テーマ:バッハ

再び 嬰へ短調のアリア

5月の演奏会に続き、再び嬰ヘ短調のアリアに取り組んでいる。 https://bblog.sso.biglobe.ne.jp/cms/article/edit/input?id=24772965 来月の演奏会で バッハ:カンタータ第123番「最愛のインマヌエル、正しき者の将よ」 "Liester Immanuel, Herzo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その4)終了

この春4回目の演奏会を終えた(5/12)。バッハのカンタータ全曲演奏を目指している団体の演奏会。曲目は下記の通り。 ○カンタータ第135番「ああ主よ、哀れな罪人なるわれを」 "Ach Herr, mich armen Suender", BWV135 ○カンタータ第3番「ああ神よ、なんと多くの心の悩み」 "Ach Gott, w…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬰へ短調のアリア

来月の演奏会(バッハ:カンタータ)の曲は特にソロもないのだが(昨年秋は大変だった)、 https://zauberfloete.at.webry.info/201811/article_3.html 通奏低音の曲で一曲だけ難しい(他の曲も易しくはないのだが)曲がある。 カンタータ第94番「この世に何を求めんや」"Was frag …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:オーボエとヴァイオリンのための協奏曲

この二重協奏曲のオリジナルスコアは散逸してしまっているのだが、バッハはこの曲を後年「2台のチェンバロのための協奏曲」BWV1060に編曲しており、それに基づいて第三者の手によって元の形に復元されたという経緯があるらしい。 私は絶対音感がないので、これまで気がつかなかったのだが、このオーボエとヴァイオリンのための協奏曲には2つの版がある…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒラリー・ハーン/バッハ:無伴奏ソナタ&パルティータ

ヒラリー・ハーンが弾くバッハ:無伴奏ソナタ&パルティータの続編がDECCAからリリースされた。曲目等は下記の通り。 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタ第1番ト短調 BWV1001 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調 BWV1002 ○J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その1)終了

バッハ:教会カンタータの演奏会の演奏会を終えた(11/3)。今回の曲目は下記の通り。 ○J.S.バッハ:カンタータ第102番「主よ、汝の眼は信仰を顧みたもう」BWV102 ○J.S.バッハ:カンタータ第177番「われ汝に呼びかけん、主イエス・キリストよ」BWV177 ○J.S.バッハ:カンタータ第180番「装うべし、おお愛する魂よ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ブランデンブルク協奏曲/ゲーベル=ベルリン・バロック・ゾリステン

ゲーベル=ベルリン・バロック・ゾリステンの「ブランデンブルク」を聴いた。 本CDは解説書がひじょうに充実しており、全曲の演奏者名、ゲーベルによる作品と演奏についてのノート、矢澤孝樹氏による解説、演奏者について、ソリスト・プロフィールなどが付いている。 以下演奏者(解説書を再編集)。 ●ブランデンブルク協奏曲第1番ヘ長調 B…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その4)終了

この春4回目の演奏会を終えた(5/13)。ひじょうな悪天候の中、多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 バッハのカンタータ全曲演奏の一環としての今回の演奏会、曲目は下記の通り。 ○J.S.バッハ:カンタータ第6番「留まり給えわれらのもとに、はや夕暮れとなろうとし」”Bleib be…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会 曲目決定

年内に予定されている本番(演奏会)は現時点であと10回くらいあるのだが、そのうち未だ決まっていなかった11月の演奏会の曲目がやっと決定した。その中に含まれているのが バッハのカンタータ第177番「われ汝に呼ばわる、主イエス・キリストよ」。三位一体節後第4日曜日のためのカンタータで、1732年7月6日に初演されたというこの曲、第4曲テノー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フリッツ・レーマン/バッハ:カンタータ集

ベルリン・フィルによるバッハのカンタータというと、かなり以前、カール・フォルスターという人の指揮による録音があった(EMI)。 http://tower.jp/item/67230/Bach:-Cantatas---Fischer-Dieskau,-Forster,-et-al http://tower.jp/item/62624/…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その3)終了

