 ●ベートーヴェン:七重奏曲変ホ長調 ●シューベルト:八重奏曲へ長調 (アンコール) ●シュトラウスⅠ:中国のギャロップ ●シュトラウスⅡ:浮気心 ○ヴァイオリン:ヴェルナー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウィーン国立歌劇場管弦楽団/団員募集

久しぶりに見に行ったウィーン国立歌劇場のサイトに団員募集の告知が出ていた。 http://www.wiener-staatsoper.at/Content.Node/home/Startseite-Content.de.php 第1ファゴットとコンサートマスターで、今年11月末までにプローベが行われるらしい。 コンマスの方はキュッ…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

主要楽団の新シーズン(楽団員異動状況)

1.ベルリン・フィル(9/1からの正メンバー) ○新第1コンサートマスター:Noah Bendix-Balgley ○コントラバス・トゥッティ:Michael Karg 、トランペット:Florian Pichler なお、最新の団員募集ではソロ・ホルン、ヴィオラ・トゥッテイのみとなっている。3番ホルン奏者が決定したということだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more