この秋3回目の演奏会を終えた(11/26)。バッハのカンタータ全曲演奏を目指している団体で、曲目は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第98番「神の御業はすべて善し」BWV98 ○バッハ:カンタータ第190番「主に向かって新しき歌をうたえ」BWV190 ○バッハ:マニフィカト変ホ長調BWV243a 今回の指揮者は初めての若い方。い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ライプチヒ・バッハ音楽祭2017/ミサ曲ロ短調

録画しておいた「プレミアムシアター」前半をやっと観た。「ライプチヒ・バッハ音楽祭2017」、ブロムシュテットのロ短調ミサ。ソリストなどは下記の通り。 ○バッハ:ミサ曲ロ短調BWV232 ○ソプラノ:クリスティーナ・ランツハーマー ○アルト:エリーザベト・クールマン ○テノール:ヴォルフラム・ラトケ ○バス:ルカ・ピザローニ …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その2)終了

この春2回目の演奏会を終えた(4/30)。バッハのカンタータ連続演奏会で、曲目は下記の通り。 ○カンタータ第176番「人の心には、奢り臆するところあり」 "Es ist ein trotzig und verzagt Ding", BWV176 ○カンタータ第58番「ああ神よ、いかに多き心の悩み」 "Ach Gott, wie …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブラギモヴァ/バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ

五嶋みどりのバッハ:ソナタ&パルティータの録画をし忘れたこともあり、イブラギモヴァのバッハのCDを買ってしまった。 J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ全曲(Hyperion) ○ソナタ第1番ト短調BWV1001 ○パルティータ第1番ロ短調BWV1002 ○ソナタ第2番イ短調BWV1003 ○パルティータ第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「バッハのすべて」

○「新編 バッハのすべて~生涯、作品とその名演奏家たち」音楽の友編(音楽之友社/2016.12) ONTOMO MOOKシリーズで、バッハの生涯、名演奏家が語るバッハの世界、バッハ演奏家たち他の内容。「アーノンクール、クイケンなどへのインタビューや、演奏評――特に征矢健之介と山本友重の「シャコンヌ聴きくらべ」対談は興味深かった。そして…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「バッハ・古楽・チェロ~アンナー・ビルスマは語る~」 

チェンバロ、フォルテピアノ、クラヴィコード奏者である渡邊順生と加藤拓未が、アムステルダムのアンナー・ビルスマの自宅でインタビューしたものをまとめたもの。2016年10月にアルテスパブリッシングから出版されている。 第1部 音楽活動、仲間たち、そして人生 第2部 チェロ、センツァ・バッソ 第3部 「無伴奏チェロ組曲」の奏法 第4部…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

この秋2回目の演奏会(バッハの教会カンタータ全曲演奏を目指している団体)を終えた。天気も回復し多くの方々においでいただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。 今回の曲目は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第115番「備えをなせ、わが心よ」 "Mache dich, mein Geist, bereit", …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:ブランデンブルク協奏曲第2番

バロック時代、クラリーノ(高次倍音で旋律を演奏するパート)奏者のために書かれた超高音域のトランペット・パートは、現代ではピッコロトランペットで演奏されるが、その時代のトランペットの管長はピッコロトランペットの約4倍もあったという。その演奏にはかなりの難易度の高さが要求されたと想像されるが、現代のピッコロトランペットも難しいことに変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンタータ第155番の当日録音CD

昨年11月のコンサートで演奏した、バッハ:カンタータ第155番のCDがようやくできあがった。 http://zauberfloete.at.webry.info/201511/article_1.html とにかく、上杉清仁、金沢青児各氏という著名な声楽ソリストの方々とこの曲を一緒に演奏できたということだけでもあり難いことだろう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その3)終了

バッハ、カンタータの連続演奏会を終えた(5/1)。満員に近い多くの方々に聴きに来ていただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうがございました。今回の曲目は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第131番「深き淵より、主よ、汝を呼ばん」 "Aus der Tiefen rufe ich, Herr, zu dir", BWV13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペトリ/ベルリン・バロック・ゾリステン

ミカラ・ペトリがソロを吹いたバッハ&テレマンのCD(BMG/RCA)を発見した。協演しているのは何と、クスマウル/ベルリン・バロック・ゾリステン。 先日も棚にガーディナー=WPhの「メリー・ウィドウ」(DG)があることを発見して驚いたのだが、1990~2000年頃、気になったCDは迷わず購入していた時代(年間200枚以上買っていた)に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:カンタータ第131番「暗い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」

カンタータ年巻シリーズvol.1 という演奏会を聴きに行った(1/28)。曲目、演奏者等は下記の通り。 ○バッハ:カンタータ第3番「ああ神よ、なんと多くの苦悩に」 ○バッハ:カンタータ第72番「すべてはただ神の御心のままに」 ○バッハ:カンタータ第131番「暗い淵の底から、主よ、あなたを呼びます」 ○演奏:ノヌラマクタラ室内楽団…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の演奏会(その2)終了

この秋2回目の演奏会を終えた(11/1)。今年第一の目標だったバッハのカンタータ第155番を含む教会での演奏会。好天にも恵まれ多くの方々においでいただいた。心から感謝の意を表したい。本当にありがとうございました。曲目は下記の通り。 ○カンタータ第179番「心せよ、汝の敬神の偽りならざるを」 "Seihe zu, dass deine…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:カンタータ/ソロ合わせ

演奏会まであと一週間となったが、初めて(で最後)のソロ合わせ練習があった。個人練習はもちろん、ソロなしの練習も何回かは行ったとはいえ、ソリストが入って初めて曲の全貌が明らかになったという感じではあった。 特に第155番第2曲のアリアは、アルト・ソロ、テノール・ソロ、ファゴット、通奏低音というひじょうに小規模な編成なため、ファゴットが前…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:カンタータ第12番のオーボエ

バッハのカンタータには、素晴らしいオーボエのオブリガートが付いているアリアが多くある。ちょっと思いつくだけでも、 ○カンタータ第56番/第3曲バス ○カンタータ第93番/第6曲ソプラノ ○カンタータ第140番/第6曲ソプラノ&バス などなど。茂木大輔氏もおっしゃっている通り、バッハのカンタータというのはオーボエ吹きにとって「宝の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

練習あと2回

バッハ:カンタータの演奏会まであと一ヶ月となった。カンタータ全曲演奏を目指しているこの団体、声楽ソリストとの合わせは直前までない上に、練習はあと2回しかない。 http://zauberfloete.at.webry.info/201504/article_26.html 普段の練習では編成の大きい曲しかやらないため、声楽ソリスト+…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハ:ロ短調ミサ/バッハ・コレギウム・ジャパン

クラシック音楽館(バッハ・コレギウム・ジャパンによるバッハ:ロ短調ミサ)を観た。ソリスト等は下記の通り。 ○ソプラノ:ハンナ・モリソン、レイチェル・ニコルズ ○カウンターテナー:ロビン・ブレイズ ○テノール:櫻田亮 ○バス:ドミニク・ヴェルナー ○合唱・管弦楽:バッハ・コレギウム・ジャパン ○指揮:鈴木雅明 ○収録:201…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の演奏会(その5)終了

連休最終日、バッハ:カンタータ演奏会を終えた。この団体は1992年以来、バッハのカンタータ全曲演奏を目指している(私は昨年入団させていただいたばかりの新入り)。曲目は下記の通り。なお、今回はトランペットとティンパニも加わり華やかな響きだった。 ○J.S.バッハ:カンタータ第43番「神は歓呼のなかで昇りたもう」"Gott faehret…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

練習あと一回

来月初旬の演奏会(バッハ:カンタータ)の最後から二回目の練習に参加した。前回の練習は、他のオケの本番と重なり休んでしまったため、今回は合唱に加え、ソリストの方々との初めての合わせとなった。 ということで、まず、今日初めて演奏する曲(BWV43第7番)、練習を重ねていったためまずまずの出来だった。 http://zauberfloet…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

バッハの誕生日/生誕330年

ずっと長い間、バッハの誕生日は1685年3月21日だと思っていた(現在でも3月21日生まれと書かれているサイトは少なくない)。今日初めて知ったのだが、3月21日はユリウス暦の日付とのことでグレゴリオ暦では3月31日に当たるらしい。バッハは典型的な牡羊座と思っていたのだが、10日ズレることで「典型的」ではなくなってしまったとはいえ、牡羊座…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more